Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業界の末世と来世というか。(大量に追記)

任天堂岩田社長、辞任に否定的考え示す
まー、ご本人がこういう事言い出すのは皆さんの予想通りではないでしょうか。
やっぱりしがみついたか、という複雑な思いを抱きつつも、「3DSの次」「WiiUの次」まではやってほしかったのも事実。取締役会も半数入れ替わったわけで、半分は責任取ったよね、という体裁も成り立った。全力で責任を回避してもオッケーという判断でしょうね。

つか結局、後任人事が一番の問題なんですよね。
後任がいないから、こうなる訳です。

とはいえ、本当に延命できるのかどうかは不明ですよね。天の声もあるだろうし。

そういえば、スクウェアエニックスでは和田元社長が会長に就任するようで(ホールディングスではありませんが)、なかなか……。こちらも色々な声があるでしょうけど、後任人事がねえ……。

末世というか、すでにあの世に入ってるんでしょうかね。


p.s.
こちらの意見を読んで、「ああ、確かにレームダック化回避という話はあるよね」と思ったので。

岩田氏: 「辞めると言った覚えはない」
みらい的コメント:
辞めたくないのか、辞められないのか、辞めさせてもらえないのか。
それとも辞める必要性がそもそもない、という意思表示なのか。

背景については何も分からないが、今期辞任という敗色が日に日に強まる中、レームダック化に歯止めをかけるためのギリギリのブラフ、というあたりが消去法で残る選択肢かと個人的には推定。


今回、取締役会のメンバーが約半分入れ替わって、外部大臣が交替して、総理大臣も変わっちゃう可能性が出てきちゃうと、恩義的な物も含めて、どこまでお付き合いしたらいいか、サードパーティもよくわかんないかもしれない。実際問題、業界のお付き合い感からすれば、WiiUのラインナップの少なさは異常でしょう。

無論SCEと任天堂の対サードの営業力の違いは大きいよね。お互いにリスクを取って広げていくという発想がないと、なかなか厳しいし、業界のお付き合い感だけで引っ張るのは閉鎖的な企業には難しい。PSVitaのミリオンアーサーとか、結構ネットにバナーも出てますけど、あれ全部スクエニさんじゃないですよね、多分。PS3のダウンロード専用ソフトの『ビビッドレッドオペレーション』も、おそらく支援してるよね。

モンハン大切にしてるけど、他のソフトはどうなの?ってのがみんなの疑問でしょ。いや、何もやってないわけではないし、頑張ってる部分もあると思うけど、やっぱりSCEには一歩も二歩も足りてない。特に中小対策はすごく差がありますよね。


ゲーム専用機でさえ、PSとXboxはもう中身はほとんど一緒になっちゃって、カメラコントローラを同梱するかどうかとか、タブレット方コントローラを専用で用意するか普及してる物を使うかどうかで本体価格が変わってくるだけ。そうやってプラットフォームが均質化しちゃった結果、どうなったのか?

中古をどうするかとかね、掲げたポリシーの違いばかりで大きく判断されてしまったわけでしょう。本当にね、差はそこにあるし、そこがすごく大きい。プラットフォームの差は政党みたいになってきてる。

例えば、国内のSNSでモバゲーとグリーがあって、パズドラの大ヒットでどちらも時代遅れ扱いされちゃってるけど、まー、グリーはかなり追い込まれてますが、モバゲーはなかなか頑張ってますよね。その差ってどこにあるかというと、2社の方針の違いだけなんですよ。

モバゲーは選別主義で、浮かび上がってきた会社だけを徹底的に優遇する。浮かび上がるまでは勝手にやれという放置プレイ。担当者が付く事自体が珍しい。そのかわり、支援するとなれば、きちんと提携もするし、小さな会社にリスクを負わせるのは避けて、セカンド案件で良い条件を提示したりもする。

グリーは逆で、後発という事もあって、参入すればほぼ全ての会社に担当がついて、コンサルティングを受けられたわけです。平等すぎるというのが逆に陣営の企業から不満があったほどで。コンサルティングは手厚かったから、グリーが一度はモバゲーを追い抜く原動力になったのは確かです。

その副作用でカードバトル一辺倒になりすぎたし、グリーショックが起きたわけですよ。それと、体質として、自社でリスクを負うのを極端に嫌がる傾向が強い。ガラケー版のみ作ればよくて、カードバトルをクローンしていればよかった時代には、開発費のリスクをSAPに負わせてもさほど問題なかったんですけど。

専用のハードウェアが不要で、プラットフォームの機能もほとんど同じ。でも差は拡大していく。プラットフォームって、運営でものすごい差が付くようになってきた。ただ、それって任天堂がすごく苦手なことだから、困っちゃってますよね。

市場やプラットフォームが少なかった時代には、ゲームで商売したいなら任天堂に行くしかない、という状態で、良くも悪くも「基本は待ち姿勢」の殿様商売もできたんだけど、できなくなっちゃった。自社のヒットで普及台数を伸ばして、後は「勝手についてこい。ショバ代払え」ってのはヤクザの手法であって、ファミコンのあの大成功でさえ、スーファミまでしか保たなかった。DSの大成功なんて、Wiiの中盤までしか保たなかった。

もう無理なんですよ。そういう方法論では。ハードを売る所まではできても、その後が続かない。持続的にプラットフォームを活性化し続けるには、プラットフォームの政策を継続的に運営する組織、チームが必要で、起きているのはそこのレイヤーの競争なんです。環境はすっかり変わってしまった。

民主党どうだったっけ、維新の会どうだったけ、というのを「他山の石」にしないと。岩田政党って何を掲げてましたっけ、という話ですよ。精神論は色々言ってるけど、結局内容が無かったよね、というのが中長期的な結論になりつつありますよね。

久多良木氏が末期に批判を浴びながらも、最近になって再評価されているのとは対照的。橋下さんと比較するのはどちらに失礼かよくわからないけど、似てますよね、場当たり的な発言が多くて、長期的には何がしたいかさっぱり響いてこない人という点で類似性が高い。

“黒川塾(十)”開催 テーマは”国産エンタテイメントの生きる道”――「PS4どうですか?」「親はなくても子は育ちますね」(久夛良木氏)

ニコ生で観ましたけど、素晴らしいですよね。
ブルーレイとかHDMIとか、くたたんがPS3に積まなかったら、どんだけ普及していたのか。そういう事を覚悟をもって切り拓いていった。

対照的にいわっちは一体何を残したの? 一過性のブームに乗って、さも利口そうな大義名分を掲げて、騒いだだけじゃないですか。結局、自社のゲーム専用機を売りたかっただけで、ゲーム体験を色々なデバイスに広げたのはアップルとグーグルの功績だったり、SNS各社の実績でしょ。無料ゲームなんて反対だ、汚らわしいって叫んだだけで、みっともないよね。

まー、比較するのが間違ってるんでしょうけどね。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2013-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。