Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1つの時代の終焉を告げる最初の号砲か。

スクウェア・エニックスの和田洋一氏が代表取締役社長を退任
スクウェアエニックスの和田社長が退任し、かわりに松田洋祐氏が社長に就任することが発表されました。6月の定例株主総会後の取締役会で正式に交替するそうです。

2001年、映画『ファイナルファンタジー』の失敗によって、前社長の鈴木尚氏が退任。かわって社長に就任して以来、12年にわたってスクウェアエニックスのトップを務めてきました。旧スクウェアがブランド力を徐々に喪失していった時代と被るため、常に批判に晒されてきた人物ではあります。

しかし和田社長だったからこうなったのか、和田社長だからここまで保ったのか、評価は難しい部分もありますね。少なくとも開発陣をぐいっと引っ張る腕力には欠けていたように思いますが、そんな腕力をもった人物もなかなか居ないのですよね、この業界。


直接的には、アミューズメント事業の不振に加えて、欧米でのコンシューマーゲームの売上低迷が挙げられます。つまり『ジャイロゼッター』がこけたのと、アイドスのタイトルの売上が芳しくなかったのが主因という事ですね。アミューズメント事業への本格進出(タイトー買収)とアイドス買収は共に、和田社長の判断が大きく働いたと言われていた案件ですから、さすがに責任回避は厳しかったのかもしれません。

また特別損失が100億円計上されており、コンテンツ廃棄損約40億円、コンテンツ評価損約40億円、その他約20億円となっています。巨額の「不良債権」が眠っているという話は、業界内ではまことしやかに言われていた話ですが、和田社長の退任に伴い、膿みを出したようです。

とはいえ、これで全部かどうかわからないのが万魔殿たるスクウェアエニックスの底知れぬ恐ろしさです。たった2期前の2011年3月期に125億の最終赤字を出してますからね……。

コンテンツ廃棄損の40億円は開発中止になった案件でしょうが、コンテンツ評価損の40億円は何をもって評価損としたか、普通に考えると、オンラインゲームなどの膨大な初期開発費がとても回収できないので、評価損になった、という解釈になります。金額の規模感からいって、おそらく『FF14』と『ドラクエ10』だと思いますが、まあ両タイトルとも青天井で課金が取れるモデルではなく、定額の月額会費制ですからね……。数年後の売上が予想できてしまう訳ですよね。


色々な感想はあるでしょうが、12年間お疲れ様でした。振り返ってみると、大変な長期政権でした。
2002年にとあるゲーム会社の社長に就任したとある人物も、タイミングとしてはそろそろ、かもしれません。
1つの時代の幕が下りようとしているのかもしれませんね。

いずれにせよ、潔い終劇を迎えていただきたいものです。
当然、社内組織を含めて、膿み出しも同時に行うべきでしょう。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2013-03

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。