Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DSは「傲慢」、WiiUは「怠慢」、さて次は……?

中立的ではありながらも、印象としては任天堂びいきの記事が多いような気がする田下広夢氏が、なかなか手厳しい記事を書いていますね。

Wiiの失敗をWii Uは繰り返すか?
コンシューマーゲームの歴史の中でこの現象は大変に珍しく、これまでは普及台数でトップを走るハードは最後まで市場を掌握してきました。それが、後半勢いが衰え、存在感を無くしてしまったのです。不思議ですね。

(略)

Wiiはというと、発売翌年の2007年が約100タイトル、翌2008年は約120タイトル、そこから、2009年はタイトル数が減ってしまって約100タイトル、2010年には約60タイトルにまで落ち込みます。Wii Uが発売された昨年はなんとたったの約10タイトル、Wii U発売直前の末期であるといっても、トップハードの終わり方ではありません。

(略)

しかし、どうも現状のWii Uからは、豊富なソフト群というのは見えてきません。2012年末の発売以降、2013年1月のタイトルはコーエーテクノゲームスの真・北斗無双、2月はバンダイナムコゲームスのTANK!TANK!TANK!の1本ずつ。3月の発売タイトルは3本、その後の2013年発売予定タイトルも数本という状況。

(略)

ニンテンドー3DS(以下3DS)をはじめとして、次々に次世代ハードが登場しています。どのハードも苦労しているのが、タイトル数を確保することです。プラットフォーム運営が最もうまくいっているのが3DSで、本体の普及速度はDSに近いレベルです。しかし、タイトル数の増え方でみると、DSの半分程度の勢いなんですね。PSVitaはさらに少ないという状況で、これが開発に期間がかかり、コストが高い据え置きハードとなると、大変な困難が予想されます。

(略)

PS4の決断と比べると、Wii UはWii U GamePadを軸にした独自路線を進むことになります。そんな中で、Wii Uならではのキラータイトルで盛り上がりを作るのはもちろんのこと、それを維持するためには多数のコンテンツ群を形成しなければいけません。最低でも、たくさんゲームがでるな、という期待感は必要です。

そのうち「少数精鋭」などと、N64の頃の言い訳を持ち出してこないか、本気で心配になってきますよね。当時、カプコンの開発トップだった岡本吉起氏が言った「少数精鋭ではなくて、ただの少数だ」という名言を思い出したいものです。

3DSというハードを一言で表すなら「傲慢」。あの2万5000円の価格設定、3D表示ごときでライトユーザーを驚かせられると考えた安易さは、DS&Wiiで一時代を築き上げた任天堂が陥った傲慢さを見事に代弁していました。

そしてWiiUを一言で表すなら「怠慢」。ハードを企画・設計した人間、ネットサービスと本体ソフトウェアを企画・設計した人間、専用ソフトを企画・開発した人間、三者がすべて怠慢です。

クリエイティビティーに欠けているし、品質の高い物を作る気概も無く、本気で売ろうとする気迫も感じません。ただ、ただ、ただひたすら「怠慢」のみが溢れている。サードパーティを誘致する努力も感じられず、怠慢。現状を改善する努力も感じられず、怠慢。

ここまで怠慢さに満ちたハードは、僕は初めて見ました。少なくとも任天堂の歴史上初めてではないでしょうか。

傲慢から怠慢へ。衰退期の企業において典型的なストーリーではありますが、あまりに陳腐な展開で興ざめです。次は……?


p.s.
WiiUの失敗が鮮明になるにつれて、岩田社長のコミットメント発言が再びクローズアップされつつありますね。経営陣の総退陣として解釈しているメディアもあるようですが、さすがにそれは過剰でしょう。トップの首を盆に載せて差し出せば十分ですし、そのための外様からの起用なわけで。そこは極めてクラシカルな日本企業の論理が働くのでは?
コミットメントとは、目標の達成を株主に約束するということだ。もし達成できなければ社長以下、経営陣は全員、退任するというのだ。コミットメントは経営トップの公約である。
浮き沈みが激しいのは、ゲーム会社の宿命みたいなものだ。娯楽というものは飽きられるものだからである。ここが生活必需品とは決定的に違うところだ。消費者に手に取ってもらう決め手は、新しい感性で、どこにもない魅力的な商品を生み出すことに尽きる。前回の成功体験に引っ張られて、二匹目のドジョウを狙ったことが失敗を招いた、との声が社内からも出ている。

Wiiが後半あんな状態だったにもかかわらず、二匹目のドジョウを狙うというのは、よくわからない発想ですよね。傲慢であり、怠慢の証拠。時の運で追い風が吹いて、脳トレクローンを自社開発し、数年で市場を枯らしてしまったし、Wiiもサードパーティ市場を築き上げられなかった。本来、多大な反省をすべきでしたが、逆に思い上がってしまったのでしょうか。

一時のソーシャルバブルで舞い上がったモバグリ辺りと大差ない。老舗企業と言っても、結局は人の集まりです。全世界から優秀な人間をかき集めたわけでもないし、まあ、こんなものなのでしょうね。神企業だの、神社長と呼ばれても、バブルで舞い上がる紙風船のような物でした。出井氏のような汚名を残すことなく、潔い去り際を見せていただきたいものです。

……非常に残念でなりません。この5年間、うちのブログの読者であった人達なら皆さん、同意されるでしょうが、容易に見えていた事ではあったのに。傲慢にして怠慢。末路は知れた物です。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2013-03

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。