Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアートオンライン、絶好調♪

「ソードアート・オンライン」13万8000本,「KINGDOM HEARTS HD 1.5」12万8000本,「スパロボUX」11万5000本の「週間販売ランキング+」
『ソードアートオンライン』が絶好調。
ライトノベル原作の版権ゲームとしても、『涼宮ハルヒの約束』の7万本(累計15万本)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の8万9000本(累計14万6000本)を上回るスタートを切りました。累計20万本には到達しそうですね。『SAO』の人気の高さ、勢いの強さをまざまざと感じます。

メディアクリエイトの分析コメントによれば
PSP『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』は13.8万本を販売。ライトノベル原作タイトルとしては、『涼宮ハルヒの約束』(2007年12月発売、累計本数13.1万本)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル』(2011年1月発売、累計本数12.5万本)の累計本数を初週で上回るほどの勢いをみせている。また、初週消化率は92.96%と高く、販売店の予想を上回る需要であったことがわかる。限定版については、発売数週間前からほぼ予約完売となっていたが、その後の予約の入りは通常版にシフトし、発売週には6割近くの予約率になったことからも、作品自体の注目度の高さがうかがえる。販売店からは、過去のライトノベル原作タイトルと比較して女性購入者が多いとの声がきかれ、作品の人気の高さに加え、原作・アニメファンである女性を多く取り込めたことが好調の要因の一つと考えられる。

近年のライトノベルにハーレム作品が増えすぎていた一方で、こうした女性ユーザーも取り込める作品がヒットを飛ばすという現象が面白いですね。バランスが取れています。

『スーパーロボット大戦UX』は同梱版を含んでも11万5384本で、まさか『SAO』に負けるとは……。昨年は3DS一強の様相を呈していましたが、今週はトップ20のうち12タイトルがPS系という状態で、最近はPS系が再び盛り返しつつありますね。PSVitaが復調しつつあることで、据置と携帯の両市場でタイトル数が増加しつつあります。

ハード売上は、PSVitaが3万6000台と、さすがに『カグラ』『サクリファイス』発売週ほどの数字には及びませんが、明らかに値下げ前とは水準の異なる数字ですね。『サクリファイス』辺りがどれぐらいジワ売れしていくかにも注目です。

WiiUは累計販売台数がいまだに80万台強で、ゲームキューブを下回る最低記録を打ち立てそうです。日欧米あらゆる地域で不調が続いており、地域ごとの時間差という言い訳もできません。性能ポテンシャルが非常に高ければ、PS3のようにジワジワ伸ばしていく可能性もありますが、WiiUは性能ポテンシャルが低く、サードパーティのやる気も一貫して低いため、復調する目処が立ちません。

据置機については、競合が自滅してPS系のみ生き残る結果になりかねません。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2013-03

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。