FC2ブログ

 

Latest Entries

今や国内は3DS+PS3だね。(+PSV?)(+PS4?)

「メタルギア ライジング リベンジェンス」で30万8000人の雷電が敵を自由切断した「ゲームソフト週間販売ランキング+」
『メタルギア ライジング』はなかなかの数字ですね。『MGS』本編ではないし、小島プロダクションではなくプラチナゲームズの制作という事もあって、読みにくい状況ではありましたが、さすがに『ベヨネッタ』あたりよりは全然売れますね。

3DSは堅調なペースで推移しており、リメイク版『ドラクエ7』と引き続き好調な『どうぶつの森』に支えられ、バンダイナムコのソフト群も増えてきています。

次週は、PSVitaが値下げと新作ラインナップでどこまで台数を伸ばせるかに注目が集まります。1年経って100万台ちょっとでは心許ない。200万、300万台まで伸びていくきっかけを掴んで欲しい所です。


その一方で据置ゲーム機はPS3がWii+WiiUの倍近い台数。やや堅めな売れ方をしています。国内は結局PS3安定一択ですね。逆にPS4が出ることでマーケットが崩れないかの方が心配なぐらい。

WiiUはゲームキューブより酷いことになりつつありますね。値下げするか見切るかどちらかになりそう。値下げすればコミットメントを達成するのはほぼ不可能ですし、見切ったところですぐに次世代機を出せるわけではありません。岩田政権の退陣もますます近づいてきました。経営陣の総退陣はさすがに考えにくく、外様出身の将軍が犠牲になるだけでしょうね。

それにしても、平井政権のソニーは粘り強いですね。あの業績にも関わらず、PSVitaを値下げし、それにPS4の発表も早かった。平井社長がゲーム事業出身という事もあり、在任中の撤退は無いという観測はありましたが、それでもなお可能性が頭をよぎるほどに、家電各社の業績は低迷しています。

この粘り強さは任天堂とマイクロソフトにとっても誤算だったかもしれません。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2013-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター