FC2ブログ

 

Latest Entries

任天堂自身もWiiU撤退開始かどうか、それが問題だよね。

欧米のゲーム企業が早くもWiiUを見切り始めているようですね。
親任天堂のゲーム大手であり、前世代で最も成功したパブリッシャーの1つでもあるUbisoftがWiiU独占だった『Rayman Legends』のマルチ化を発表し、大きな話題を呼んでいます。

マルチ展開の『アサシンクリード』に加え、独占の『ゾンビU』なども供給し、社長が訊くにもガッツリ取り上げられ、蜜月っぷりをアピールしていたにも関わらず、年末商戦の状況を経て、一転して他の大手と似たような、腰の引けた姿勢に転じてしまいました。

他機種版にあわせてWiiU版の発売も延期されてしまったのが大変衝撃的です。特にマイクロソフトはマルチ展開の場合、同時発売を強く求める傾向にありますが、逆にいえば、任天堂の相対的な影響力が低下し、UbisoftとしてもマイクロソフトとSCEへの配慮を意識せざるを得なくなったようです。


今回、話題性が大きかったのは、直前にIGNの記者がtwitterで「面白いニュースがある」と呟いていた事です。
Wii U独占『レイマン』がマルチに! IGN「これが現実、悪いのは任天堂」…金の切れ目が縁の切れ目なのか。
そうです、これが「ニュース」です。色々と憶測はあったでしょうが、これが現実なのです。
批判されるのはUBIではなく任天堂だと思う。サードパーティのためのビジネスシナリオを提供していないからです。
IGNはどちらかと言えば、親任天堂な媒体で、その記者がこういった皮肉に満ちた(そして任天堂への批判精神と悪意に満ちた)ツイートをする、という事態は、なかなか、なかなか、ショッキングです。このままではサードパーティ各社はみんな逃げ出していってしまうぞ!!という強い懸念がなせる言動なのかもしれません。

はたしてご本尊にその叫びが届いたのかどうかは知りませんが、Wiiの問題点と3DSの問題点をあわせもった完璧な問題機として、WiiUがますます鈍く輝きますね。ま、まぶしい……?


レイマンショックの衝撃は、国内よりも海外で大きく、海外ではWiiUの開発案件が続々中止になっているようです。
タイトルのキャンセル相次ぐ。海外デベロッパのWii U離れが深刻な状況に
Mario Wynands氏(共同創業者, Sidhe)は、デベロッパやパブリッシャは、「彼らがスタートさせた新しいWii Uのプロジェクト」ではなくむしろ「彼らがキャンセルしたWiiのUプロジェクト」について議論していた、と書いている。

DICEでは、スタートさせた新しいWii Uのプロジェクトについて語っていた所は一つもなく、逆にキャンセルされたのWii Uのプロジェクトについてしか話されていなかった。

Wii Uは深刻なトラブルに陥っている。

欧米のゲーム業界では、WiiUはゲームキューブ並みの扱いになりそうですね。PS3、Xbox360とのマルチ展開を前提にすれば、WiiUへのソフト供給は検討する余地はまだ残されているでしょう。

しかし今や、PS4、Xbox次世代機が立ち上がりつつあり、WiiUのマルチ展開は(Wii世代と同様に)コストが掛かりますし、コアゲーマーへの訴求力が低下します。このプラットフォームに投資してもしょうがない、と考えるのは当然でしょう。


また、一番深刻なのは、任天堂自身がWiiUをどうするつもりなのか、不透明なことです。
先日の決算発表の席上での岩田社長の発言をまとめると、1)来期は1000億円の営業利益をコミットメントする、2)3DS向けの有力タイトルの投入などで実現してみせる、3)WiiUの早期普及は考えを改めて立て直しを図る、という3点です。

上っ面だけ捉えれば、来期は辛抱で、再来期から本格的に攻勢します、という事かな、と好意的に解釈できますが、本当でしょうか? SCEとマイクロソフトは従来、かなり粘り強くハードを売ってきた実績があり、PSPもPS3も国内で盛り返し、Xboxもワールドワイドで普及台数を積み上げて見せました。

しかし任天堂は、山内氏の時代から、良くも悪くも見切りが早い会社として知られており、バーチャルコンソールのような特殊なゲーム機はあっさり見捨てましたし、ゲームキューブとWiiは晩年のラインナップの寂しさは……ファンはみんな知っています。N64は比較的充実していましたが、北米で結構売れていた、という背景があるのは忘れてはいけませんよね。

任天堂がWiiUに対してどこまで本気なのか? サードパーティ各社はかなり懐疑的になってきてるのではないでしょうか。そもそも発表当初から、売れると思ってた人間は皆無ですから。まして任天堂自身のやる気が疑われる状況では推して知るべし。


おそらく2015年年末あたりに次世代3DSあるいは、据置機と携帯機の統合機を出す、という想定では? ただ、企業の老化が進んで保守的になってる最近の傾向を考えると、まず2015年に次世代携帯機を出し、2017年あたりに携帯と据置のコンパチブルな機械を出す、というのが限界かもしれませんね。その場合15年の機械がiPhoneやiPod touchだとすると、17年の機械がiPad(+AirPlay?+AppleTV)というイメージでしょうか。

そこら辺までは見えちゃうわけです。プロセッサの進化はアイデア1つで魔法のように進んだりしませんから。UIはぽんと進むことがありますが。UIとUX、ネット&リアルサービスでどういう展開をしてくるかが鍵でしょう。UIではなく、「UIとUX」、ネットサービスではなく、「ネット&サービス」という書き方をしているのは意図的なものです。ま、見えてますよね、普通は?


スポンサーサイト



ソーシャルゲーム界隈の定点観察的なメモ

ソーシャルゲーム関連での再編がさらに進んでいます。
Mobage陣営でDeNAの資本も入っていたバタフライがサミーネットワークスの子会社になり、連結対象になりました。ポケラボがグリーに130億円で買収された事もあり、DeNAの資本が入っているSAPも、オチが付き始めました。またオルトプラスの上場も発表され、これでGREEの資本が入っている未上場SAPはgumiぐらいですね。

再編の動きとしては、スパイシーソフトがフィールズにソーシャルゲーム事業の譲渡をおこなっています。今後、撤退にともなう事業売却の動きが加速するものと思われます。歴史が浅い分、業界の再編速度もかなり急ピッチに進みそうです。

新鋭という点では、GREEにてgloopsのスピンアウト組が立ち上げたグラニが『神獄のヴァルハラゲート』がヒットしており、ひさしぶりにGREEで新作の活躍がまぶしい感じですね。ポケラボの買収などにも見られますが、グリーは従来の「カードバトル」から「リアルタイムギルドバトル」への転換を進めており、Mobageに1年遅れてキャッチアップしつつあります。

リアルタイムギルドバトルは、もともとアソビズムがGREEでリリースした『ドラゴンリーグ』が生み出したジャンルで、GREE内では追随がさほど増えず、gloopsを中心にMobageで急激にフォロワーが増えていき、現在の活況を生んでいます。ドラコレ型を優先しすぎて、せっかく芽が出たリアルタイムギルドバトル型を競合陣営で花開かせてしまうあたり、GREEのプラットフォーム施策の拙さ(売れてるジャンルだけに一極集中させすぎる)が如実にあらわれました。

今後GREEがMobageをぶち抜くには、主要ジャンルを「カードバトル」型から「リアルタイムギルドバトル」型に切り替えるだけでなく、Mobageより先に新しいゲームモデルを育てる必要があるでしょうね。結局ファミコンの昔から、プラットフォーム戦争はそのプラットフォームで新しいゲームモデルが大ヒットしたかどうかが大きく影響しています。

潮流を変えた主要タイトルを挙げるなら、

GREE: 釣りスタ、クリノッペ
Mobage: 怪盗ロワイアル
GREE: ドラコレ、ドラコレ
Mobage: 神撃のバハムート、(ドラゴンリーグのフォロワーの)オーディンバトルなど

この辺りでしょうか。
SNSゲームの戦争を振り返ると、mixiの牧場系、街づくり系はfacebookで流行ったZynga系のゲームに近いモデルで、売上という点では、大きな成功には達していません。(怪盗ロワイアルはMafia Warsクローンですが、携帯電話で遊ぶテンポ感に合致した事もあり、売上という点で大きく成功しました)


«  | HOME |  »

2013-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター