FC2ブログ

 

Latest Entries

強奪の黄昏というか。なぜ強奪と言われるか?

任天堂の時限独占関係のニュースまとめ:みらい的コメント
まー、ただの強奪では、未来の繁栄は得られない、というのが真理だとは思いますが、繰り返される強奪により、コンシューマー市場が先細っていけば、体力のある京都企業が唯我独尊的に生き残るのかもしれませんねえ。各社が逃げ出した後の荒野において。

『FF7』だって強奪だったじゃないか、という意見の人もいるかもしれませんが、N64(つか当時のROMカートリッジの容量)では到底実現できない事をやってのけたわけだし、FFシリーズの最高売上はPS1時代に築き上げられています。クラシックFFの雰囲気が好きな人にとっては好ましい選択ではなかったにせよ、客観的に見て、FFの移籍はより多数のユーザーの支持を勝ち得たんですよね。

『ドラクエ』は内容の評価としてはまあ微妙な見解もあるかもしれませんが、『7』は大容量を活かした詰め込みまくりの内容になったし、売上も非常に大きかった。移籍タイトルがハッピーになっているのは否定できません。

一方で『バイオ4』がどうなったか、とか、『モンハン』がどうなったかといえば……。『モンハン』はピーク時と比べてユーザーが3分の1になってしまいました。『4』でどこまで回復できるか、それ次第ではゲーム史に残るミステイクとして記録されるでしょうね。

結局、強奪かどうかなんて、結果が全てなんですよ。
移籍したソフト(の会社とユーザー)がハッピーになるかどうか。

今夏の3DS市場において、移籍タイトルがハッピーになるという実例を示していただきたいものです。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2013-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター