FC2ブログ

 

Latest Entries

短命機WiiUの果てにあるものは?

うーむ……。
「WiiUはやっぱり駄目だったね」という認識が日本、そして何よりも北米で広がりつつあります。類型普及台数が半減するどころか、ゲームキューブの2200万台に近い台数まで落ち込むのではという悲観論も。

実際、この年末商戦の敗戦っぷりはなかなか酷いですね。年末商戦で台数を稼げないなら、そもそも春まで延期しても構わなかったのでは、というのが正直な感想です。ローンチタイトルの力不足がはっきり現れており、なぜこのラインナップでいけると思ったのか、判断能力の低さに驚きます。「3DSの教訓を活かす」という岩田社長の言葉とはまったく逆になっているような……。

そもそもなぜ同じ年の夏と冬に2Dマリオを出すのか疑問ですよね。タブコンを活かした遊びの魅力がパッとわかりやすくないものなら、『ニンテンドーランド』を本体同梱ソフトにしておき、マリオやサードパーティタイトルの購入を促す作戦でもよかった気がします。

ラインナップが弱い現状、E3でゼルダ新作を発表するのは最低限必要な事で、それでも現状は厳しい。ゼルダの人気が衰えてきているという懸念があるためです。

Wiiローンチの『トワイライトプリンセス』が全世界で670万本程度売れており、そのうち北米で350万本ぐらい。Wiiが普及しきった後に発売された『スカイウォードソード』が全世界で380万本程度、北米で180万本ぐらい。ざっくり半減しています。Wiiにより特化した『スカイウォーソード』が不調だったこともあり、WiiUゼルダは大きな路線転換が求められるはずです。

もしXbox次世代機が順当に製造が立ち上がり、年内に発売される事態になれば、任天堂が北米で大きくシェアを失うのは避けがたいでしょう。製造に関しては、まだ不透明部分もあるように思いますから、発表までの間にはせめぎ合いがあるのでしょうね。


ネット上の様々な意見を読んでいると、気の早いもので、一部の熱狂的なファンの中には、次世代機の予想をしている方もいらっしゃって、例えば、携帯機と据置機の統合された機械(タブコンがそのまま携帯機として使えるようなもの)を想像していたり。事実上の据置機の消滅、据置機からの撤退という事態ですね。

技術競争に付いていけなくなっているのは、本体ソフトの動作の遅さやネットワークサービスの未整備さから明らかです。独自路線、ユニークな戦略という表現で、ゆるやかに退場していくのも、また美しい姿なのかもしれませんね。

DSとWiiが成功した後の、この数年の投資不足が本当に祟ってますね。ソーシャルゲーム市場の急速な台頭は仕方ないにしても、HDゲーム機やネットワークサービスは他社がやっていたわけで、経営層の認識不足というか……先行きを見通せないにも程があります。お金も時間もあったはずですが……。IT企業などのようにCTO職などを置いて、きちんと技術をキャッチアップしていく必要があるのではないでしょうか。あまりにも酷すぎます。

数年前はグーグルやアップルに比肩するかと評され、神々しい黄金の輝きを放っていましたが、今やすっかりメッキが剥がれてしまいましたね。普通に考えてメッキなのは明らかだったんですが、勝っている間に中身を黄金に変える努力を続けていれば、こうはならなかったものを……。技術を娯楽に利用する企業では、ちょっとした怠惰が恐ろしい落差を生む。教訓ですね。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2013-01

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター