FC2ブログ

 

Latest Entries

年始早々。

うーん?
ま、WiiUがあの内容で伸び悩むのは仕方ない気がしますが。
年明け以降の情報露出で判断ってところですかねー。

円安傾向なため、決算的には一息つけるかもしれませんね。
東洋経済の記事ほど楽観的な状況かというと、3DSとWiiUの海外の状況が不透明なんで、微妙。まー、円安効果で海外の退潮傾向が誤魔化せるとハッピーですね。来期、来々期の政権維持はできそうな気配もしてきましたが、WiiUがどれぐらいすっ転ぶか次第かなあ……。がんば!


3DSとWiiUは、天狗の鼻が伸び切って、アップル君もうちのタッチパネルやサイズバリエーションを参考にしちゃったのかなwwwとか、調子こいてた時期に計画してたもんでしょうから、こんな結果になっちゃうのは仕方ないかな~と思うんですよね。ゲーム機ハードって3年ぐらい掛かって立ち上げるもんですから。

そういう意味では、3DS次世代機、WiiU次世代機でどういう手を打ってくるかで、真価が問われますよね。この4年ほどの間に、ソーシャルゲームの台頭、F2Pモデルへの移行の速さ、スマフォとタブレットの台頭など、さまざまな変化があり、劇的な環境変化があって、先読みができなかったというエクスキューズは可能です。傲岸不遜に世間を見下さず、好奇心旺盛に世間を観察していれば、おのずと予見できた部分もありますが、それは不可能だったと仮定する優しさをもてば、3DSとWiiUの失敗は不可避であったのでしょう(棒

しかしすでに変化は起きました。環境変化が予想できなかったというつまらない言い訳で逃げる事は不可能で、すでに変化した世界で、その世界で価値ある物を生み出していかなければならない。次のラウンドが楽しみです。


SCEに関しては、何事も半端すぎるのがいけないですね。
PSVitaは海外が駄目すぎます。国内だけなのはPSPと同じという意見もあるでしょう。が、PSPは初期に台数だけはある程度出ましたからね。PSVitaはそれも無い。量産効果で価格を下げるペースが遅いとなると、国内での普及も一段と鈍くなる。なかなかシンドい話です。

PS4に関しては、国内限定でいえば、出す意味がほとんど無いんですよね。マイクロソフトは(日本市場攻略を)もうやる気がほぼ無いし、WiiUはPS3と大差ない性能。すでに普及している強みを生かして、PS3で長く収穫し続けた方がリスク無くビジネスできます。

ただ、海外を捨てるわけにもいかないんでしょうが。しかしXbox次世代機とガチでぶつかっても、良くてPS3と同程度の普及台数でしょ? リスクばっかり膨らむよなあ、と。

クラウドゲーミングと言っても、それ以前に「まだテレビやるの?」という突っ込みが飛んできそうですから、自社のテレビと連携というだけでは不十分極まりない。テレビ中心なら、従来のゲーム専用機で十分です。タブレットやスマフォと絡めていかないと、全体でのうま味が出てきません。そこも含めて戦略を見直し、再構築する必要があります。パートナーはどこか?


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2013-01

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター