Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂、2期連続赤字へ。国内の据置ゲーム機市場は将来的に実質消滅か?

WiiUの急失速にともない、任天堂が業績を下方修正しました。
200億円の営業黒字から200億円の営業赤字へ転落。2期連続の赤字決算となりました。

救いは為替差益により、経常利益、純利益が上昇したことでしょう。アベノミクス万歳! 岩田社長と熱狂的なファン達は安倍首相には足を向けて寝られませんね!

「天、我を見放さず……」といった心境でしょうか?

とはいえ、本業のもうけを示す営業利益が赤字という事で、岩田政権の進退もレッドアラートという所でしょう。さすがに万が一の3期連続赤字だけは避けたいところです。『ポケモン』新作の投入や、サードパーティタイトルの増加にともなって、3DSの国内ソフト市場がある程度盛り上がるはずですから、決算は多少の回復は見込めるはず。

WiiUの普及には課題が多いものの、3期連続の赤字はさすがに、ね。
いくら何でも、さすがに無いだろう、と思われます。もしそんな事になれば、辞任すべき事態です。ソニーの出井氏の晩節の汚れを笑えません。

無論、来期の赤字は回避したとしても、WiiUの普及に失敗すれば、経営責任は遠からず伸し掛かってきますから、ポスト岩田政権に向けた動きも少しずつ出てくるかもしれません。次世代3DS、次世代WiiUまで踏ん張ってほしい気持ちもありますが、それが許されない事態になる可能性も……。


任天堂IR: 2012年度Q3。メディア報道
任天堂:2期連続の営業赤字へ、「U」が年明けから失速
来期営業益1000億円目指す
大証で会見した岩田聡社長はUの販売動向について「年始以降は予想した勢いを保てていない」と発言。3DSが年末にソフトのヒットに恵まれなかったことも響いた、と語った。
岩田社長はその上で、円安傾向にある現在の為替水準を前提に、来期は1000億円以上の営業利益を目指す意向を表明。3DS向けに、けん引役となる自社ソフトを積極展開し、人気作「どうぶつの森」も今年の半ばまでに海外市場に投入すると語った。


WiiUという絶望とどう戦っていくか。
頑張ってほしいものです。

さて、しかしWiiUだけが問題ではありません。
新清士氏がソニーのPS戦略の課題点をいくつか指摘しています。
プレステは復活できるか ソニー、試される撤退戦

PS4に関する最大の懸念点は、PS4が本当に発売されるのかどうか、でしょう。もちろん出る想定でソフトメーカーを巻き込んで準備が進んでいますが、現在のソニーの経営状態で、しかもPSVitaが海外で普及の見込みが立ってない現状で、本当に出すんですか、というのは客観的には誰もが不思議に感じるところです。疑問に思わないのは、ゲーム機のことしか考えてないゲーム業界人と、一部のゲームマニアだけでしょう。

汎用品を中心に作っていることもあり、大胆な戦略転換を含めて、正式発表まで楽観視はできないな、と思います。それぐらい今のソニーの経営状態は悪い。アクセルを踏める体力は無いでしょう。ゲーム専用機よりもクラウド戦略を優先する決断もあり得るのでは、と思います。

Xboxについては日本が実質ハブられるというか、Xbox360発売当時ほどの気合はありません。国内市場ではPSとXboxが実質不参戦で、WiiUとPS3だけが残り、狂信的な人達が「競合がすべて逃げ出した。WiiU大勝利ィィィィィ!」と、オアシスの枯れ果てた砂漠で叫んで終わる・・・・という事態もあるいは?


そして大きなニュースもありました。
グラスホッパー・マニファクチュアがガンホーグループに加わることが発表
独立系のディベロッパーとしては国内有数のグラスホッパー・マニファクチュアがガンホーの傘下に入るようです。現在のガンホーの勢いと、その一方でコンシューマーゲーム市場の衰退を考えれば、理解のできる決断です。

2、3年前にはDeNAとGREEを中心に買収が繰り広げられましたが、今後はスマフォのネイティブアプリに舞台が移り、LINEを擁するNHN Japan(ハンゲーム)や『パズル&ドラゴンズ』を擁するガンホーのようなネイティブアプリ成功企業を中心に、業界再編が進んでいくのでしょうね。

任天堂やSCE、マイクロソフトといった古い勢力は、再編の流れからも置いてけぼりになり、次世代機を出しても、その頃にはサードパーティ各社があまりゲームを作ってくれない、という事態になりつつあります。無論、古い企業がそのまま滅びていくというつもりはありません。ガンホーもNHN Japanも、PCから携帯にシフトしていく中で、一時期は駄目扱いされてましたし、スマフォの台頭の時期にチャレンジができたのが大きい。

要はチャレンジができるかどうか。
例えば、ソニーは平井体制のもと、大胆な改革ができるかどうか。

任天堂は3DSとWiiUという過去のアイデアの使い回しに走ったのが失敗の原因です。まったく新しい製品を生み出せるかどうか。そして現政権でそれが可能かどうか、でしょう。DS&Wiiの成功も、山内政権から岩田政権へ交代した後の出来事ですからね。ポスト岩田政権への交代が必要かどうか。とはいえ、後継者もいるように見えませんし、さて?

まー、ぶっちゃけ、僕がこのブログで「ポスト岩田政権」云々と書いた時、少なからぬ読者が「こいつ、どんだけ任天堂が嫌いなんだ」とか「ついに狂ったかwwww」という感想を抱いたのではないでしょうか?

しかし今この時、改めて読んでみてどう感じられるでしょうか?
ご覧の有り様ですよね。

客観的な意見というものは、時として残酷極まりない。そういうものです。
唯一の救いは、国内の3DSがだいぶ復調してきた事でしょう。それが政権を首の皮1枚で支えたともいえます。これで3DSが全然立て直せていなければ、奈落の奈落の奈落に落ちてました。

次世代3DS、次世代WiiUまでは延命していただきたいものですし、その頃までコンシューマーゲームを作る会社が一定残っているといいんですが。


スポンサーサイト

3DSの反省を活かすとは、3DSの方がはるかにマシだったという事をファンに認識させ、3DSの満足度を上げる高度な心理作戦だったんだよ!

またPS3に負けた……。
「DmC Devil May Cry」が11万本,「デジモンアドベンチャー」が4万7000本でランクインの「ゲームソフト週間販売ランキング+」
3DSLLが5万台、3DSが3万台売れており、こんな感じで推移してきたこれまでを振り返ると、今さらながら大画面のニーズが強いことを感じますね。それはさておき、PS3、WiiU、PSPのどんぐりの背比べ感が凄すぎるんですが。WiiUはこのままずり下がって、そのうちPSVitaと「どちらがより地獄か」を競り合うんでしょうか……。

年明け以降、売上が急失速していますが、その状況を放置できないと考えたのか、年明け初めてのニンテンドーダイレクトが配信されました。配信されたのはいいんですが、PSVita「ゲーム天国」みたいにお寒いのは何とかならなかったんでしょうか。
WiiUダイレクト ニンテンドーゲームズ開催~今後のタイトルの予告も、開発遅れが露呈

まずショックなのは、本体ソフトウェアの更新が春まで行われない事です。1月、2月にはメニューの表示の遅さなどは解消されるかと思ってましたが、そんな事はなく……。

またラインナップも、続編タイトルの名前を挙げて「作ってます」と言っただけだったり、クリエイターに「作ってます」と言わせるだけだったり、完成度の低いゲーム画面を見せたり、と「いつかは出るが、いつとは言ってない」状態。モノリスソフトの新作はちょっと楽しみな要素も見え隠れしましたが、いつ出るのかわからないし、『ゼノブレイド』もネットでの評判の割にそこまで売れた訳でもなく。キラーとは言い難い。

ゼルダは繋ぎで何か出してくるとは思ってましたが、『スカイウォードソード』のHD版ではなく、ゲームの完成度に関して評判の悪かった『風のタクト』をリメイクするようです。ゲームキューブ感を強くアピールしたいんでしょうか……。

真・女神転生とファイアーエムブレムのコラボタイトルは、意外な組合せではありましたが、タイトルを引っ張ってくるのにこの手のコラボをしないといけないのが現状なんでしょうか。なかなか先が思いやられますし、仮にジャンルが3DダンジョンRPGやSRPGなら、携帯ゲーム機で遊びたいですよね、WiiUではなく。

バーチャルコンソールに関しては、プラットフォームが変わるたびにいちいち細かく課金されるんでしょうか。クラウドという概念の通用しない石器時代っぷりに目眩がしますね。殿様商売という他ありません。

WiiUについては「年末商戦に間に合わせただけ」という印象が拭えません。累計は伸ばせたとは思いますが、その分週販での失速状況も露骨になって来ています。今回の発表を見る限り、今年度一杯は低迷するでしょうね、WiiUの販売は。

上記のブログ記事でも厳しい感想が述べられていますが、本体発売を年末に合わせるため、その他のすべてを犠牲にしてしまった印象です。本体ソフトはボロボロ、ネットサービスは未整備、ラインナップもガタガタ。まー、年末に発売できなければ、経営陣の責任が問われかねない状況だったのかもしれませんが、トップ自らが「3DSの反省を活かす」と言っておきながら、3DSよりも準備不足の酷いローンチになっており、もはや何を言っても信用できないですね。

ニンテンドーダイレクトでWii Uの新情報が公開! 『ゲーム&ワリオ』『ベヨネッタ2』『モンハン3(トライ)G HD Ver.』などが発表
たった4か月前のニンテンドーダイレクトで、 『ゲーム&ワリオ』が2013年初頭発売、『Wii Fit U』と『ピクミン3』が2013年春発売と発表していたにもかかわらず、1月、2月には任天堂タイトルが無く、具体的な発売時期も明言できなかった……。クオリティアップのために延期するのはよくある話ですが、現状だと、ラインナップ詐欺っぽく見えてしまいますよね。本格的にゲームキューブやN64のような暗黒時代の再来を思わせます。

3DSは当初すべったという感じでしたが、WiiUは最初からハマったという感じで、立て直しは結構時間が掛かりそうですね。タブコンのアイデアは以前から考えていたとかドヤ顔で言う割に、ハードがここまで準備不足なのが何とも香ばしい……。正直、予想をかなり下回る展開になっており、本気で「どうしちゃったの?」と心配になります。

また開発現場が続編を携帯機と据置機で交互に出していく事に追われており、新規タイトルの仕込みが十分できていない様子も感じ取れます。HD機になれば、開発負荷が上がるのは当然ですし、そんなの、3DSを出す前から見えていた事だと思うんですが。勝ってる時に将来への投資を怠ると、こうなってしまうんだな……と悲しくなりますね。

合掌しつつ、心より応援しております。


キマシタワー!!!!!!!!!!!!!!



魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's【超特装版】 [Blu-ray]
12600円→9324円
【超特装版収録内容】
●本編
●映像特典
・リリカル☆パーティIV映像(※初映像化)
・トレーラー集
(コミケ81プロモーションムービー/劇場特報/ACEプロモーションムービー/
劇場予告/MOVIE 1stリバイバル上映用劇場予告/コミケ83プロモーションムービー)
・TVSPOT集
・アニメコンテンツエキスポ2012
・初日舞台挨拶
・大ヒット御礼舞台挨拶
・NANOHA The MOVIE 2nd A's PROJECTpresents『美佳子のお部屋』
(田村ゆかり/水樹奈々/植田佳奈/清水香里/真田アサミ/柚木涼香/一条和矢/小林沙苗/久川綾/高橋美佳子)
・ミニピクチャードラマ 予定
●封入特典
豪華BOX・スペシャルパッケージ仕様・ブックレット・リリカル☆パーティIVブックレット(超特装版特別編集)
●音声特典:キャラクターコメンタリー


魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's【特装版】 [Blu-ray]
8800円→ 6512円
【特装版収録内容】
●本編
●映像特典
・トレーラー集
(コミケ81プロモーションムービー/劇場特報/ACEプロモーションムービー/
劇場予告/MOVIE 1stリバイバル上映用劇場予告/コミケ83プロモーションムービー)
・TVSPOT集
・アニメコンテンツエキスポ2012
・初日舞台挨拶
・大ヒット御礼舞台挨拶
・NANOHA The MOVIE 2nd A's PROJECTpresents『美佳子のお部屋』
(田村ゆかり/水樹奈々/植田佳奈/清水香里/真田アサミ/柚木涼香/一条和矢/小林沙苗/久川綾/高橋美佳子)
・ミニピクチャードラマ 予定
●封入特典
豪華BOX・スペシャルパッケージ仕様
●音声特典:キャラクターコメンタリー


魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's【通常版】 [Blu-ray]
6800円→5032円
●音声特典:キャラクターコメンタリー



10年近く戦い続けているなのはさんに敬礼しつつ、超特装版のお買い得感に感謝。

短命機WiiUの果てにあるものは?

うーむ……。
「WiiUはやっぱり駄目だったね」という認識が日本、そして何よりも北米で広がりつつあります。類型普及台数が半減するどころか、ゲームキューブの2200万台に近い台数まで落ち込むのではという悲観論も。

実際、この年末商戦の敗戦っぷりはなかなか酷いですね。年末商戦で台数を稼げないなら、そもそも春まで延期しても構わなかったのでは、というのが正直な感想です。ローンチタイトルの力不足がはっきり現れており、なぜこのラインナップでいけると思ったのか、判断能力の低さに驚きます。「3DSの教訓を活かす」という岩田社長の言葉とはまったく逆になっているような……。

そもそもなぜ同じ年の夏と冬に2Dマリオを出すのか疑問ですよね。タブコンを活かした遊びの魅力がパッとわかりやすくないものなら、『ニンテンドーランド』を本体同梱ソフトにしておき、マリオやサードパーティタイトルの購入を促す作戦でもよかった気がします。

ラインナップが弱い現状、E3でゼルダ新作を発表するのは最低限必要な事で、それでも現状は厳しい。ゼルダの人気が衰えてきているという懸念があるためです。

Wiiローンチの『トワイライトプリンセス』が全世界で670万本程度売れており、そのうち北米で350万本ぐらい。Wiiが普及しきった後に発売された『スカイウォードソード』が全世界で380万本程度、北米で180万本ぐらい。ざっくり半減しています。Wiiにより特化した『スカイウォーソード』が不調だったこともあり、WiiUゼルダは大きな路線転換が求められるはずです。

もしXbox次世代機が順当に製造が立ち上がり、年内に発売される事態になれば、任天堂が北米で大きくシェアを失うのは避けがたいでしょう。製造に関しては、まだ不透明部分もあるように思いますから、発表までの間にはせめぎ合いがあるのでしょうね。


ネット上の様々な意見を読んでいると、気の早いもので、一部の熱狂的なファンの中には、次世代機の予想をしている方もいらっしゃって、例えば、携帯機と据置機の統合された機械(タブコンがそのまま携帯機として使えるようなもの)を想像していたり。事実上の据置機の消滅、据置機からの撤退という事態ですね。

技術競争に付いていけなくなっているのは、本体ソフトの動作の遅さやネットワークサービスの未整備さから明らかです。独自路線、ユニークな戦略という表現で、ゆるやかに退場していくのも、また美しい姿なのかもしれませんね。

DSとWiiが成功した後の、この数年の投資不足が本当に祟ってますね。ソーシャルゲーム市場の急速な台頭は仕方ないにしても、HDゲーム機やネットワークサービスは他社がやっていたわけで、経営層の認識不足というか……先行きを見通せないにも程があります。お金も時間もあったはずですが……。IT企業などのようにCTO職などを置いて、きちんと技術をキャッチアップしていく必要があるのではないでしょうか。あまりにも酷すぎます。

数年前はグーグルやアップルに比肩するかと評され、神々しい黄金の輝きを放っていましたが、今やすっかりメッキが剥がれてしまいましたね。普通に考えてメッキなのは明らかだったんですが、勝っている間に中身を黄金に変える努力を続けていれば、こうはならなかったものを……。技術を娯楽に利用する企業では、ちょっとした怠惰が恐ろしい落差を生む。教訓ですね。


早くも敗戦処理になりつつあるWiiUと、「次」に期待するもの。

「どうぶつの森」「マリオ」「モンハン」と,人気タイトルが上位を占める「ゲームソフト週間販売ランキング+」
3DSの好調さが伺えるランキングになってますね。
子ども向け、ライト層向けのタイトルであれば、数が出てきてますし、DS比何割という勘所で数字が読めるマーケットが構築できてきたのは良い兆候です。

一方で『モンハンtriG』が通常版と廉価版を合わせてもいまだに180万本前後という状態で、なかなかシンドイ。ゲーマー向けのタイトルに関してはもう一段、力強さが欲しい所ですが、スマフォやPSP、PSV、3DSに分散している印象で、再集約されるまでには今しばらくの時間が必要でしょうか?

据置機はPS3が堅調な一方で、WiiUが極めて低調。発売から約1ヶ月で完全に失速しており、現在の弾幕の薄いPS3の週間販売台数を下回るほどです。前世代機のWiiと比較してみると、Wiiは発売から9ヶ月後の翌年8月まで、週販で4万台を下回る週は1回も無かったのですが、WiiUはなんと発売から6週間で早くも2万台前後まで販売数が低下しています。

これは季節性の要因でしょうか? 年末年始の反動? 1月1週目から2週目の販売傾向を見てみると、Wiiの場合は14万6553→9万6975台、WiiUは7万662台→2万1489台と推移しており、季節性の要因を加味しても、明らかにWiiUは壮絶に大失速しています。その割りに失速、失速と騒がれないのは、そもそも最初から盛り上がっておらず、強固な任天堂ファンが初期に買っただけ、という共通認識ができているのでしょう。

そういう特殊限定的な客層は任天堂タイトル以外は目もくれないような人達ですから、サードパーティタイトルは全然売れず、『モンハン』でさえ早くも圏外です。PSVitaを上回るサードパーティ地獄を現出せしめました。さまざまな要素がいわゆるゲームキューブ感を醸し出しており、『スマブラ』と『マリオカート』の早期投入が求められますが、それだけで牽引しきれるかというと、やっぱりゲームキューブのような状況になるのでは、という懸念は強いですね。

今後のラインナップが、任天堂タイトル、サードパーティタイトル共に非常に不鮮明で、かなり深刻な状態に落ち込んでいく懸念が強まっています。ソフトの発売スケジュールひとつ取っても、もうちょっと力強く打ち出してもらえないと、3DSの反省を活かすという言葉の真逆すぎて、いったい内部で何が起きているんだろう、と不思議な気持ちになります。

唯一の朗報は、9年ぶりの組織改変をおこない、携帯機と据置機の部署を1つに統合し、相互の連携を強化すると共に、それぞれのカテゴリーに囚われない新製品を生み出す下地を作り始めたことです。
任天堂、革新的ゲーム機開発へ体制一新 9年ぶり

3DSを立ち上げる前にやっておけよ、という気もしますが、DSとWiiの成功に溺れて自己改革を進めてなかったのでしょうから、仕方の無い話です。以前から書いているとおり、3DSとWiiUはいわば「敗戦処理」です。組織改革をさぼっていたくせにアップルやグーグルに比肩したと勝手に増長していた時代に生み出した商品。根本的に新鮮さも魅力も足りない。


次世代3DS、次世代WiiUこそが注目に値します。
というより3DSとWiiUという路線、製品カテゴリー、フォームファクターに固執している時点で、本当の意味での「次」にはなり得ないでしょうね。

(※フォームファクターは一般には、主要部品の物理寸法やそれに関する仕様などを指す。本文では、形状とそれを決定する主要因、すなわち「形状+入出力インターフェイス+形状に影響す売る主機能の仕様」という程度の意味。)

2画面というフォームファクターはもはや携帯機ではナンセンス。DSの頃は画面の対象性など、それなりの意味がありましたが、3DSになり、画面の対象性が崩れ、タッチ操作においてもDSよりも幅の狭い使い方が増えています。コスト競争でも不利な2画面に固執せず、もっと質的に新しい体験を提供することにコストを割くべきでしょう。

個人的には、DSやWii、PSPというフォームファクターに固執した事が、今世代における任天堂とSCEの最大のミステイクだと思います。ライトユーザーにとってさほど思い入れのある物ではありませんし、その一方でガッツリ遊んでくれるお客さん向けの施策が足りておらず、ネットサービスやラインナップの拡充で不満を呼んでいます。

フォームファクターに関しては、かなり柔軟に考える必要があります。SCEは大してゲームにこだわってる会社でもないくせに、フォームファクターに関しての柔軟性が足りておらず、例えば、PSV、SONY tablet、Xperiaあたりのエコシステムの共通化を進め、PSという体験を各ソニー製品に溶かしていくべきでしょう。

任天堂は1つ2つのフォームファクターは対応できるでしょうが、ソニーほどの製品群を持ちませんから、新しいフォームファクターへのチャレンジも必須ですね。汎用端末とは明らかに異なる体験性を提示しなければ。

ゲーム機らしいフォームファクターと汎用的で扱いやすく快適なフォームファクター。その両方を満たしていかなければ、圧倒的多数の母数とコミットメントの高いユーザーの獲得の両方の命題は満足できません。

ガンホー、DeNA強し! F2P、ソーシャルは勝ち組が勝ち続けてる現状! 任天堂路線、海外で否定見解が増大中?

ソーシャルバブルが崩壊しつつある中、勝ち組と負け組が鮮明になってきており、急速に統廃合が進んでいます。

ガンホーの『ケリ姫スイーツ』が売上ランキングで急上昇…株価は2ヶ月半で3倍強の水準に
年末年始の株高の雰囲気もあり、ガンホーの株価が2ヵ月半で3倍強に。
まさにキング・オブ・キングス。

コンプガチャ報道によってソーシャル系、オンライン系の株価は一斉に冷え込んでいましたが、秋頃からじわじわと評価を上げてきた企業が現れ始め、年末年始で株価が大ブレイク。その筆頭がガンホーでした。『パズル&ドラゴンズ』を中心に、自社タイトルの広報宣伝にいっそう力を入れていくようで、ユーザーがさらに拡大しつつあります。

【買い】DeNA<2432>は8/1の1675円から3000円の大台へ1.9倍に上昇し一気に高値を更新!この5ヶ月どこで購入しても利益がでている大化け株!=ライジングブル藤村
SNS系が全滅しているかと思えば、そんなことは無く、DeNAは8月からの5ヶ月間で株価が約2倍に上昇しており、新たな成長段階に入ったと評価されたと見てよさそうです。同業他社のグリーやサイバーエージェントの株価が冴えないのとは好対照です。


ソーシャル系の勝ち組企業達が絶好調な一方で、古き良きゲーム業界の盟主達はどうなっているのでしょうか?

北米王者交代の予測: 2017年迄にXboxがWii越え。凋落の原因は任天堂自身に
2017年って……そんな先で追い抜いても、今さら感マックス。
ただ、各アナリストがWiiUの不調を見て、任天堂路線に明確なノーを突きつけ始めた、という現象は興味深い。

米アナリスト: 任天堂は今やニッチ。今年のE3は10年来の最重要イベント
Sebastian氏によれば任天堂は今や「ニッチに変わっています。幾分か精彩を欠いたロンチの後で、マーケット・シェアの低下を押しとどめるためには、任天堂は自社の看板タイトルを投入し、サードパーティの支持をつなぎとめなくてはなりません。

任天堂路線への批判が増えてきてるんでしょうか?
先の記事も、本当の主旨はWiiとXbox360ではなく、Wii=WiiU路線とXbox360=Xbox720路線の王者交代にあるのでしょう。WiiUの低調なスタートにより、任天堂路線そのものが古びた思想、時代遅れの戦略として認識され始めています。それが一番恐ろしいことです。


最近話題にのぼる事が多くなった「政権交代」。うーん、長期政権ゆえに話題が出るのは仕方ないとしても、うーん、岩田社長ほど優秀な経営者はなかなかいらっしゃいませんから、個人的には20年ぐらい続けてもいいんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうか? 心より応援しております。

え? お前が言うなって?
いやいや、「個人的」な意見と客観的な意見は別なわけですよ。

注目は任天堂、岩田社長の去就は? 
エンタメでは、任天堂の岩田聡社長(53)の去就が焦点。山内溥現相談役というカリスマ経営者にスカウトされ、創業家とは無縁ながら入社2年目で社長に登用されてから11年目に入った。Wiiでの大成功から一転、12年3月期には上場以来初の営業赤字と苦しんだが、昨年末に発売した新型ゲーム機で巻き返しを図る。岩田社長より若い役員はおらず、最低でも2~3年は続投しそうだ。

実際問題、後継者がいるかといえば、いないわけですよ。
それも良くないといえば良くないんですけどね。

一般論を言えば、権力を守るコツは後継者候補を育てない。
オーナー経営者の場合は、後継者を育てるメリットがありますが、サラリーマン経営者には無い。その辺が日本の大企業の没落していった一因なんですよね。名君だの、神君だの、賞賛された名物経営者が現れた後、それからしばらく駄目な社長が続くパターンが多いですよね。ソニー、パナソニックは好例ですが。

客観的に見て、長期政権化へのインセンティブが高すぎます。もっと役員賞与を厚めにして、任期に制限を設け、新陳代謝を促すのが良いんですが、なかなか……。

いや、あくまで一般論として、経営者という職業はもっと太く短く華々しくでいいような気がするんですが、どうなんでしょうね?

オーナー経営者なら自分の持ってる株の価値というモチベーションがあり、それを維持するうえで退くという選択肢も当然最初から念頭にあるわけですが、サラリーマン経営者って、サラリーマンの出世スゴロクの延長感が強すぎで、辞めたら終わり感も強いじゃないですか。ちょっとバランスが悪い制度だなーと。悪いインセンティブが働きすぎるんですよ。制度として。


何の不安も無く完璧の中の完璧の完全性が万全なんだからァ!(棒

わかったか?

というジョークはさておいて、WiiUがクリスマス週にまさか失速するとは……。
年末年始も「とびだせ どうぶつの森」が大人気。「ファンタジーライフ」も好調の「ゲームソフト週間販売ランキング+」

WiiUの販売台数は2週合計で13万6469台、PS3は11万7574台。年末のラインナップが弱かったPS3とほとんど変わらないというのはなかなか……味わい深いものがあります。ソフトに関しては、3DSはトップ20の過半数を占め、市場がゆるやかに育ってきているのを感じさせます。WiiUは任天堂タイトルの『マリオ』と『ニンテンドーランド』のみが売れており、すでに『モンハン』は圏外に行ってますし、その他のサードパーティタイトルは全滅状態。

非常にゲームキューブ感漂う印象です。ゲームキューブはまだ『スマブラ』が早期に出て、100万台突破まではグーッと牽引してくれましたからね。スマブラが当面出てこず、現時点での有力タイトルが『ワリオ』『ピクミン』の2本というのは、なかなか厳しいものがあります。欧米では『ワリオ』と『ピクミン』は弱いので、さらに厳しい。

【悲報】任天堂株価が上がってない件 『ポケモンX/Y』発表したばっかなのに・・・
海外の売上比率が高く、円安は有利に働くにもかかわらず、株価が冴えません。
いったいどういう事なの?


やー、日経新聞の井上理氏の記事を読んで、本当のソーシャルゲームはどうぶつの森ィ!とか、邪悪なソーシャルゲームはすべて規制対象ゥゥゥ!などと念仏を唱え、株価などという雑念を脳みそから振り払うべきでしょうね。

信仰心さえ磨き上げていけば、ソーシャルゲームに手を出していたサードパーティ各社がひれ伏し、「任天堂のゲームこそ真実のソーシャルゲーム! モバグリは捨てて、任天堂ゲーム機に発売させていただきますゥ!」という光景が見えてくるのかもしれません。もしかすると、初夢でそういう光景を見たのかも? ははは。

まー、笑える信仰告白記事はさておき、水面下では次世代3DS、次世代WiiUの開発を立ち上げ、時代の先端に復帰してほしいものです。


最近のニュースについての感想など。

3DS、国内累計販売1000万台突破
DSに比べてしまえば、及ばずという評価は仕方ないものの、発売当初の悲観的状況を思えば、ここまで復調させたのは大健闘と言っていいでしょうね。利益という点では課題が多いものの、以前から書いているとおり、3DSはいわば「負け戦からの撤退戦」ですから、ここで血を流しすぎず、次のラウンドでの勝利をめざして何を仕込んでおけるかが重要です。

普及台数はある程度積み上げられたので、今後はサードパーティ市場を成長させられるかどうかですね。Wiiの二の舞になる懸念を払しょくできるかどうか。

WiiUの年末商戦、Wiiのときのように爆発的に売れたという状況ではない
任天堂(7974.OS: 株価, ニュース, レポート)の岩田聡社長は7日、ロイターとのインタビューで、昨年の年末商戦に投入した新型の据置型ゲーム機「WiiU」の販売の状況について、2006年末に投入した据置型ゲーム機「Wii」の当時の年末商戦と比べて「そこまで爆発的に売れたという状況ではない」と指摘した。ただ「順調に売れていると認識している」と述べた。
年明け以降、売上が鈍いという小売店の感想などもネットで話題になっていましたが、やはり今後のラインナップの情報が乏しく、まだまだ安心感が足りないですよね。ゲーマーであれば、序盤は優勢だったWiiが大崩れした記憶もまだ残ってますし、現状では安心して買える状態には程遠い。Wiiに比べて魅力に乏しい機械を作ってしまったのは今さらリセットできません。WiiUで大きく崩れてしまえば、政権維持も厳しくなる可能性が強まります。どういう「敗戦処理」をするかが問われるところです。


ポータブルゲーム機「SHIELD」にかけるNVIDIAの本当の狙い
NVIDIAが携帯ゲーム機に参入を表明しました。欧米企業によるゲーム機参入が増えてきており、汎用部品を使って性能の良い機械を作ることができ、OSやエコシステムも汎用的な仕組みが使えるようになった影響です。インテルの作ったデバイスに魅力が無いのと同様、SHIELDもいかにもチップ屋さんが作った機械という見栄えと内容で、売れるかと言えば非常に疑問です。

ただ、こういう機械がどんどん投入されてくる、プラットフォーム乱立の様相を呈しているのは、興味深い事実でしょう。androidを利用し、汎用品を使えば、ゲームデバイス事業への参入障壁は下がったという事です。数千億円の赤字は必要ない。そもそも、そんなに広範囲に売ろうとは思ってないでしょう。

マイクロソフトやSCEは特にそうですが、ゲーム専用機ビジネスの戦略を根本から見直すべき時期が来ました。PSVitaはPSP以上に国内専用機になりました。今後のラインナップを見ても、パッケージソフトが乏しいのが実情です。
今後の発売予定から見た、国内と北米でのVitaの立ち位置の違い

北米では早くも、小売店にスペースを確保できていないというPSPと同じパターンに陥っており、有力タイトルが少ない→本体が売れない→小売店でスペースを確保できない→……という悪循環に陥っています。PSPは1年目は割と好調に推移していましたが、PSVitaはここから巻き返すのはなかなか苦しいところです。

日本はなんだかんだでパッケージがまだまだ強いし、国内のサードパーティ各社もラインナップを用意していますからね。PSP以上に国内専用機になりそうです。

ただそうなってしまうと、量産効果がPSPよりも効きませんし、欧米ではダウンロード主体なら、売り方も変えていかざるを得ません。スマートフォンのエコシステムをゲーム専用機に取り込もうとしたPSMobileの逆もやっていく必要があるでしょう。ソニー製タブレット or スマートフォンとPSVitaの部隊を協業させていくべきでしょう。現時点では連携度が低すぎます。共通環境の構築は急務です。

同じ話はマイクロソフトにも言えて、Windows8の売れ方が芳しくありませんから、Xbox次世代機とWindows8の連携を強化していく必要があります。

専用機にこだわる任天堂と違い、SCEとマイクロソフトは広い意味でビジネスを構築できるわけで、もうちょっと広い視点で事業を見直してほしいですね。


年始早々。

うーん?
ま、WiiUがあの内容で伸び悩むのは仕方ない気がしますが。
年明け以降の情報露出で判断ってところですかねー。

円安傾向なため、決算的には一息つけるかもしれませんね。
東洋経済の記事ほど楽観的な状況かというと、3DSとWiiUの海外の状況が不透明なんで、微妙。まー、円安効果で海外の退潮傾向が誤魔化せるとハッピーですね。来期、来々期の政権維持はできそうな気配もしてきましたが、WiiUがどれぐらいすっ転ぶか次第かなあ……。がんば!


3DSとWiiUは、天狗の鼻が伸び切って、アップル君もうちのタッチパネルやサイズバリエーションを参考にしちゃったのかなwwwとか、調子こいてた時期に計画してたもんでしょうから、こんな結果になっちゃうのは仕方ないかな~と思うんですよね。ゲーム機ハードって3年ぐらい掛かって立ち上げるもんですから。

そういう意味では、3DS次世代機、WiiU次世代機でどういう手を打ってくるかで、真価が問われますよね。この4年ほどの間に、ソーシャルゲームの台頭、F2Pモデルへの移行の速さ、スマフォとタブレットの台頭など、さまざまな変化があり、劇的な環境変化があって、先読みができなかったというエクスキューズは可能です。傲岸不遜に世間を見下さず、好奇心旺盛に世間を観察していれば、おのずと予見できた部分もありますが、それは不可能だったと仮定する優しさをもてば、3DSとWiiUの失敗は不可避であったのでしょう(棒

しかしすでに変化は起きました。環境変化が予想できなかったというつまらない言い訳で逃げる事は不可能で、すでに変化した世界で、その世界で価値ある物を生み出していかなければならない。次のラウンドが楽しみです。


SCEに関しては、何事も半端すぎるのがいけないですね。
PSVitaは海外が駄目すぎます。国内だけなのはPSPと同じという意見もあるでしょう。が、PSPは初期に台数だけはある程度出ましたからね。PSVitaはそれも無い。量産効果で価格を下げるペースが遅いとなると、国内での普及も一段と鈍くなる。なかなかシンドい話です。

PS4に関しては、国内限定でいえば、出す意味がほとんど無いんですよね。マイクロソフトは(日本市場攻略を)もうやる気がほぼ無いし、WiiUはPS3と大差ない性能。すでに普及している強みを生かして、PS3で長く収穫し続けた方がリスク無くビジネスできます。

ただ、海外を捨てるわけにもいかないんでしょうが。しかしXbox次世代機とガチでぶつかっても、良くてPS3と同程度の普及台数でしょ? リスクばっかり膨らむよなあ、と。

クラウドゲーミングと言っても、それ以前に「まだテレビやるの?」という突っ込みが飛んできそうですから、自社のテレビと連携というだけでは不十分極まりない。テレビ中心なら、従来のゲーム専用機で十分です。タブレットやスマフォと絡めていかないと、全体でのうま味が出てきません。そこも含めて戦略を見直し、再構築する必要があります。パートナーはどこか?


«  | HOME |  »

2013-01

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。