FC2ブログ

 

Latest Entries

2012年総括する?する?

2012年のゲーム市場を総括するなら、ゲーム専用機ビジネスの衰退とソーシャルゲームの急速な成熟化、そしてタブレットとスマートフォンの普及でしょう。

ソニー

PSVitaのローンチの失敗が尾を引いて、通年で振るいませんでしたね。国内については相変わらずの粘り腰で、PSO2のVita版、3DSでデビューした『カグラ』のVita発売、稲船氏新作の『ソウルサクリファイス』の発売で、地道に復調を図りたいところです。モンハンの延期はラッキーでした。

PS3は国内で一定の市場を築き、サードパーティのタイトルの中には50万本超える物も安定的に出てきています。ワールドワイドで見ても健闘が続いており、Xbox360と並んで、まだまだ現役選手っぷりをアピールしています。WiiUがサードパーティの支持を集めるのに苦戦している一方で、対岸の火事と笑えるかどうか。すでに開発キットは出回っているPS4はどうするつもりなんでしょうか? 売りが無いよねえ……。

マイクロソフト

国内は特に語る事ないですよね。今世代も、次世代も……。
北米では安定的に強く、ソニーと任天堂が次世代で敗退するのはほぼ確実でしょうね。

任天堂

国内の3DSは『どうぶつの森』の好調さもあって、なかなか伸びてきていますが、無論DSの圧倒的普及には及んでいません。とはいえ、かなり良い数字と言ってよいでしょう。

ゲームデータ博物館 - 3DS
ゲームデータ博物館 - DS

発売から約22か月で約950万台。DSは約22か月時点で約1100万台でした。まー、DSはここからさらに一段と売れていったので、差は大きく開いていくのでしょうが、「DSとGBAの間のどこか」という意味では、かなりDSに近い販売カーブを描いており、発売直後の躓きを思えば、「意地を見せた」「底力を発揮した」という表現がふさわしいでしょう。

WiiUは微妙な感じが早くも漂ってますが、年末商戦が終わって各地域の情報が集まった後で振り返ってみたいですね。3DSにも言える事ですが、ソフトの装着率が悪いのが気になる所です。WiiUはサードパーティのソフトが売れてない印象が強く、同梱版を用意した『モンハン』はさすがに一定の数字に達しましたが、その他のソフトは無残の一語で、去年発売されたPSVita以上のサードパーティ地獄と言えます。いやー、皆さん、どうするんでしょうか……。

正直、任天堂自身がWiiUをどれだけ本気で売る気があるかもよくわからんのですよね。3DSの頃はサードパーティの開発者を呼んでソフトメーカークリエイター編という形で実施してたのに、WiiUではUBIの『ゾンビU』だけでしょう?


ソーシャルゲーム勢

色々あったな……という激動感が強い1年でした。
春まではグリーが絶好調でしたが、コンプガチャ騒動以降はカードバトルで出遅れていたモバゲーが大きく伸びており、再びグリーを大きく引き離すに至りました。mixiはスマートフォンへの移行に伴い、アクティブユーザーが落ちてるようで、うーむ、色々と心配です。

新興勢力としては、MTIは論外として、ブシロードのブシモがダークホース的に伸びていきそうですが、やはり元気の良さではサイバーエージェントのAmebaが30億円の広報費を投じて大きく攻めています。

ただラインナップがもう少し何とかならなかったんでしょうか……ゲームを知らなすぎでは。子会社では、『神撃のバハムート』と『シンデレラガールズ』のCygamesが大幅な黒字を除くと、ほとんど真っ赤っかです。
サイバーエージェントのSAP子会社ほとんどが赤字

グリーは率直に急激に社員を増やしすぎでしょうね。統制が効いてないように見えます。混乱を収拾し、巻き返しフェーズに入れるかどうか。すでに膨大なキャッシュを蓄えていますから、統制さえ取れれば、猛ダッシュするんじゃないでしょうか。ポケラボを130億円で買収した件など、ここぞという時の攻めは鋭い。

来年はLINEが台頭し、モバゲーが強さを堅持しつつ、グリーが後追いするという構図かな? 海外はZyngaの立て直しはまだまだ時間が掛かるでしょう。ネクソンはじわじわって所ですかね。


スマートフォン&タブレット

スマートフォンはF2P全盛となりましたが、『パズル&ドラゴンズ』をリリースしたガンホーが絶好調です。コンシューマーとスマートフォンを両方あわせて、今年最も注目されたゲームを挙げるなら、間違いなく『パズドラ』でしょう。

AppStoreに比べて見劣りがしていたGoogle Playの市場規模も上がってきており、来年はスマートフォンが主戦場になっていくのは間違いないでしょう。社長の松山氏がソーシャル嫌いを表明していたサイバーコネクトツーも、バンダイナムコで1本、グリーで1本、スマフォ向けのタイトルを発表しました。こだわり派、硬派のゲームスタジオがスマフォに乗り出したことで、コンシューマーからスマートフォンへの移行がさらに進んだことをしみじみと感じますね。

タブレット機は日本では普及がまだ進んでいませんが、北米ではかなり浸透が進んでおり、コンシューマーゲーム市場を呑みこんでいく公算が高まっています。実際iPad miniやNexus7のようなタブレットを使ってみると、WiiUのタブコンはあり得ない気がします……。任天堂とSCEのガラパゴス・ゲーム機メーカー2社は、どうするんでしょうかねえ……。

iPad miniを除けば、7インチタブレットが1万円台後半~2万円で買えちゃうわけで、画面の大きさと価格のバランスでいったら、PSVitaと3DSLLは画面が小さくて割高に感じられますよね。WiiUのタブコンも……うーん……。iPad miniがもっと安くなったら本気で潰されかねないですよ。

サードパーティ各社はすでにスマートフォンとタブレットに軸足を移しつつあります。国内のゲーム史を紐解けば、テレビゲームが台頭して、アーケードゲームとPCゲームが相対的にマニアックな物になっていき、やがてコンシューマーゲームの全盛時代に切り替わっていきました。同じことが再び起きようとしています。ゲーム専用機はかつてのアーケードゲームのようになっていくのでしょうね。


リビングコンソール戦国時代

Ouyaの他にもAndroid搭載のゲーム機eSfereが登場するようです。
スマートフォン、タブレット、そしてリビングコンソール。iOSとAndroidはついにその領域にも踏み込んできます。Valveの新ハードも要注目です。
無料ゲームはスマートフォン、タブレットだけでなく、テレビ画面にも進出し、既存の価格モデルを破壊し尽くすでしょう。2013年はその元年……ではなく、前触れ、予兆の1年になるでしょう。


そして?

じゃ、どうすんの? という疑問を感じる人もいらっしゃると思いますが、以前から書いている通り、結局、IPだよ、IPって事になりそうですね。ゲームはそのOne Of Themになっていくのでしょう。困ったもんだね。



補足

ソーシャルゲーム業界は激動の一年でした。
下記の記事が1年の出来事をよくまとめています。
ソーシャルゲーム2012年まとめ コンプガチャ、買収、パズドラ等

上場したSAPは、エイチーム(4月)、モブキャスト(6月)、コロプラ(12月)、enish(12月)。残る未上場大手はgumiとオルトプラスの2社ぐらいです。SAPに数えていいかは微妙な感じなのがカヤックとAimingですね。

上場ではないものの、上場と同等以上の規模の大型買収もありました。
ネクソンがインブルーとgloopsの2社を買収。gloopsの買収金額は300億円を超えました。またグリーがポケラボを138億円で買収した件も大いに話題を呼びました。DeNAとCygamesが資本・業務提携を発表し、約80億円の巨額が動いた件も、記憶に新しい所です。上位陣の動きとしてはこの辺りでしょうか。

その他の動きとしては、中小企業の買収や資本提携が目立ちました。主要な所でこんな感じ?
来年もまだまだ動きがありそうです。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2012-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター