FC2ブログ

 

Latest Entries

WiiUはユニークネス。

DS以降の任天堂は表層上の戦略はともかく、本質的にはゲーマーの方を向いていません。彼らの提唱する万人は「ゲーマーとその他」ではなく、「ライトユーザー&ファミリー層に加えてゲーマーも含む」です。お化粧以上の物にはなりませんでした。

IGNのWiiUに関するレビュー記事がその点を浮き彫りにしています。IGNはサイトの歴史を紐解けば、任天堂シンパの立ち位置でが、さすが、冷静な評価に仕上がっています。ユニークネスとネクスト・スタンダードは異なる。当たり前の事実であって、誰もが無言で認めていることでしょう。
IGN: 現在進行形でのWii Uレビュー
ゲームパッドはそんなものではなく、完全にユニークな何かがある。任天堂が「非対称プレイ」と呼ぶものがWii Uを他の何よりもよく言い表している
(略)
マルチプレイヤーゲームは、ゲームパッドと、WiiリモコンやProのコントローラと、どちらに対してもフェアかどうかで決まる。不満のある人も褒め称える人も、遠からずつじつまを合わせ始めるだろう。ニンテンドーランドであってさえ、ゲームパッドを使うプレイヤーには、いくつかの大きな(おそらくはアンフェアな)利点がある。
(略)
だがハードコアなゲームはどうだろう?任天堂はようやく他のコンソールのようなハードコアなゲームへの熱心さに対抗するのだろうか?ノーだ。だがそれはトライが足りないからではない。

任天堂は、例えばボイスチャットのように一番シンプルなことでさえ、きちんと整備してはいない。ニュースを聞いていない人のためにつけ加えると、任天堂の「ハードコア」なWii UのPROコンにはヘッドホンジャックが付いていない。おかげで使っていないときでさえも、Wii Uのゲームパッドにヘッドセットを接続しなければならない。実にバカげている

心配はそれにとどまらない。現在のWii Uがどんなプロセッサを搭載しているかについて任天堂はダンマリを決め込んでいる。(略)Wii Uは、PS4や次世代Xboxと同じように高性能ではない。だがそれはサプライズだろうか?そしてそれは本当に重要なことなのだろうか?

Wii Uがコンソールの次のラウンドであるとか、一つの時代をつくるとは思えない。だがWii Uはかけがえのない数多くのゲームによる、完全にユニークなゲーム体験を提供してくれるだろうとは思う。

3DSも、3DSLLも、PSVitaも、いずれも携帯ゲーム機のスタンダードにはなり得ませんでした。任天堂とSCEは共に、前世代機であるDSとPSPの正統後継機を開発し、発売しましたが、時代の変化に適用する努力は完全に不足しています。
特に欧米において退潮傾向が鮮明です。3DSは大赤字覚悟の値下げとサイクル早期のLL投入によっても、まだ本来あるべきペース(期初計画で予定されていたペース)に届いていません。

WiiUはあるいは、もしかすると解釈によっては大きなジャンプをした(どの方角に?)、と言ってよいかもしれませんが、本質的にはWiiを複雑で手間のかかる物にした機械であって、ユニークという誉め言葉が最上であり、スタンダードの座につくようには感じられません。あの革命的なWiiでさえ結局はユニークという枠から出られなかったように。

非対称プレイはユニークですが、ゲームプレイの不公平性という1点において、コアゲーマーに長く支持される要素にはなりません。どれほど丹念にバランスをチューニングしても、結局はプレイヤーが公平と感じるかどうかであって、パラメータやルールではカバーできない決定的な溝「非対称性」は、競争的なゲームにはまったく向かないのです。

そして今日、どれほど日本において、協力的・協調的なゲームが支持されていて、高い人気を得ていたとしても、全世界のゲームユーザー、とりわけコアゲーマーを長く楽しませる上で、競争的なゲームプレイは無視できません。

仮にネットワーク経由で各自がそれぞれゲームパッドやPROコンを使えば済むとしても、ボイスチャット環境の不備程度も解決していない状態では……。コアゲーマー向けの要素は、Wiiからはだいぶ進捗したものの、いまだに現世代のPS3とXbox360に追いついていません。

「非対称性」はライトユーザーがみんなでワイワイ遊ぶ上では、ちょっとした刺激になるかもしれません。何故なら家族のような場では、ゲームの腕前や熱心さはまったく異なっているし、ゲームプレイにおける公平さよりも、その場の盛り上がりが重要視されるからです。本気のガチプレイは、子どもでさえ親相手にやるものではなく、友人同士で競うものだと理解しています。

(※この3倍の長さ書いたのだけど、話が逸れていったので、別記事にします)

WiiUは明らかにユニークネス。そしてネクストスタンダードではない。
この見解はありふれたものです。多くの業界人やゲーマーの共通認識でしょう。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2012-11

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター