Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1ラウンド終了というか。

なぜZyngaはこけたのか?
なかなか良いまとめになっています。
  • デベロッパの過剰と一般消費者ゲーマーの減少
  • 広告クリックがコスト高に
  • Facebookはゲームスパムにうんざりした
  • 画面が小さくなり、利幅も縮小
環境変化に対して適応能力がほとんど無かった。初期の成功方程式に囚われてしまったという事でしょうね。ミッドコアと呼ばれる領域への進出があまりに遅すぎました。まだすべてが手遅れになった訳ではありませんが、戦略転換が急務です。

まー、モバゲーやグリーがそれほど賢かったわけではなく、両社とも糞みたいな会社をとてつもない巨額で買ってますし、モバゲーはロワイアル、グリーはドリランドの成功体験からなかなか抜けられてなかったですからね。ただ彼らが幸運だったのは、最初からモバイルに特化していた事、早期に高ARPU型アプリへ切り替えられた事です。

AmazonがZyngaを買収するという噂や推測も出ています。
Amazon Needs To Buy Zynga

環境変化が加速しているので、合従連衡もスピーディになってますね。ネクソンによるgloopsの買収も決断は早かったですが、決定が早いに越した事はない。IT系ベンチャーの世界ではスピードは非常に価値があります。F2P分野の競争の激化にともない、開発費がどんどん上がってますからね。デカい所とくっついて地歩を固めなきゃいけない。


国内のプラットフォーム乱立っぷりもなかなか凄まじいですが、アップルがWebアプリのようなゲームは審査で落とし始めているので、ネイティブアプリの水準はこれから1年で上がっていくでしょう。アップルの思惑は
  • webアプリが全盛になると、アップルを迂回した課金ができてしまうのが気に入らない。facebookも軍門に下ったのは記憶に新しいだろ?
  • iphone5が出てきて性能が向上し、携帯ゲーム機とじゅうぶん戦えるようになった。ユーザー体験を向上させる意味でもiphone5クオリティのゲームが必要だ。そう思わないか?
  • つまりグッバイ、任天堂。グッバイ、SCE。グッバイ、MS。そろそろ踏み潰していいだろうか?
という3点ですね。
任天堂もSCEもモバゲーもグリーも、現在のアップルからすると羽虫みたいな物なんだな、としみじみ感じます。プラットフォームは欧米企業が押さえ、世界的なオンラインゲームパブリッシャーはアジア勢が押さえていくという流れが強まっている中、日本企業各社がどう動いていくか。


島国というか列島民らしく、いまだに国内しか見てない人が多いのがなかなか難儀ではありますね。80年代、90年代の日本なら、澄ました顔でお行儀の良い事を言ってればよかったし、ある意味2000年以降は表層的に取り繕う必要性が高まった時代ではありましたが、2010年以降はそんな場合ではない事が明らかになってきた時代ですよね。

国内で殴り合いしながら、マウントポジションで殴るのは卑怯、卑怯、俺の正義が許さねえぜとか言ってる間に、近隣からやってきた連中に機関銃で撃ち抜かれている、みたいな事が今起きているんですけどね。いやはや。温室の時代の感覚が忘れられない人達がまだまだ多いのが残念です。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2012-10

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。