Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スマフォゲームショウ? ソーシャル台頭を印象づけたTGS

東京ゲームショウ2012、基調講演で鵜之澤伸CESA会長が登壇
「ゲーム業界各社は堅調」であることを具体的な数字と共に示す

CESA会長に就任したバンダイナムコの鵜之澤氏がゲーム業界の元気の良さを大いにアピールしました。
やー、そりゃ、あんたの所は絶好調の中の絶好調でしょうよ、あんたの所はな!と突っ込みたくなった業界関係者は少なくないかもしれませんね。バンダイナムコはCygames開発運営のアプリが好調で、がっつり稼いでますからね。ソーシャルゲームに適応した自信は相当大きいのでしょう。

講演の内容はシンプルに言えば、Free to Play万歳!に尽きますね。
業界大手はFree to Playに適応し、パッケージビジネスが展開しにくい地域にもビジネスを拡大する余地が広がっている。
 こういったデータを示しながら鵜之澤氏は「パッケージだけでは計りきれない。出荷タイトル数だけでなく、こういったいい話もあるんだと公開して欲しい。ビジネスチャンスはある」と、ゲーム業界は健全に発展していることをアピール。また、任天堂のネットワークでの販売についても、販売店と協力しながらダウンロード販売を進めていることについて「素晴らしいと思う。子供がすべてクレジット決済をするわけではない。お店に行ってプリペイドカードなどを購入したりする。すべてがデジタルになるわけではなく、みなで手を取り合って進めて行ければ良い」と語った。

 一方でネットワークにおけるこういったフリー to プレイのビジネスモデルについて、アジア市場での期待感を示した。「パッケージ作品は値段が高かったり海賊版の問題などで売るのが難しかったが、新しいビジネスモデルを使うことでアジアで展開できる」とアイディアを出した。鵜之澤氏は「業界は右肩下がりではないという情報を発信して行ければと思う」と元気に締めくくった。

このF2Pの文脈に任天堂も載せて語っている点はさすが豪胆。まー、任天堂が始めるのは時間の問題というのは誰もが思っている事ですからね。

バンダイナムコと言えば、追加DLCで先駆的な試みを繰り広げ、一時期はネット上で批判的な意見も上がっていました。またそういうDLC商法を揶揄していた会社もあったわけですが、いざ数年遅れで始める時はガッツリとエグいDLCを平然と出してみせました。鵜之澤氏に言わせれば、「アイマスやテイルズでDLCを切り拓いてきたうちの路線に任天堂も後追いしてきたぞ。ほらほら、任天堂も追加DLCを始めたじゃないか。彼らもがっつり儲かった以上どんどん進むさ」という事かな(笑


また基調講演の第2部はグリーの田中社長が登壇。
TGSのGはグリーのGだったっけ?と思うような状態ですね。ゲーム専用機メーカーの姿はどこへ?
グリー田中社長、スマートフォン&ソーシャルゲームの“次”を語る
次のステップは「ゲーム性、ストーリー性」、新興国への進出で市場規模は今の「1.5倍」へ


スマフォの性能が上がり、通信も高速化されるにつれて、表現力の高いネイティブアプリが浸透していくと予想し、ストーリー性とゲーム性が深化していくのではないか、と語りました。それを裏打ちするように、グリーのブース出展したタイトルも、ネイティブアプリの本数が明らかに増えており、PSPぐらいの画面のゲームが1、2本ではあるものの、含まれていましたね。

グリー、「Project Fantasm:A」発表会開催
ディレクターは土田俊郎氏。ソーシャルゲームとコンソールゲームの融合作

またスクウェア・エニックスからグリーに移った荒川氏と土田氏が新作を発表しています。土田氏は『フロントミッション』や『アークザラッド』の生みの親ですし、荒川氏は『キングダムハーツ』の開発に関わり、『すばらしきこのせかい』のプランニングディレクター、『ディシディア ファイナルファンタジー』のシニアディレクターを務めている人物。

公開されたムービーから察するに、すでに1億円を突破して3~4億は掛かっているように見受けられます。『ミリオンアーサー』クラスが開発費1億と言われていますが、開発費の上昇がさらに加速しています。

またアップルがWebアプリ型のゲームを審査ではねつけ始めているという話も聞こえてきており、iphone5で性能も携帯ゲーム機以上になったのだから、それにふさわしいゲームアプリを増やそうという狙いがあるのでしょう。そろそろSCEと任天堂に退場してもらう準備が整いつつある、という判断かもしれませんね。

ダークホースとして登場したブシロードが自社プラットフォーム「ブシモ」と対応ゲームを発表しました。
ブシロードブースレポート 「ブシモ」で展開するオリジナルスマホゲームを大量出展
オタクに非常に強い会社だけに、タイトルの方向性はかなり偏っています。複雑な操作ではなく、かといって5連打型のカードゲームとも違う、リッチでライトなゲームを揃えようとしています。さすがに大手ゲーム会社やモバグリの本気タイトルのような大作感のあるタイトルは見当たりませんが。

大手各社のブースを見れば、セガはPSO2(PC/PSV/スマフォ)とスマフォの比重が大きく、コナミはドラコレと小島プロダクションの2本柱。コジプロも『MGS ソーシャルOPS』を展示していました。コーエーテクモもスマフォ向けの『無双SLASH』を展示してましたね。コンシューマーゲームここにあり!と気を吐いたのはカプコンとSCE、そしてコジプロの『メタルギアライジング』エリアぐらい。

ゲーム業界の流れがどこへ向かっているのか。非常に象徴的なショウでしたね。この流れは止まりません。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2012-09

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。