Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「年末商戦はPS3をよろしく。俺はまだ本気を出してない」状態らしいよ?

SCE、小型軽量化した新型PS3を10月4日発売
-250GBで24,980円から。ローディング方式変更

SCEのプレスカンファレンス、内容は盛りだくさんでしたね。
まず新型PS3が発表され、軽く薄くなって、HDDの容量が増えますが、値下げは無し。フラッシュメモリー版の低価格バージョンは欧州のみの発売となります。

DL販売を促進していきたいソニーとしては、容量の制限された本体を出すのは諸刃の剣なんですよね。DL販売にまだまだ消極的な任天堂との方針の違いは明らかです。またWiiUの値段が従来の任天堂のゲーム機の水準からすると高いため、PS3の値下げというカードは温存できたのも確かです。

ゲーム部門が利益をしっかり出すためにも、無理にここで値下げしておく必要は無いですね。一方でPSPの値下げはちょっと今さら感もあり、疑問がわきます。


SCEJ、「SCEJ Press Conference 2012」開催
新型PS3、未公開新作タイトル、TGS出展情報などを発表

PSVitaに関しては、カラーバリエーションやPSN Plusへの対応、アドパへの対応など、もっと早い時期に出来ていればよかったのに、という施策が多かったですね。

ソフト面では『ゴッドイーター2』がPSPとPSVitaで発売されます。クロスプレイ対応はPSPからPSVitaへの移行をスムーズに進めるうえでは有意義な機能なものの、活かすタイトルが少なかったですね。他にはコーエーテクモゲームスからは『討鬼伝』が発表されました。無双マルチレイドの流れを汲むゲームのように見えます。

面白いことにモンハン以外のモンハンフォロワーはすべてPSVitaで発売されるんですよね。現時点では明らかな「ねじれ」が発生しています。ま、時が来れば、ねじれも解消されるでしょう。PSVitaの普及戦略という点では、このタイミングでの値下げとねじれ解消がベストでしたが、なかなか厳しい所。

今回発表されたタイトルの多く、そして『ソウルサクリファイス』が来年以降に発売延期になりましたが、年末商戦は「俺はまだ本気を出してない」状態です。反抗開始時期が後ろに大きくずれ込んでいるのは明らかですね。新型と値下げ、ソフトラインナップ。それらが揃う時はもう少し先という事でしょう。


また、市場への影響は軽微なものの、ネット上でちょっとした話題を呼んだのが『閃乱カグラ』新作のPSVitaでの発売です。

PS Vita「閃乱カグラ SHINOVI VERSUS」高木P発言まとめ
3DSで発売された『少女達の真影』と『紅蓮の少女達』はPSVitaでは発売されず、新しいシリーズになる事を明言しています。アニメ化とあわせて、かなり急ピッチでIPの育成を推し進めていることが窺い知れます。まあ独占にしたところで、任天堂が大プッシュしてくれるかというと、ちょっと押しにくい性質のゲームですから、2つのプラットフォームで2つのシリーズを広げていくのは正解かもしれません。

PSVitaは移植やリメイクが多いとはいえ、オタク向けのゲームは徐々に増えてますからね。『カグラ』を出すのは間違ってないでしょう。『ラブプラス』なども変にこだわったばかりに、シリーズを重ねてもIPとしては大して広がりませんでした。元々のゲーム性にこだわり過ぎたのかもしれませんね。


総じて大手は慎重な動きを見せてますね。
ソーシャルゲームで高収益を上げていることもあり、焦ってコンシューマー向けのラインを立ち上げる必要が無いというのも一因でしょう。3DSへの対応もまだまだスローモーですし、WiiUは完全に様子見モード、PSVitaも非常に慎重に見ています。
ある意味、完全にマルチプラットフォーム戦国時代に突入しつつある、と言えます。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2012-09

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。