Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボヤの話続き

切込隊長のまとめが素晴らしいですね。
やまもといちろうBLOG:新清士さんがドラクエ10のダイス機能を賭博開帳とやらかした件で余波

この件は、過剰に心配しすぎた筆者の記事が明らかに「やぶへび」過ぎで、しかも本来伝えたい相手(ゲーム業界関係者)とは異なる層(投資家?)が過剰に連鎖反応を起こしてしまったという点で、不幸でした。とはいえ、ゲームファンが思ってるほど、シンプルな問題でもない、というのも指摘が必要な所であって、4Gamerや切込隊長の記事は適切なフォローになってます。

発端となった記事に対する一部のゲームファンの反応は、いささか感情的、単純すぎるもので、「また新清士か!」「また日経か!」「日経はそろそろ訴えられろ」「サイコロ売ったら賭博罪になるのかよw ばーか、ばーかw」「ドラクエと穢れたモバグリを一緒にすんな!」というような意見が非常に目につきます。

ゲームファンの心の中における認識としては、それは至極当然なのですが、行政や法の論理はゲームファンの側に立っているわけではない、という事も留意しておく必要があるでしょう。国内のコンピュータゲームの歴史を振り返ってみれば、理不尽な規制や批判を浴びたことは何度もあるのですしね。

前回の記事で指摘したとおり、報道のスクリーンショットの左上に「ソーシャルゲームに新たな懸念浮上」というテロップが表示されていた事例を見ても、マスメディアやその視聴者である一般人にとっては、ゲーム専用機向けの月額課金ゲームである『ドラクエⅩ』も、ソーシャルゲームと区別がつかないわけです。運営会社が課金ガチャはしないと宣言したところで、そんなものを読んでいるのはゲームファンだけであって、一般人は知りません。

「サイコロを売ったら賭博罪なのかよw」という声に対しては、賭博に使うとわかっていて故意にサイコロを売ったら賭博ほう助になる、という事例も、上記リンクの記事で指摘されている通りです。無論、意図的にやったはずがなく、企業がリリースで否定するのは当然です。

ただ……。

はてなブックマーク - 新清士さんがドラクエ10のダイス機能を賭博開帳とやらかした件で余波
はてブにおいても指摘されている通り、アップデートでシリーズ伝統のカジノがオープンするかどうかは、慎重さが要求される所でしょう。名前もそのまんまですしね……。

従来のMMOの感覚で進めていたのか、シリーズの伝統だから問題ないと考えていたのかはわかりませんが、割とさらっと地雷原に踏み込もうとしていたのかな、という危惧は起こります。そう考えると、新氏の過剰反応は明らかにやぶへびで、勇み足で、「ボヤ」につながっちゃったけど、誰も何も指摘しないまま、アップデートでカジノがオープンして「大火事」が起きてしまった……可能性も留意してもいいのかなと思います。

ボヤが起きたのは残念だけど、ボヤで済んで良かったよね、と。
まー、新氏がそこまで踏まえて、ああいう記事を書いたのかはわかりませんし、運営側もすごく安心できるシステムを準備していたのかもしれませんし、ifの可能性の話にすぎませんけど。


従来のMMOユーザーとは異なる一般層が遊んでいる事によって、かつて通り過ぎた問題が再浮上する事や、オフライン時代の伝統をそのまま引き継ぐと思わぬ問題が発生する事は、今一度確認しておきたいところではあります。お客さんの幅が広がるというのは、とても良い事のように言われがちですが、その一方で従来のお客さんでは考えられなかった問題が発生するリスクもまた、頭にとどめておく必要はあります。

例えば、DSが一般層に大量に普及した際、悪気なく親が子供にマジコンを買い与え、対策されればマジ切れするなんて事例もありました。ゲームファンでは考えられない論理ですが、そもそもゲームに興味の無い人達なんてそんなものだ、という事です。オンラインゲームにまつわる諸問題、とりわけRMTにしても、同じことです。

ゲームユーザーが拡大するというのは、ゲームファンが増える事と同義ではありません。ゲームファンとはまったく異なる倫理観と行動原理をもった人達が同じフィールドにやってくるという事であって、当然メーカー側にも、ゲームファン側にも、思わぬ問題が発生し得るわけです。そして、最初は関心のなかった人達のごく一部がやがて関心をもってくれて、ゲームファンの仲間が増えていきます。

否応もなく、ゲームを遊べる環境や端末は増え続けており、ゲーム専用機ユーザーは減っても、ゲームユーザーは増え続けています。ゲームという大陸は今なお拡大を続けています。東端と西端の住人は全然違う事を考えているかもしれません。けれども1つの大陸にいる事実は揺らぎませんし、様々な問題が起こるでしょう。それを1つ1つクリアしていく意思が大切ではないかと思います。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2012-09

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。