FC2ブログ

 

Latest Entries

やー、やー、日記ですね。

エロゲ『古色迷宮輪舞曲』のシナリオがとにかく凄い、ループものの名作がまた一つ誕生!
話題になってたので思わず購入してしまいましたが、まだ全然進んでません。

最近ノベルゲームで当たりが無かったんで楽しみですが、一気にプレイする時間の確保がな~。

『ローズガンズデイズ』は、舞台設定そのものは好きなんだけど、ミステリーでない時点で、連作型のノベルゲームになっている意味が極めて薄いですね。まさか全8話で4年も掛けたりしないと思いますが、せめて2年で終わらせて、「なく頃に」シリーズをやった方がいいでしょう。

『うみねこのなく頃に』は前半はまだ良かったんですけどねえ……。悪い意味での掟破り。掟というものを皆が破らないのはそれなりに意味があるんですよね……。最後まで謎を解き明かさないミステリはまずいです。作品としても、商品としても。

だからこそ、探偵役の推理の不確実性を示して真相にぼかしを入れたり、表の真犯人で締めながら同時に裏の真犯人を暗示したり、古今東西のミステリ作家が趣向を凝らしているわけで。単発読み切り型なら、まだ良かったんでしょうけど、8作4年間引っ張ってきた訳ですから……。



先週までは割とアニメを観る時間が増えてたんですが、そうこうしている内にラノベが再び溜まってきてしまいました。

『屍体の帝国』『憂鬱なヴィランズ』『ボイス坂』『ビアンカ オーバースタディ』『楽園島からの脱出』など。ラノベ読みとしては賀東新作も気になってます。

そういえば(作者が)注目作『放課後バトルフィールド』(弓弦イズル)も読みました。
サバゲーというテーマが受け悪そうだな、とは思いますが、『インフィニットストラトス』の作者らしい内容でした。それにしても、主人公に惚れるまでのプロセスやきっかけをもうちょっと書いてほしい気はしますが……。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2012-08

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター