FC2ブログ

 

Latest Entries

残念の代名詞になりつつありますが、頑張ってほしいとみんな思ってるはず。

【号外】レベルファイブの不思議な資金調達依頼に見るゲーム業界の変調
『ニノ国』以降のレベルファイブの必死感というか、残念感は結構極まってますよね……。
売上が期待に届かないから、アレンジ版を短期に出しすぎで、ますます流通からの信用を失っていくという悪いスパイラルに入ってますし、日野社長のクリエイターとしてのブランドパワーも『ガンダムAGE』で地の底まで落ちてしまいました。

結局、子供向けのゲームに特化した才能を持っているという事であって、変にマニアックなお客を取ろうとせずに、任天堂、コロコロコミックと共闘路線でいけばいいんじゃないかと思うんですよ。

ある意味、任天堂が苦手なメディアミックス部分もカバーしていますし、しばらくは任天堂べったりでいいような気がしますけどねえ……つか、任天堂も隙をついて、出資を条件に色々と縛ってしまおうとか考えないんでしょうか。その辺りの判断基準が謎です。

コンシューマーゲーム業界から人材がソーシャルへ流れていく過程で、「古き良き業界」を継承する企業として、レベルファイブは枯れた人材を適度に吸収するバッファ機能を果たしていましたが、結局、日野社長のクリエイティブを補完できず、金を食いつぶすばかりだったわけで、不要な人材を抱え込んだ挙句、「日野商店」から抜けられなかったという点で、大規模リストラを始めとして、体質転換を図るチャンスでしょう。

つかレベルファイブやら、イメージエポックやら、その辺の新興パブリッシャーは上場で金を集めて一段階上のステージを狙っていたと思うんですが、コンシューマーゲーム市場が将来性なしと判断される現状において、パッケージではなくオンラインでの売上で将来性が評価されてしまう環境では、上場しても期待ほどの金額が集まる見込みが薄いですよね。

欧米では大手パブリッシャーが身売りされる状態ですし、国内を見ても大手パブリッシャーはコンシューマー市場をいよいよ見切りつつあり、開発会社や開発者のレベルではなんだかんだで再編されています。特にエンジニアは実力あったら、SAPに移るわな、そりゃ。給料上がるし。


レベルファイブで最も残念なのは、ソーシャルゲームでDeNAと『レイトン』やって、それが壮絶な核爆死遂げたからといって、安直にすぐにグリーに乗り換えて、今度は『ニノ国』が黒歴史化してしまった事でしょう。

どっちの陣営からも信用されなくなる安易な行動で、さすがにソーシャル業界舐めすぎですよ。ていうか、『レイトン』はDeNAが結構真面目にやってたはずですが、『ニノ国』は担当した会社が中堅以下ですから、その辺きちんと見抜いておけよ、と思います。

まー、グリーはDeNAとは違って、他社版権は余所にやらせる傾向が顕著で、IP物の成否でいうと、DeNAより成功例が少ないです。つってもDeNAも、IPを大量に獲得しまくった結果、三流以下の会社にIPを流して、次々とIPを炭にしてますが……ホームランの本数はDeNAの方が多いけど、打率はどっちもどっちかな。レベルファイブ程度の版権では、国内の上位SAPは相手にしないんだなあ、という仁義の無さが泣けます。開発会社の時点で敗戦濃厚なのだから……。

体力の無い中堅パブリッシャーのほうが環境変化への適応を急がなければいけないはずですが、実態としては、大手のほうがコナミのように内製でソーシャルゲームへの適応を済ませていたり、上位SAPと契約して安定的に収益を上げたりしているわけです。中堅企業はますます特定のユーザー層に特化して、当面は食えるけど、F2P時代にはまったく適応できない状態へハマっています。

おそらく大手ゲーム会社がF2Pへの適応を終えた頃に、縮小したパッケージゲーム市場においてジリ貧化した中堅会社は買いたたかれて、既存のIPをすり潰されてソーシャル化されていくのだろうな、と。ガストは良いタイミングで売ったよね。


SCEは総じて動き方がイマイチなんですが、まー、色々と絵図面を再構築しようという気配は感じられるので、大企業病のゆったりしたスピード感で間に合うかどうかが鍵でしょうか。3DSのマーケットの特徴が堅調になってくる中で、PSP市場が縮小しており、PSP市場のユーザーが3DSにもPSVitaにも吸収されない……という事態が結構深刻に心配され始めているのではないかと思います。

大手は自社IPを様々なプラットフォームに張り巡らせる体力がありますが、中小は網を張り巡らせる事ができませんから、取りこぼしが激しくなりそうです。女性向けの恋愛ゲームのように、比較的ユーザーの忠誠心が期待されるジャンルは、まだ手堅く回せていますが、男性向けの恋愛ゲームなどは男の浮気性が如実に発揮されて、市場としては拡散と消滅へと向かいつつあります。


週間ランキングを見ると、任天堂とバンダイナムコの存在感が圧倒的で、その他の大手はパッケージビジネスからの退潮傾向が鮮明です。こういう景色では、中小企業はどんどん離れていきますね……。

バンダイナムコは合併のシナジーを追わずにIP企業として割り切ってからは好調が続いており、ソーシャルゲームはCygames制作のタイトルを中心に、IP提供だけでうまく商売を回していますし、余剰人員はスマブラの下請けで食わせながら、PSPと3DSで地道に商売を継続できています。

アニメを含めたパッケージとオンラインの組み合わせも徐々に身に着けてきており、IPをぶん回す事に特化した企業の人材の厚みはやはり恐ろしいですね。IPモンスターは違う。


IPといえば、グリーが自社IPのグッズ展開を行う新会社を設立しており、開発のトップである吉田氏が社長に就任しています。
グリー、子会社グリーエンターテインメントプロダクツを設立…「ドリランド」など人気ゲームのキャラクターグッズを販売

子供向けの作りのくせに深夜枠で流している「ドリランド」のアニメに関しては、微妙な評価をせざるを得ませんが、つっても『戦国コレクション』がアイテムコード商法でかなりの売上をたたき出している事を思うと、アニメ業界が目の色を変える可能性もありますね。
『戦国コレクション』DVD/BD第1~3巻を連続購入すると携帯ゲーでキラSレアカード・3枚から1枚選らんで貰えるぞ

出版とソーシャルゲームの取り組みは、雑誌以外はほぼ壊滅的だったんですが、まさかアニメで成功事例が出てくるとは……。『戦国コレクション』はパチ化するようですし、ソーシャルゲーム→アニメ化→パチという凄いコンボが完成してしまうのでしょうか? パチでレアカードを手に入れるようになる未来まで、あと少し! やはり日本人は未来に生きている民族だと思います、ええ。

出版に関しては、アプリSTYLE、電撃ゲームアプリ、ファミ通、アプリFAN、NEWTYPEなど、続々と創刊が続いていたアプリ雑誌は、今年の年頭あたりをピークに恐るべき勢いで部数を落としており、1年たたずに部数が4分の1以下という惨劇が繰り広げられています。

課金する小遣いが少ない中高生にとって、数百円で数十本のゲームのレアアイテムがゲットできる雑誌は、ガチャよりも安価に効率よくアイテムをゲットする手段だったわけですが、RMT対策の一環としてトレード規制が厳しくなったり、雑誌の誘導効果が落ちるに伴って付録アイテムがしょぼくなったり、といった傾向が続いたせいか、無料(だけど雑誌の付録アイテムぐらいはOK)なユーザーがごっそり抜け落ちてきました。


アニメは元々、無料でテレビ放送し、ヘビーユーザーにディスクを買ってもらうというビジネスだったため、重課金者にとってはガチャを回すより安いという感覚で購入されていくのでしょう。つか、アニメでこれが成り立つという事は、ゲームでも成り立つわけですから、アイテムコード欲しさにパッケージゲームを購入させるという商法が成り立つのですかね。はっはっは、笑えません。

パチのシミュレーターが手堅く商売になったPS2市場を思い出せば、別に不思議でもなんでもありませんが。ソーシャルゲーム→アニメ化→パッケージゲーム化→パチ化という流れができて、アイテムコード欲しさに『ドラゴンコレクション』の3DS版や『戦国コレクション』のPSP版が売れるなんて事態が起きれば、任天堂とSCEはモバグリとコナミに足を向けて寝られないかもしれませんねえ……アイテムコード万歳、万歳、ば……。

まー、『遊戯王』にカードが付いた頃の商法や、劇場用アニメと連動したポケモン商法のエグさを思い返せば、娯楽業界におけるごく当たり前の光景なのかもしれません。

話は逸れましたが、レベルファイブはF2Pへの適応力は激しく疑問ですが、パッケージゲーム制作に関しては素晴らしい力をお持ちなので、任天堂とSCEのどちらかは適度に救済すべきだと思います。器用にソーシャルゲームでヒットを出す企業はそっちへ逃げて行ってしまうわけで、不器用な企業のほうが囲い込めて都合が良いわけですしね。

3DS『クリエイトーイ』を制作したアソビズムも、優雅に社長が訊くとかやる前に、買収しておけばよかったものを……『ドラゴンリーグ』『戦国リーグ』のヒットで離れていってしまいましたよね。ほんと、もったいない。馬鹿かと。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2012-08

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター