FC2ブログ

 

Latest Entries

覚醒し、若返りましたね。

『ファイアーエムブレム 覚醒』が初週24万本と絶好調。このシリーズではしばらく見なかった初動ですね。
5年ぶりの完全新作「ファイアーエムブレム 覚醒」が24万本越えの「ゲームソフト週間販売ランキング+」

「覚醒」というサブタイトルにふさわしく、現代的なゲームとして再生してみせましたね。
  • Wii『暁の女神』に続いて5年ぶりの完全新作だったこと。
  • キャラクターデザインを大幅に変えて、現代的なゲームの装いになったこと。
  • 旧作のキャラクターのゲスト出演など、離れていたシリーズファンも呼び戻せたこと。
  • 結婚システムの復活。
  • CMの量など、広報展開も気合十分。
  • 携帯ゲーム機とSRPGの相性が良いこと。(その割にDSではリメイク2作のみ)
さまざまな要因を受けての復活といえます。新規ユーザーと旧作ユーザーの回帰率も興味深いところです。

市場全体が減退していく印象の強いコンシューマーゲーム市場において、衰退感のあったシリーズが売上を大きく取り戻したのはまさに快挙の一語ですね。DLC販売においても、従来の任天堂のスタンスからすれば、一歩前進しており、さまざまな面でタイトルが若返った印象を受けます。

Wii以降、ゲーマー向けのタイトルで減退感のあった任天堂において、この快挙の意義は大きいですね。予感していた人も少なくなかったでしょうが、『パルテナの鏡』もあっさりぶち抜きました。シリーズの実績を見るに、累計は初週の2倍ぐらいです。
暁の女神       初週 75,359  累計 159,070
新・紋章の謎     初週 136,367 累計 263,760
新・暗黒竜と光の剣  初週 144,905 累計 274,786
45万~50万本の売り上げに達する可能性もあり、初動率高めとしても40万超えはあり得ます。Wii『ゼルダの伝説 スカイウォーソード』を抜く可能性も十分あります。

カジュアルユーザー重視戦略の反動で、任天堂の従来ユーザーは少しずつ減退していたように見えますが、『ゼルダの伝説』シリーズも『FE覚醒』のようなタイトルの若返りが伴えば、シリーズの復活もあるいは……?

無論、シリーズの従来のキャラクターデザインとは方向性がやや異なるため、違和感をおぼえるファンもいらっしゃるのかもしれませんし、実際そういう意見をネット上で見かけることもありますが、従来ファンの言うことだけを聞いていても、シリーズは老朽化し、減退していくのも事実。

適切なバランス感覚で、若返ったのは見事。シリーズの伝統や本質を守るのは良いのですが、本質とは異なる部分で片意地を張ってしまうのは本末転倒ですからね。
ゲームメーカーとしての意地を見せたという点で、非常に意義深い成果です。


老朽化したイメージの強かった企業であっても若返る余地は大いにある、という事を示したのも良かった。マリオのようなメジャーIPはともかく、マニアックなIPは次々と枯らしていく恐れもありましたからね。明るい道筋がつきました。

『ゼルダ』や『メトロイド』といったタイトルも「覚醒」していってほしいですね。またDLC販売に踏み切るなど、従来の任天堂の一線を超えており、そういった前向きな姿勢も重ねて評価したいですね。チャレンジこそが道を切り拓くという実証でしょう。

DSとWiiの最盛期も過ぎ去り、企業イメージとしても「老衰」感が出ていますから、さまざまなタイトルが覚醒し、若返っていくことで、元気を取り戻していってほしいですね。ゲーム専用機というプラットフォームが減退していくにしても、豊富なIPがあれば、企業としてはいくらでも生き残れます。今後の各タイトルの「覚醒」に期待したい。また個人的には今後の主要全タイトルでDLCをやってほしいですね。若返りましょう。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2012-04

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター