FC2ブログ

 

Latest Entries

社員達が使ってるか、使ってないか、の差というかね。

Appleの第2四半期業績発表―iPhoneは3510万台、iPadは1180万台、Macは400万台、iPodは770万台
前年同期比でiPhoneとiPadが大幅に増加し、iPodのみが微減。
前四半期(つか年末商戦)には及ばなかったものの、恐ろしい成長っぷりです。3ヶ月でiPhoneが3000万台以上、iPadが1000万台以上というのは、キングすぎます……。

iCloudのユーザー数は1億2500万人、iTunes Store(AppStore含む)の売り上げは3カ月で19億ドル。エコシステムの構築も順調に進んでいますね。


アップルには及ばないものの、マイクロソフトもXbox Live ArcadeやXbox Liveインディーズゲームなどでエコシステムの構築に成功しており、北米企業のほうが日本勢よりもこの辺は上手いなあと感心しますね。インディーズ文化の有無も大きそうですが、PSSを掲げるSCEや具体的な施策を打ってない任天堂はちょっとアレですねえ……。

DLCや追加課金による経済をワールドワイドで回そうと思えば、最終的にはエコシステムの構築が不可欠になるだけに、がんばってほしいところですが、品質過剰を求める市場に根づいた企業には、ちょっと厳しいのかもしれません。エコシステムという発想そのものが欠如している気もしますが……。


ハドソンがファミコン初のサードパーティーとなった理由
リンク先はハドソンが初めてのサードパーティになった経緯を、ハドソン関係者の証言を集めてまとめた記事(の紹介記事)。

任天堂が最初からサードパーティ制を意識してファミコンを立ち上げた訳ではないことを裏付けており、「作りたいと言うから作らせてやっている」的な姿勢が昔から一貫している事をまざまざと感じさせますね(割りと普通の認識だったはずが、後世のビジネス書などで神格化され歪められた歴史感)。

SCEの場合は、任天堂のビジネスモデルをパクったり、音楽文化からの影響を感じますが、エコシステムの構築という点では、やはり意識が低い側ですね。


まー、エコシステムというとご大層に聞こえますが、オンラインストアがユーザーとして使いやすく、開発環境が開発者として作りやすく、マーケットが商売しやすければ、それで良いわけで、他者の意見を聞いたり、自分達自身で日々使っていれば普通に気がつくことを集積しているだけのように思います。

日本勢2社のサービスは社員が使ってるような感じがしないものなあ……やっぱり伸びませんよね。実際には社員が全然使ってないという訳ではないんでしょうけどね、さすがに。かつての成功体験>現在のユーザー体験というかね。

自分達が欲しいものをどうやって広げるかという事をまじめにやってる企業と、広げようとするあまり自分達の考えることをやめてしまい、自分達が欲しくもないものを作っている企業の違い、でしょうか。SCEでいえばPS、任天堂でいえばDSやWiiの成功体験から抜けきれないのが残念ですね。

スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2012-04

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター