FC2ブログ

 

Latest Entries

ゲーム機メーカーにとってはF2P地獄が悩ましい

PSVitaについては『Project DIVA』最新作、SCE『ソウルサクリファイス』など、少しずつソフトが見えてきたことや、『サムライ&ドラゴン』や『PSO2』のようにF2P(フリー・トゥー・プレイ)型のゲームが発表されるなど、新しいチャレンジも表に出てきました。

とはいえ、昨年の秋から年末商戦にかけての状況をふまえて、全体にブレーキが働いてしまっているのは否めず、ソフトのリリースに関しては理想的な状態から程遠いのは事実でしょう。

3DSの猛攻の余波を食らった事もあるし、PS3立ち上げ時ほどではないにせよSCEの広報戦略が例によって滑っている事や、欧米での先行きが強く不安視されている事も大きい。特に3点目は、国内市場への依存度が高い中小メーカーはともかく、大手ソフトメーカーほど気になるところでしょう。
PSVitaが欧米ではPSPほど伸びない公算が高くなってきました。


まー、3DSにしても欧米市場においては不透明です。DS1年目との比較でいえば、数字は悪くないのですが、GBAからの買い替えに時間がかかったDSと異なり、3DSは大幅な値下げによって買い替えを前倒ししただけですから、これ以上下げるのが当面難しいという点で、現状の数字で満足できるかといえば遠いのが実情。

欧米のゲーム市場を注視する限り、スマートフォンやタブレットの普及が無視できない状況で、各社の開発リソースもそちらにより多く割かれていくのでしょうね。

そういう意味では、コンシューマー向けとスマートフォン向けの両方の良い所取りができればよかったPS VitaとPlayStation Suiteでしたが、現状は非常に寒々しいですね。

PlayStation Suite公式サイト
現状での対応端末のあまりの少なさには唖然としますし、開発環境としても魅力を感じられず、発表先行で中身が伴いません。iOS端末、ソニー製品以外のandroid端末のほうが台数が圧倒的に多い中で、それらの横展開、落ち穂拾いが現実的であるにもかかわらず、そうした環境が整備されていないのは致命的です。

F2Pも視野に入れているようですが、というよりAppStoreの現状を見てわかるように、もはやF2P以外はあり得ませんが、はたしてF2Pビジネスを展開するに足る環境が整っているのでしょうか。


F2Pビジネスは暗黙に膨大なユーザー母数を前提にしています。どこからユーザーを引っ張ってくるつもりなのか。facebook、モバゲーやグリーのようにSNSとしてユーザーを囲い込んでいるなら、ユーザー誘導がしやすい、というメリットを押し出せますが。

同じ問題は無論、ソニーだけでなく、マイクロソフトや任天堂も抱えており、ゲーム機を所有している事とコミュニティへの帰属がイコールではない現状では、F2Pを全力展開する下地がありません。

マリオ、ゼルダ、ポケモンを擁する任天堂はブランドパワーは強大なものの、3DSの初期の低迷に見られるように、コンテンツのファンである事とゲーム機を購入すること、コミュニティに帰属し続けることはまったく別です。ディズニーがコミュニティサービスを始めれば最強、という理屈になんの根拠もないのと似たようなものでしょう。

マイクロソフトは今世代では最も完成されたゲーミングサービスであるXbox Liveを提供し続けてきた実績があり、競合2社よりは若干優位にありますが、伝統的にF2Pには否定的な方針を取ってきました(有料パッケージ+アイテム課金や、無料体験版→有料ダウンロードには積極的だが、無料パッケージ+有料アイテムには否定的)。プレミアム感のあるゲームを提供することでソーシャル勢やアップルに対抗する、という姿勢が強いですね。無論次世代機では異なる方針をとってくる可能性もあり、クラウドゲーミング戦略について注目が集まります。

ゲーム機メーカー各社にとってF2Pは悩ましい課題です。しかしF2Pに慣らされてしまったユーザーがパッケージソフトにいつまでも数千円の価格を支払ってくれるかという点は懸念されるところで、坐して待つだけでも衰退するだけ。どう付き合うかは数年後のハードメーカー各社の明暗を大きくわけそうです。


スポンサーサイト



あ~、地雷った?

DeNA経営陣が「グループスのバックグラウンド」を認識しながら優先的にモバコイン等売上を付けていた可能性が浮上

まー、元闇金アルバイトというのが実際にどこまで問題なのかは疑問ですが(現在進行形で裏とつながってはいないだろうという前提)、ソーシャルゲーム界隈に色々言いたい向きには格好の燃料ですなあ。

真っ先に上場してもおかしくない会社の割に意外とその動きが見えてこないという点や、ベンチャー社長には良くも悪くも前に出て語りがたる性格の人物が多い割にここの社長は表にあまり出てこない点など、良くいえば部下を引き立てる名君タイプであり、悪く言えばなんかあるのかね?的な風評は常にあったわけですが……。

取締役の選任及び代表取締役の異動に関するお知らせ
4月16日付で、社長が代表権を持ったままとはいえ、会長になっている事を見ると、上場に向けて表看板の付け替えという側面もあったんでしょうか。あるいはすっぱ抜きに対する備えか。別に社長でなくたって、大株主であれば、無問題でしょうしね。……いや、邪推の極みにすぎず、最大の功労者を社長に取り立てたという見方が健全なのかもしれません。

仮にただの泥団子であったにしても、投げられる事そのものが隙なのだ、という見方もあるのでしょう。

公正取引委員会に刺されたモバゲーにしてみれば、ドリランドのRMT問題で「今度はお前が刺されろ!」とグリーに向かって念じていたら、横合いから鋭いボディブローを食らった感じで、不運ですね……。脇が甘いという点では、割と天然っぽいグリーの方がうっかり地雷を踏んじゃうかなと思っていたら、コンサル出身の社長が作ったモバゲーの方が先に踏んでるのは興味深いです。

グリー側が無問題とは言いませんが、地雷の数ではモバゲー側がより多く抱えているように見えるので、ファンド周りやオークション周りで誘爆しないか、心配です。一例としては、モバゲーでアイテム入手→モバオクでRMTというコンボは最凶すぎで、モバオク側がデジタルアイテムをすぐに削除しているとしても、構造としての問題性は他SNSと比較になりません。


んー、まー、ヤバい事案というなら、すでに上場しているゲーム会社で、もっとヤバい所がありますけども……。ファミコンの頃はザル以前に、社会的にもまだまだ秩序が混沌としていたのでしょうし、90年代から2000年代中盤までも、上場に関しては緩やかでしたからねえ……。上場さえしてしまえば、あとはノーチェック気味なのもどうかと思います。

とはいえ、アジア諸国の証券市場が立ち上がってきている中で奇麗事を建てすぎれば新規上場が減っていく一方だし、オリンパスを上場廃止してない時点で奇麗ごとの正当性も失われていますよね……。米国ではクラウドファウンディング法案も通っているというのに、この状態でいいのかな、と思わなくもないですが、いかにも日本らしいなと思います。が、ずる賢い人達は、海外での上場をおこなうだけなんでしょうね。

上場しそうなSAPについては下記のコラムを参照。
上場準備が進んでいるSAPの見分け方(コラム)
さて、日本のゲーム産業の将来のためにも、集められるうちに資金を集めてもらうべく、ボンバーマンが始まらず、見事にスターをゲットしていただきたいものです。


«  | HOME |  »

2012-04

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター