Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふーん、まあ、市場はありそうですね。

全国10万人以上のカレシが「NEWラブプラス」を手に取った「ゲームソフト週間販売ランキング+」
『NEWラブプラス』が初週10万5000本と健闘してますね。前作の販売データを見てみると……
DS ラブプラス 約24.4万本(初週4.7万本)
DS ラブプラス+ 約19.1万本(初週11.9万本)
前作がアペンド的な内容だったという点は割り引くとしても、前作とほぼ同等の売上というのは、新規ユーザーは多くないが、捕まえたお客はほとんど逃してないという事で、初動率がより高くなってると見積もっても、15万本ぐらいの着地ですね。

彼女を増やすと開発費がボンっと上がってしまうでしょうけど、人数を増やさない限り、新規ユーザーを一気に増やすのは難しいでしょう。あとは「常連客」からどうやって収益を上げるか。3DSになって表現力が上がっている事もあり、開発費は当然上昇基調なわけで、収益性の確保は必須です。DLCなど、さまざまな施策が考えられますね。

ソーシャルゲーム版でも出しますか、という。今のコナミだと普通にありそうで怖いですが、現場が抵抗できるかどうかは収益性しだいでしょうね。

ソーシャルゲーム 『アイドルマスター シンデレラガールズ』 のCDシリーズが急遽発売決定!
んー、モゲマスのオリジナルアイドルのCDシングルが急遽発売決定されている事例などを見ても、コンシューマーゲームが本編という流れにこだわる事自体、クラシックなんでしょうね。ただ、まあ、コナミという会社の恋愛ゲームに対するスタンスは従来からクラシックではあるし、『ラブプラス』のユーザー層も、内容面においての大胆さはともかく、ビジネス面での大胆さはさほど望んでない印象を受けます。モゲマスほど上手くは嵌らないんだろうな、と思いますが、さて……。


他のタイトルを見ていくと、冷酷な表現をすると、『バイナリードメイン』は洋ゲー劣化にしか見えないので、わざわざ手にとって遊ぼうとは思わないでしょうし、まあこんなものでしょうか。時間をかけてじっくり良さを伝えていく他ないので、シリーズは続けてほしいものです。

『シアトリズム』は普通に10万超えそうですね。懐かしさを刺激する内容で、お手軽感もあり、いい時期に発売できてるなという印象。

まだサンプリング数としては少なすぎますが、少なくともWiiのような市場にはならない雰囲気は出てきたのでは? バブリー感のあった頃のDS市場には届かないでしょうが、後期のDS市場やGBA市場のようなイメージで投入タイトルを選別していけば、きちんと市場は存在する事が見えつつあります。ただ、開発費は上がっているし、市場リスクも増してますから、そこをDLC販売で補完できると良いよね、という。

一方で『エースコンバット』のようなPS系タイトルはなかなか苦戦している印象で、リスクを負ってまで任天堂市場に持っていく必要があるかというと、はなはだ疑問ではあります。まあ頑張って。自滅願望には興味なし。


2月22日「ニンテンドーダイレクト」主な発表内容まとめ
ニンテンドーダイレクトを見ても、「鬼トレ(仮称)」以外には特に見るべきものはありませんが、これも微妙にやっちゃった感がなあ……。それほど追い詰められたという事で。

『ファイアーエムブレム』は雰囲気を変えようという努力が随所に見られて、好感をもってます。サードパーティでこのセンスはあれだけど、FEのユーザー層や任天堂タイトルという事を考慮すれば、非常に頑張っている感じ。

任天堂・岩田社長「日経新聞は恣意的に言葉を抜き出したり事実と憶測を混ぜて書くゴシップ誌」
あと、日経にキレキレするのはわかりますが、余裕無いっすねえ。
経営者として株価にイライラするなら、もちっと発表内容を見直したら? 媚びたくないんでしょうけど、キレキレしたって、株価は上がらないよね。

岩田社長が口にした、任天堂の「没落」
この記事に腹立つのもわかるんですけどね。
任天堂が開発拠点を本社の隣に作ろうと計画した時期は、Wiiの成功時期だったはずで、起死回生の一手が開発拠点の集約化という後半の論調は、的外れの極みですし、確かに週刊誌レベル。つかその話は、日経も報じてたはずですけどねえ。自分ところの過去記事ぐらい読もうよ……。

前半の社内集会の内容のだだ漏れっぷりについては、日経はリーク元を抱える事に関しては日々地道に活動してますからねえ……。最近リークが少ないんで、害虫駆除できてたのかと思いきや……。

ま、人数も増えてるし、自分のプライドと社内でのポジションや評価が噛み合わない糞ガキってのはどうしても出てくるわけで、関係者として仕入れた知識をひけらかして、自分のプライドを維持する阿呆ってのは、どこの大企業にも珍しくありません。その程度には大企業化したってことで、組織としてはむしろ普通のこと。適度に腐敗するものさね。

とはいえ、コピーを減らせ的な「学級委員長」ちっくな発言ばかりがクローズアップされるのも、神経にはカリカリきちゃうんでしょうけど。真意が伝わらねーな的な。あの社員数、売上で、コピー代や電気代ケチっても、大した意味は無いし、まったく論理的ではなくて、気合いとか姿勢の問題ですよね。賞与にしても同様。ただ、危機感が共有できないという焦りがあるから、わかりやすい目先のメタファーを取り上げるんでしょうけど。

業界的には、中小企業的なノリがいかにも任天堂っぽいというか、山内商店が岩田商店になっただけで微笑ましさ満点です。つか、一時期ネット、特にはてな界隈で妙に誤解されてたけど、そんなに洗練された企業ではないでしょ。

1つ1つの小道具は予算も掛かってれば、最新流行を取り入れてますけど、どこまでいっても本質は京都の企業ですよね。ワールドワイドでの盤石な基盤があるだけに、世界企業としての任天堂と日本企業としての任天堂のギャップ感が相変わらず凄まじいわけですが、それも昔からといえば昔から。

500万台突破のグラフ付きプレスリリースも、必死感が漂ってますが、まあ色々な感想が出ますよね、当然

単純に思う事としては、そもそも山っ気のある連中を集めるような組織作りしてないところで、起死回生の一手を一休さん的でも、暴れはっちゃく的でも、ロマサガ的でもいいんですが、「ひらめき」を求めても仕方ないと思うんですよね。本質的に求められてるのはそれなんだけど、組織内での表層的なメッセージとしては、むしろ学級委員長、風紀委員長的な内容になっていく、というシュールな逆説性。

眼鏡でおさげの学級委員長が「もっと柔軟に、不良みたいにハッチャけなさい。でも品行方正に!廊下は走らない!」とキレキレしてるみたいな光景が浮かびます。いや、無茶だろ、それ。

アップルほど宗教的にはなれなかったし、グーグルほど世界政府にもなれなかったし、フェースブックのような無邪気さも持てなかった以上、ディズニーみたいになっちゃうんだろうな、と。ウェルメイドに生きたら、いいんじゃないかな。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2012-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。