Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微妙すぎる光景とでもいうか。

平井氏の新社長決定で、ソニー全体としては復活というか再生への大きな第一歩が見えてきましたが、PSVitaという局所戦においてはやや課題が膨らんでいますね。ただ、なかなかこれは判断に難しい……。

うーろん亭:2012年1月16日 週間販売本数
この記事の10週累計を見てわかるとおり、現時点においてPSPとPSVitaはほぼ同数であり、直近でみるとPSVitaはPSPより少し少ない数字で推移していますが、ある意味安定しているようにも見えてしまいます。

価格が大きく異なるPSPとPSVitaでは、PSPはやや年齢の低い層を狙い、PSVitaではPS3に近い層を狙っていくというのがSCEの戦略でした。その思惑自体はうまくいっているからです。思惑と違う、あるいは期待ほどではないのは、絶対的なボリュームでしょうね。

価格とソフトという課題が明確に浮き彫りになっていますが、どちらも時間の問題ではあるので、さて……。ただ、SCEの当初計画よりは前倒しで動かなければならないのも事実でしょうね。ソフトの売れ筋をみても、ローンチの中ではモンハン系の『ロード オブ アポカリプス』が粘っているし、体験版のダウンロードをみても、『ラグナロク オデッセイ』が好調な数字を積み上げており、やっぱりモンハン系が強いのね、という印象です。

体験版10万DL突破『ラグナロク オデッセイ』猛毒爬虫類の巨大モンスターとは

一方、3DSのソフト市場に目を転じると、『リズム怪盗R』が3万以上、『ラビリンスの彼方』が1万4000以上、『エースコンバット 3D クロスランブル』が2週累計で2万本以上、となっており、微妙に判断に苦しむ数字。この数字を良いという人はいないでしょうが、昨今のコンシューマーゲーム市場では悪くないようにも見えるし、さて困ったなあ……。

モンハンで3DSを買った層が他のゲーマー向けタイトルに目を向けているかというと、そうとも言い難い。少し気になるのは3DダンジョンRPGというDSで実績のあるジャンルに、美少女との冒険というキャッチーな魅力を付加した、ある意味マーケだけで企画したようなタイトル『ラビリンスの彼方』が意外と伸びてないこと。

『カグラ』の売上などから、萌え系タイトルへの期待も囁かれていたものの、まったく同じジャンルではないが、そこまで単純にマーケットを見るのは禁物のようです。少なくとも美少女ゲームメーカーがこぞってPSPから3DSへ大移動するような状況ではありません。もっとも、新規タイトルだから仕方ない気もするし、ソーシャルゲームで大成功しているコナミは露骨にコンシューマーに力を入れておらず、あまり宣伝してなかった印象も……。

うーむ。
率直にいって、ベンチマークになるタイトルに欠けます
身も蓋もないことを言ってしまうと、任天堂は『モンハン』以外のモンハン系タイトルをPS陣営から強奪にかかったほうが、サードパーティの実績を積み上げるうえでは手っとり早いでしょうね。

つってもサードパーティとしても、モンハンのポータブルシリーズがPSVitaで発表されれば、状況が一変するのも予想がつくし……、発売スケジュールを後ろにずらしながら、市況をゆっくり眺めたいというのが本音ではないか。一方、SCEとしては、当初計画をガラガラポンするような状況ではないが、全体に加速感、前倒し感は必要なのではないか。サードパーティとしても普通にPSP向けに新作、PSVita向けにそのHD版を展開する無難な作戦で十分に見えます。

任天堂対SCEという構図に限定すれば、任天堂がググッと巻き返したとは言えますが、1年前というか3DS発売前の鼻息の荒さからすれば、これぐらい当然ですしねえ。マイペースすぎるSCEに対して、任天堂が勝手にすっ転んで、勝手に泣きわめいて、大赤字を出しながらようやく本来のペースに戻っただけ、というのがこの1年間の総括でしょ。

全体として決め手に欠けますね……。3DSに全力で飛び込んでいきますよと宣言していたレベルファイブの調子が良いわけでもないし、強奪タイトル以外の成功例が……無い……。

そして空騒ぎしている間にも、スマートフォンやタブレットは着実に普及し、ソーシャルゲームは勢いを増しています。王者を王者として見るなら、イマイチ極まりないのですが、京都のゲーム専用機メーカーが健闘したという優しい視点も可能なわけで、視点によって多少見え方の変わってくる光景だなあ、と。

新規タイトルこそ未来を作るという視点に立つならば、3DSにおける『電波人間のRPG』であったり、PSVitaにおける『シェルノサージュ』あたりが光明を見出してくれるんでしょうかね……? オンライン販売の数字はすぐに表になりにくいんで、ポンっとわかりやすいベンチマークにはなってくれない予感。

さてさて……。
コンシューマー関連(?)の話題としては、mobageの『アイマス』が頭がおかしくなるほど恐ろしく儲かってるらしいという以外の明るい話題が無いのが……。コンシューマー市場にとってはむしろ暗い話題だろ、という突っ込みは無しで。やはー、困ったねえ。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2012-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。