FC2ブログ

 

Latest Entries

任天堂大勝利ぃぃぃぃぃぃっ!

ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ……っ、
という年末年始の一部ネットユーザーの雄たけびがいまだに耳に懐かしく聞こえる昨今、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

任天堂が2012年3月期の業績予想を下方修正…最終赤字が200億円から650億円に拡大
ロイターの報道によれば、「ニンテンドー3DS」の販売計画を1600万台から1400万台に、「ニンテンドーDS」を600万台から550万台に、「Wii」を1200万台から1000万台に引き下げたとのこと。

同社の発表した業績予想は、売上高6600億円(前回予想7900億円)、営業損益450億円の赤字(同10億円の黒字)、経常損益950億円の赤字(同300億円の赤字)、当期純損益650億円の赤字(同200億円の赤字)とした。

まあ予想通りというのが大方の反応でしょう。
本体に1万円つけて売っていたような売り方をして、虚構というとやや語弊がありますが、増幅された数字を積み上げてみせたところで、そこからどうやって利益を得るのかを真剣に考えなければならないはずです。

任天堂Q3の決算: とりあえず雑感
HWだけだなく、SWが激しく不振なのはそれ以上に厳しい。
以前のエントリでも述べたとおり、本ブログは、3DSは昨年の値下のタイミングで3DSはコア層をあきらめ、ターゲットをキッズ層に移したものと考えているが、もしそれが当たっているとすれば当然の帰結だといえる。

さすがに次回の決算でさらに悪化することはないように思うが、次回は来年度のガイドラインもあわせて発表しなくてはならない。ここはどう凌ぐのだろう?
3DSの1,600万台という高すぎた目標は、おそらくはWii、DSの穴を埋めるという必要性から生まれたトップダウンの目標だったと思われるが、それと同じことがWii Uでも再現されるのだろうか?

天空から落ちるという表現をすべきなのでしょうかね。
期待に応えられない企業の株価が落ちるのは当然です。アップルやグーグルのような天上にのぼり詰めるかと期待された企業も、いまや地を這う旧世代企業となり果てました。

コンシューマーゲーム業界の地盤沈下を高みから見下ろす天空のお城も、大地に墜ちれば、地盤沈下と共に一緒に沈んでいく他ありません。ビジネスモデルそのものが変化してないにもかかわらず、業界の地盤沈下に対して危機感を抱かず、天空の浮遊感に浸っていれば、後手に回るのも自然なこと。

任天堂は違う。確かに違いはある。同業他社に対して資金余裕もある。
しかし本質的には違わなかった。
その結果がこの有り様です。

コンシューマーゲーム業界という大地が沈めば、その上に浮かぶ天空のお城も沈む。自然の摂理ですが、想像力が及ばなかったのは残念でなりません。自社だけが売れればそれで良しという姿勢では立ち行かない。気づくのが遅すぎましたね。

任天堂、円高や「3DS」販売不振で初の営業赤字へ
任天堂の予想修正について、いちよし投資顧問の運用部長、秋野充成氏は「コンセンサスよりもはるかに下なのでネガティブ」との見方を示した。同氏は、ゲーム専用機をベースとするゲームカテゴリーは今後、縮小していくとみており、任天堂は新しい成長分野を見つけないと今のスケールを維持できない可能性もあると指摘した。
株価が1万円割れするかどうかはまだわかりません。その辺を最低線として買っている人達もいるでしょうから、そこが崩れると一気に売りに転じるでしょうが、まだしばらくは持ちこたえるのではないかと思います。問題はWiiUです。

アップル、時価総額で再び世界一に 終値でエクソン抜く
今やアップルと任天堂の企業価値の差は20倍以上。かつて日経にリークされた岩田社長の「次の敵はグーグルとアップル」という社内発言も、今となっては虚言にして妄言。誇大妄想に等しい。

アップルとグーグルはおろか、Amazonにさえぶち抜かれる日もあるいは……。タブレット市場はアップルの圧勝で、それに食い込める可能性があるのがAmazonのKindle Fire。次世代、あるいは次々世代には、ソニーと任天堂の携帯ゲーム機は共に、アップルどころかAmazonにさえひれ伏しているかもしれない。そんな未来さえ期待させてしまうからこその彼らの時価総額なのでしょうね。

日本を代表する企業2社がともに衰退していくのを見るのは、なんというか、とてももの悲しいですね。1つの時代の終焉というのは、ネット上において大勝利!大勝利!と叫ぶ人達の雄叫びをBGMとして聞き流しつつ、そういう悲しみに満ちた光景をありふれたものとして眺めるほかないのかもしれません。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2012-01

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター