Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強迫観念のような危機感が必要という事なのでしょう。

発売から半年も経たない段階で、4割もの大幅な値下げになった3DS。
しかし値下げによって復活したハードがどれだけあるのか。とりわけ任天堂のゲーム機であるのでしょうか。

歴史が語る真実、任天堂は値下げによってハードの失敗から立ち直れたことがない : はちま起稿
現在、多くの人が気にしているのはバーチャルボーイとの類似点です
バーチャルボーイは3DSと類似点の多い任天堂の超爆死ハードです

もう1つの証拠を見てください
任天堂はスーパーファミコンでコンソール戦争にかちました
しかし64の活気の無い販売でその地位を失いました
任天堂は複数の値下げを行いましたが、回復は無理でした

ゲームキューブでも同じでした
任天堂は決して追いつくことができないままXboxとPS2に負けました

これら両方のハードがリリース6ヶ月いないに値下げをしています
さらに追加で値下げをしましたが、延命治療としても低い働きしかしませんでした
※6か月以内というのは海外での話。

そろそろニンテンドー3DSの値下げについてひとこと言っておくか
急な対応だったのであれば、値下げ告知のテレビCMがどうなるのか気になるところだ。
NINTENDO64は25000円で発売し、9ヶ月後に16800円に値下げした。急な決定だったようで、踏切の向こう側にいる竹内結子さんが「ねえ、NINTENDO64が3月14日から(電車通過で聞こえない)になるの!」と叫び、そのあとでナレーションで価格を流すという、値下げ額未確定のうちにCM撮影を済ませるトリッキーな手法を用いた。今回もまた踏切を使ったら、個人的には手を叩いて喜べるがNINTENDO64と同じ運命を辿りそうで微妙なところ。

3DSがバーチャルボーイに被るか、Nintendo64に被るかはさておき、発売後の低調さ、ソフトラインナップ不足、短期間での大幅な値下げ(急遽、決定された)といった要素は、明るい将来を期待させるものではありません。

またDSiとDSiLLは価格据え置きになるようで、さらに利益を削るわけにはいかなかった事やDSから3DSへの買い替えを強く促したい気持ちはわかりますが……。率直にいえば、任天堂の焦りが非常に濃厚に感じ取れる拙速な施策ばかりです。この時期を選んだ理由も苦しい。
2011年7月29日(金)第1四半期決算説明会 社長説明

ソフトメーカーや流通の3DSに対する姿勢を上向かせたい、という思惑は間違ってはいません。しかしそういう事を配慮するなら、発売前にやるべきだったし、『時のオカリナ』のタイミングで万全の備えで実施すべきでしょう。ある時点までは、任天堂内部では楽天的な考え方がかなり強く残っており、そして最近になって急に考え方が変わったのでしょう。

PS VITAの価格発表が大きかったのかもしれないし、6月の『時のオカリナ』の発売後の3DSの販売結果を見て判断したのかもしれません。

あまりに遅い、遅すぎる。
けれども経営陣が一定のけじめを付けたことで、いよいよ任天堂がひさしぶりに「本気」になるのかな、というささやかな期待感も無いではありません。一方でこの数年入社してきた「任天堂ソフトは売れて当たり前」な若手達がひさしぶりの危機的状況に対して、適切な緊張感を持てるかどうか。組織全体が緊張感をもった対応をできるかどうかで、3DSにおける任天堂の「敗戦処理」の結果が変わってくるはずです。

焦って発表してしまったWiiUについても、性能や価格、機能面での見直しも必須でしょう。
そもそも3DSのラインナップが少ない状況で、のんきにWiiUを立ち上げる事が許されるのかどうか。無論、海外のビジネスを考えれば、据え置き機に事実上の空白をあけるのは大問題ですが。

現時点の売上だけを見れば、そこまで危機的だとは思えなかった、という意見もあるでしょう。しかし1年後、2年後の状況を考えれば、最大の危機と言ってもよいのです。携帯ゲーム機のトップシェアを失うリスク、据置ゲーム機のトップシェアを失うリスク、そしてコンシューマーゲーム機のハードおよびソフト市場がスマートフォンやソーシャルゲームによって縮小していくリスク。3つのリスクが顕在化しつつあります。

ある意味、ソニーのPSP参入発表時よりも大きなリスクが迫っていたのですが、タイミングが微妙にずれている上に、市場の急速な環境変化もあり、危機感を感じ取りにくいリスクだったのは確か。経営陣にとってそれは言い訳になりませんが、今回緊張感が走ったのは僥倖。

(もっとも、自省したのか、外部からのプレッシャーなのかが気になりますが。もし後者だとすれば、危機意識という点ではやはり傑出されているなと思います。冷静な分析じゃなくて、直感でしょ、たぶん。)

一番懸念されるのは、事ここに至っても、緊張感を組織全体で共有できないことですね。落ちるのがあまりに早かったために、意識改革が進むのかどうかがまだ疑問です。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2011-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。