Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつての夢、いまの現実。

ゼロ年代に軽妙な文章でコラムを綴っていたモリサワジュン氏のブログがなかなか興味深い内容になっています。相変わらず、任天堂への愛にあふれた文章が多く、3DS版『ゼビウス』は“裏”キラーソフトだとか、Wii Uが一気に解決する3つの「問題」といったコラムはぜひ一読していただきたいところです。

アンチ○○とか、アンチアンチ○○みたいな……うざったい言説行為とは無縁の、愛ある文章の数々には、文章書きとしての羨望をおぼえざるを得ません。


さて、現実にはまったく実現しなかった、少なくとも現時点ではする気配がない「夢の景色」について見てみましょう。(今回は長文の引用が多いです。)

↓は3DS発売日から2日後に書かれた文章であり、色々な意味で夢と現実の境界線上に存在するものです。ではその夢とは何か?

ニンテンドー3DSの3DボリュームをOFFにしたら、なぜかほっとした
私も発売日に入手することができたんだけど、これは本当にとてつもないゲーム機だ。歴代の携帯機のみならず、Wiiをはじめとする据え置き機も含めあらゆるノウハウを結集した「任天堂の歴史の集大成」という印象である。言っても伝わらないかもしれないが、『バーチャファイター』のデュラル、『ストリートファイターIV』のセスみたいな感じだ。

中でも外せないのが、ニンテンドー3DSの代名詞とでも言うべき裸眼立体視機能。立体でもないものが立体に見える。掛け値無しにすごい機能なのは確かである。しかし、しばらく3Dボリューム最大でゲームや3D写真を楽しんでから、ふと3DボリュームをOFFにして画面を2Dにしてみると、「物足りない」と感じると同時に、なぜか「ほっとする」のである。
すさまじい任天堂愛の一端がこの文章からもうかがい知れますし、おそらく3DS発売前までの任天堂ファンの期待感はこの水準に達していたのでしょう。

そう、性能が向上し、据置のノウハウも生かし、DSで培った圧倒的な信頼感とノウハウも投入し、サードパーティ各社の絶大な信頼とタイトルも集まり、コンシューマーゲーム機市場の「真の統合」がなされ、任天堂が生み出すさまざまなサプライズ革命によって、ゲーム機は新時代を迎え……
……
……
……るはずだったのかもしれません。その「夢の光景」からすれば、現在の3DSは「悪夢」以外の何物でもなく、現実はくそげーという一語に集約されるのかもしれません。

しかしその「夢の光景」というものは、本当にゲームを遊んでいる人達、楽しんでいる人たちが思い描く夢だったのか、それとも任天堂愛にあふれる人達が思い描いた、真っ白な輝きにつつまれた天国のような何かだった(現実には存在しえず、何の実態も無い)のでしょうか。
私が「3DボリュームをOFFにしたらほっとした」理由は、まだこの「非日常」が「日常」に溶け込んでいない、ということかもしれない。いつかそれが完全に日常の一部となったとき、「立体映像なんて慣れたらどうってことないよね」で終わってるのか、それとも「もう立体映像じゃない世界には戻れない」となるのか
現実には前者の結論で落ち着きつつあるのですが、あのタイミングであれば、まだ結論は出ていなかった、と夢想することは可能でしたね。
まずは3DSがたくさん売れることが前提ではあるけれども、世界中の人々の日常に立体映像が溶け込み、さらに3DSの強力な通信機能で人々がつながったとき、何かどえらく面白いことが起きるのかもしれないし、任天堂のロードマップにはすでにその「どえらく面白いこと」が太字で書かれているのかもしれない。

だけど、私はそれが実現するのが何だか不安だ。今でさえ生活の中にありとあらゆる「面白いこと」が蔓延し、消費しきれない「おもしろ」の在庫が山積みになっているというのに、そんな「どえらく面白いこと」を受容するゆとりが、私の人生にあるんだろうか、と思うのである。
実際には任天堂のロードマップにはそんな凄まじい何かは書かれていないし、書かれているとサードパーティ各社に信じ込ませることさえ失敗しました。ユーザー目線でも同様です。E3において、3D立体視を切って遊んでも構わないと明言されたり、本体アップデート以後、ネットワークサービスが利用できるようになって、DSiからのあまりの進歩の無さが露呈してしまいました。

任天堂はユーザーからこの「どえらく面白いこと」を期待されていることを自覚していなかったのではないか? 現在の3DSの状況を見ていると、そう疑いたくなります。そんなバカな……。それほどまでに「みんなが期待した3DS」と「現実の3DS」の落差は大きかったのです。

本体価格やローンチのラインナップ、貧弱な本体内蔵ソフト、発売日に間に合わなかったネットワークサービス、……と細々とした問題点はたくさんありますが、本質的にはこの落差の大きさを任天堂自身が甘く考えていたのが原因です。


とはいえ、タイムマシンで過去に戻るわけにもいきません。
我々の前にあるのは「みんなが期待した3DS」ではなく、「現実の3DS」なのですから。
では、それはどのような物なのか?

ついに復活した傑作『時のオカリナ 3D』。やはり3DSは「続編+3Dリメイク」なのか
ニンテンドー3DSが、任天堂がもくろんでいたほどには売れていないらしい。とはいえ、3DSの市場は立ち上がったばかりだし、まだまだ伸びしろはあるはずだとは思うけど。でも、最悪このまま3DSが伸び悩んだままだとしても、任天堂のタイトルさえちゃんと遊べれば私は十分満足ではある。セガマークIII、メガドライブ、ニンテンドウ64、ゲームキューブ……伸び悩んだまま終わったかつてのゲーム機たちに、私は本当に十分楽しませていただいた。ゲーム機が市場で伸び悩んだかどうかと、そのゲーム機がつまらないかどうかは別問題なのだ。発売から4ヵ月足らずの3DSをメガドライブと一緒くたにするのも失礼な話だけど

私は以前「3DSの3DボリュームをOFFにしたらなぜかほっとした」と書いた。3DSの裸眼立体視が本気を出すと、DSの「脳トレ」に匹敵するような画期的なインパクトを持った3DSオリジナルのソフトやサービスが登場して、私はお金と時間を浪費せざるを得なくなるんだろうなあ、と危惧していたのである。危惧って。しかし、今のところ3DSはそこまでの物にはなっていない。
この後に『スティールダイバー』と『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の話が続くのだけど、3DS向けの新作である『スティールダイバー』で「裸眼立体視の本気」が見られると期待したにもかかわらず、実際にはさほどの衝撃はなく、リメイク作品の『時のオカリナ』のほうがよほど印象的だった、というような感想がつづいています。
今回の『時のオカリナ 3D』や、3DSで先日発売された『ゼビウス』などの3Dリメイク作品には、「かつて慣れ親しんだゲームの世界を3Dで見たら、本当はこんな場所だったんだ」という、3DSオリジナルのタイトルでは実現できない静かな感動がある。これは絶対的な強みだ。

この感動は、老若男女を巻き込んでパラダイムをひっくり返した「脳トレ」のインパクトには遠く及ばないかもしれないけど、3DSでこの3Dリメイク路線が推進されていくとすれば、それはそれで面白いことになるだろうと思う。任天堂だけでなく、過去にヒットした作品の権利を持っていれば誰でも乗っかれるからだ。GBAのファミコンミニやWiiのバーチャルコンソールといったベタ移植よりもコストはかかるが、「過去の思い出が3Dでよみがえる」というのは字面の新鮮味の無さに反してかなりツブシの効く売り文句になりえる。

任天堂は、DS時代の「脳トレ」並みの画期的なムーブメントを3DSでは起こせないかもしれない。でも、「『スーパーマリオ』『マリオカート』といった人気シリーズの続編に加えて、過去の名作の3Dリメイク版もあわせて楽しめるのがニンテンドー3DSです」という謳い文句は、ベタ中のベタかもしれないけどかなり座りがいいし、いろんな世代にもアピールできそうだ。
この「静かな感動」がわかるのは、おっさんゲーマーだけ、という点が非常に狭いし、それではPSPをメインに遊んでいるユーザーはまったく説得できない(だって彼らは若いのだから)のですが、「現実の3DS」はまさにこういうポジションに落ち着きつつあります。

PSPマーケットからユーザーを奪うタイトルを、任天堂自身が作る気は無いことはすでに露呈していますし、Wiiの後半での自称ゲーマー向けタイトルの末路をみれば、PSフォーマットからお客を奪うタイトルを作り、プロデュースする能力が無いことも明らかです。その割にサードパーティ各社との握りがあんな感じだったのは、本当に意味不明で、「ディスク媒体にすれば、自然とサードパーティが戻ってくる」と無邪気に夢想していたゲームキューブ時代と被るのですが……。

しかし3DSは良くも悪くも世に出てしまい、結果も固まってきたのですが、Wii Uは……。一番問題なのはWii Uにおいては、3DSの発売前のような幻想夢さえ生み出せていない事でしょう。妄想たくましく、信仰心に富んだ方達であっても、そこにお花畑な天国極楽パラダイスをイメージできないのだとしたら、それはあまりに残酷です。少なくとも、いい夢ぐらいは見させてあげてほしいものです。


スポンサーサイト

さあ、勝負はこれからだ、3DSの大反撃がはじまるぞ(棒

ぶらぼおおおぉぉぉぉぉーーーーーーっ!
【12週ぶり】3DSが週販でPSPに勝利、『ダボ戦』16万6000本、『ゼルダ』16万4000本、『だーりん』3万本

『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』が初週16万本売れて、ファミ通集計では僅差の1位、メディアクリエイト集計では僅差の2位となりました。今をときめくPSPで発売されたレベルファイブの期待の新作『ダンボール戦機』と激戦を繰り広げた事実に素直な賞賛を送りたいですね。

そしてハード本体も週間4万台以上、PSPの3万1000台を上回り、まさにキィィラァァァァタァイトォォォルゥゥゥの貫録を示しましたね。来週以降どうなるかなんて考える必要はなく、このひさしぶりの大勝利にまずは惜しみない拍手を捧げたいものです。

ごぉぉぉぉっど、げぇぇぇぇむぅぅ万歳!
まさにそのような温かい気持ちになれる結果だと思います。

ゲーマー層とサードパーティ各社がVITAへの期待感を高める中、そうした世界とは無縁の領域にて、熱狂的な人たちがささやかな信仰心を示した。美しい光景ではないでしょうか。

「覇権」とか「DSを継ぐもの」とか、そういう概念とは無縁の荒野をマイペースで突き進んでいただきたいものです。


«  | HOME |  »

2011-06

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。