Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつての夢、いまの現実。

ゼロ年代に軽妙な文章でコラムを綴っていたモリサワジュン氏のブログがなかなか興味深い内容になっています。相変わらず、任天堂への愛にあふれた文章が多く、3DS版『ゼビウス』は“裏”キラーソフトだとか、Wii Uが一気に解決する3つの「問題」といったコラムはぜひ一読していただきたいところです。

アンチ○○とか、アンチアンチ○○みたいな……うざったい言説行為とは無縁の、愛ある文章の数々には、文章書きとしての羨望をおぼえざるを得ません。


さて、現実にはまったく実現しなかった、少なくとも現時点ではする気配がない「夢の景色」について見てみましょう。(今回は長文の引用が多いです。)

↓は3DS発売日から2日後に書かれた文章であり、色々な意味で夢と現実の境界線上に存在するものです。ではその夢とは何か?

ニンテンドー3DSの3DボリュームをOFFにしたら、なぜかほっとした
私も発売日に入手することができたんだけど、これは本当にとてつもないゲーム機だ。歴代の携帯機のみならず、Wiiをはじめとする据え置き機も含めあらゆるノウハウを結集した「任天堂の歴史の集大成」という印象である。言っても伝わらないかもしれないが、『バーチャファイター』のデュラル、『ストリートファイターIV』のセスみたいな感じだ。

中でも外せないのが、ニンテンドー3DSの代名詞とでも言うべき裸眼立体視機能。立体でもないものが立体に見える。掛け値無しにすごい機能なのは確かである。しかし、しばらく3Dボリューム最大でゲームや3D写真を楽しんでから、ふと3DボリュームをOFFにして画面を2Dにしてみると、「物足りない」と感じると同時に、なぜか「ほっとする」のである。
すさまじい任天堂愛の一端がこの文章からもうかがい知れますし、おそらく3DS発売前までの任天堂ファンの期待感はこの水準に達していたのでしょう。

そう、性能が向上し、据置のノウハウも生かし、DSで培った圧倒的な信頼感とノウハウも投入し、サードパーティ各社の絶大な信頼とタイトルも集まり、コンシューマーゲーム機市場の「真の統合」がなされ、任天堂が生み出すさまざまなサプライズ革命によって、ゲーム機は新時代を迎え……
……
……
……るはずだったのかもしれません。その「夢の光景」からすれば、現在の3DSは「悪夢」以外の何物でもなく、現実はくそげーという一語に集約されるのかもしれません。

しかしその「夢の光景」というものは、本当にゲームを遊んでいる人達、楽しんでいる人たちが思い描く夢だったのか、それとも任天堂愛にあふれる人達が思い描いた、真っ白な輝きにつつまれた天国のような何かだった(現実には存在しえず、何の実態も無い)のでしょうか。
私が「3DボリュームをOFFにしたらほっとした」理由は、まだこの「非日常」が「日常」に溶け込んでいない、ということかもしれない。いつかそれが完全に日常の一部となったとき、「立体映像なんて慣れたらどうってことないよね」で終わってるのか、それとも「もう立体映像じゃない世界には戻れない」となるのか
現実には前者の結論で落ち着きつつあるのですが、あのタイミングであれば、まだ結論は出ていなかった、と夢想することは可能でしたね。
まずは3DSがたくさん売れることが前提ではあるけれども、世界中の人々の日常に立体映像が溶け込み、さらに3DSの強力な通信機能で人々がつながったとき、何かどえらく面白いことが起きるのかもしれないし、任天堂のロードマップにはすでにその「どえらく面白いこと」が太字で書かれているのかもしれない。

だけど、私はそれが実現するのが何だか不安だ。今でさえ生活の中にありとあらゆる「面白いこと」が蔓延し、消費しきれない「おもしろ」の在庫が山積みになっているというのに、そんな「どえらく面白いこと」を受容するゆとりが、私の人生にあるんだろうか、と思うのである。
実際には任天堂のロードマップにはそんな凄まじい何かは書かれていないし、書かれているとサードパーティ各社に信じ込ませることさえ失敗しました。ユーザー目線でも同様です。E3において、3D立体視を切って遊んでも構わないと明言されたり、本体アップデート以後、ネットワークサービスが利用できるようになって、DSiからのあまりの進歩の無さが露呈してしまいました。

任天堂はユーザーからこの「どえらく面白いこと」を期待されていることを自覚していなかったのではないか? 現在の3DSの状況を見ていると、そう疑いたくなります。そんなバカな……。それほどまでに「みんなが期待した3DS」と「現実の3DS」の落差は大きかったのです。

本体価格やローンチのラインナップ、貧弱な本体内蔵ソフト、発売日に間に合わなかったネットワークサービス、……と細々とした問題点はたくさんありますが、本質的にはこの落差の大きさを任天堂自身が甘く考えていたのが原因です。


とはいえ、タイムマシンで過去に戻るわけにもいきません。
我々の前にあるのは「みんなが期待した3DS」ではなく、「現実の3DS」なのですから。
では、それはどのような物なのか?

ついに復活した傑作『時のオカリナ 3D』。やはり3DSは「続編+3Dリメイク」なのか
ニンテンドー3DSが、任天堂がもくろんでいたほどには売れていないらしい。とはいえ、3DSの市場は立ち上がったばかりだし、まだまだ伸びしろはあるはずだとは思うけど。でも、最悪このまま3DSが伸び悩んだままだとしても、任天堂のタイトルさえちゃんと遊べれば私は十分満足ではある。セガマークIII、メガドライブ、ニンテンドウ64、ゲームキューブ……伸び悩んだまま終わったかつてのゲーム機たちに、私は本当に十分楽しませていただいた。ゲーム機が市場で伸び悩んだかどうかと、そのゲーム機がつまらないかどうかは別問題なのだ。発売から4ヵ月足らずの3DSをメガドライブと一緒くたにするのも失礼な話だけど

私は以前「3DSの3DボリュームをOFFにしたらなぜかほっとした」と書いた。3DSの裸眼立体視が本気を出すと、DSの「脳トレ」に匹敵するような画期的なインパクトを持った3DSオリジナルのソフトやサービスが登場して、私はお金と時間を浪費せざるを得なくなるんだろうなあ、と危惧していたのである。危惧って。しかし、今のところ3DSはそこまでの物にはなっていない。
この後に『スティールダイバー』と『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の話が続くのだけど、3DS向けの新作である『スティールダイバー』で「裸眼立体視の本気」が見られると期待したにもかかわらず、実際にはさほどの衝撃はなく、リメイク作品の『時のオカリナ』のほうがよほど印象的だった、というような感想がつづいています。
今回の『時のオカリナ 3D』や、3DSで先日発売された『ゼビウス』などの3Dリメイク作品には、「かつて慣れ親しんだゲームの世界を3Dで見たら、本当はこんな場所だったんだ」という、3DSオリジナルのタイトルでは実現できない静かな感動がある。これは絶対的な強みだ。

この感動は、老若男女を巻き込んでパラダイムをひっくり返した「脳トレ」のインパクトには遠く及ばないかもしれないけど、3DSでこの3Dリメイク路線が推進されていくとすれば、それはそれで面白いことになるだろうと思う。任天堂だけでなく、過去にヒットした作品の権利を持っていれば誰でも乗っかれるからだ。GBAのファミコンミニやWiiのバーチャルコンソールといったベタ移植よりもコストはかかるが、「過去の思い出が3Dでよみがえる」というのは字面の新鮮味の無さに反してかなりツブシの効く売り文句になりえる。

任天堂は、DS時代の「脳トレ」並みの画期的なムーブメントを3DSでは起こせないかもしれない。でも、「『スーパーマリオ』『マリオカート』といった人気シリーズの続編に加えて、過去の名作の3Dリメイク版もあわせて楽しめるのがニンテンドー3DSです」という謳い文句は、ベタ中のベタかもしれないけどかなり座りがいいし、いろんな世代にもアピールできそうだ。
この「静かな感動」がわかるのは、おっさんゲーマーだけ、という点が非常に狭いし、それではPSPをメインに遊んでいるユーザーはまったく説得できない(だって彼らは若いのだから)のですが、「現実の3DS」はまさにこういうポジションに落ち着きつつあります。

PSPマーケットからユーザーを奪うタイトルを、任天堂自身が作る気は無いことはすでに露呈していますし、Wiiの後半での自称ゲーマー向けタイトルの末路をみれば、PSフォーマットからお客を奪うタイトルを作り、プロデュースする能力が無いことも明らかです。その割にサードパーティ各社との握りがあんな感じだったのは、本当に意味不明で、「ディスク媒体にすれば、自然とサードパーティが戻ってくる」と無邪気に夢想していたゲームキューブ時代と被るのですが……。

しかし3DSは良くも悪くも世に出てしまい、結果も固まってきたのですが、Wii Uは……。一番問題なのはWii Uにおいては、3DSの発売前のような幻想夢さえ生み出せていない事でしょう。妄想たくましく、信仰心に富んだ方達であっても、そこにお花畑な天国極楽パラダイスをイメージできないのだとしたら、それはあまりに残酷です。少なくとも、いい夢ぐらいは見させてあげてほしいものです。


スポンサーサイト

さあ、勝負はこれからだ、3DSの大反撃がはじまるぞ(棒

ぶらぼおおおぉぉぉぉぉーーーーーーっ!
【12週ぶり】3DSが週販でPSPに勝利、『ダボ戦』16万6000本、『ゼルダ』16万4000本、『だーりん』3万本

『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』が初週16万本売れて、ファミ通集計では僅差の1位、メディアクリエイト集計では僅差の2位となりました。今をときめくPSPで発売されたレベルファイブの期待の新作『ダンボール戦機』と激戦を繰り広げた事実に素直な賞賛を送りたいですね。

そしてハード本体も週間4万台以上、PSPの3万1000台を上回り、まさにキィィラァァァァタァイトォォォルゥゥゥの貫録を示しましたね。来週以降どうなるかなんて考える必要はなく、このひさしぶりの大勝利にまずは惜しみない拍手を捧げたいものです。

ごぉぉぉぉっど、げぇぇぇぇむぅぅ万歳!
まさにそのような温かい気持ちになれる結果だと思います。

ゲーマー層とサードパーティ各社がVITAへの期待感を高める中、そうした世界とは無縁の領域にて、熱狂的な人たちがささやかな信仰心を示した。美しい光景ではないでしょうか。

「覇権」とか「DSを継ぐもの」とか、そういう概念とは無縁の荒野をマイペースで突き進んでいただきたいものです。


結局同じ落とし穴にハマったね? フェードアウトしつつある任天堂業界

任天堂の株価が低迷しています。
多少の上下動はあるにせよ、近年のDS&Wiiバブルより以前の値に戻っており、任天堂は勝ち組ではなくなった、という判断がハッキリ下された形になります。

任天堂をそこまで追い込んだのは、3つの要因があります。

  1)3DSの低迷による携帯ゲーム機での普及台数ベースの縮小への懸念
  2)Wii Uの展望の悪さにもとづく据置ゲーム機での普及台数ベースの縮小への懸念
  3)無料+アイテム課金型のソーシャルゲームの浸透やスマートフォンの普及といった環境変化への対応ができていない事への不安感


3DSの低迷とWii Uの未熟な発表内容はもはや「自爆」という他ありませんが、それ以上に不安視されているのは実は3番目の将来的なリスク要因の高まりでしょう。任天堂はSNSとの連携などが最も遅れており、無料ゲームも含めたビジネスモデルを許容しているSCEと比べて、ビジネスモデルの変化にも適応が遅く、「時代遅れ」感が濃厚に際立っています。

かつてROMカートリッジのビジネスモデルに固執した任天堂は、ディスク媒体への切り替えとSCEの流通改革によって、ビジネスモデルが変化した際、大きくシェアを失いました。その後、任天堂は『ポケモン』のヒットや携帯ゲーム機市場の伸長にともなって、生き延び、逆に大きな成長を遂げるに至ります。しかし実は据え置きゲーム機のシェアでは、SCEへの敗北以後、一度も勝ち切れていないんですよね……。Wiiでさえ、みなさんご存知の結果になってしまいました。


今度の「敗北」もまた、ビジネスモデルの変化によるものです。パッケージビジネスからオンラインへ、そして有料パッケージから無料ゲームへの大転換が進む中、任天堂はやはり古いビジネスモデルに固執し、やはりサードパーティから見放されて、やはりシェアを失っていく。15年以上前の繰り返しが今起きつつあります。

DeNAとレベルファイブが包括的業務提携 第1弾「レイトン教授ロワイヤル」
無料ゲームを否定していたレベルファイブも、通称”勝ち馬ジョッキー”の異名どおり、DeNAと提携。月商10億を超える「ロワイアル」と「レイトン」がタッグを組めば、3DS版など最初から作る必要がなかったといえるほどの売上を生み出すかもしれませんね。

プラットフォームホルダー自らが宗教的な信念をもって、新しいビジネスモデルを否定し続ければ、”腹心”的な存在だったサードパーティまで、自らの判断で動き出す。むろん任天堂プラットフォームから撤退したわけではないし、1つの可能性の模索にすぎないわけですが、15年ほど前のスクウェアの離反劇が一瞬頭をよぎったのは僕だけかな?



任天堂はそれから15年経っても、いまだにファミコンとスーファミの栄光を取り戻せていません。
では今度は何を失って、永久に取り戻せなくなってしまうのでしょうか? そしてあの当時は、いわば横井軍平氏が会社に残した「遺産」とでもいうべき、ゲームボーイシリーズ=携帯ゲーム機のマーケットが残されていましたが、今回任天堂には何が残るのでしょう?

パッケージビジネスがこれから5年、10年かけて、徹底的に、そう、完膚なきまでに徹底的に食い荒らされ尽くす一方で、任天堂はどのような「未来」を育て上げていくのでしょうか? 何かあるんでしょうか? どこにも見当たりませんが……。恐ろしいのはそこなんですよね。

こう言っちゃなんですけど、今の任天堂って、「非主流派」が存在する余地がほとんどないでしょう?
以前から指摘していることですが、最適化されすぎているんですよ。最適化されているという事はある特定の環境下でパフォーマンスを発揮するという事にすぎず、環境変化に脆弱になるという事なんです。この2年ほどの任天堂の急激な失墜がいい証拠です。

確かにDS&Wii路線が絶頂だった時には、ソフトにおける岩田=宮本体制は圧倒的で絶対的だったかもしれません。でもそれって、実は多様性が無いって事の裏返しにすぎなかったわけです。偉い人たち同士が同じ方向をむいて、仲良くやるのは、そりゃすごく良いことですよ。でもまー、多様性は無くなっちゃうよね。今の任天堂の片隅で、無料ゲームを勝手に始めちゃうような輩、存在しないでしょ? トップが宗教的な熱心さであれほど無料ゲームを否定するのだから。


僕はけっこう手厳しい人間だけれども、唯一、近年の任天堂の施策を誉めたのが「うごメモ」ですよね。あれはさ、多様性を増す方向の判断だから、評価したわけですよ。すごくお金をもった企業に集まったすごく優秀な人たちがものすごい勢いで自己最適化を繰り返して、ものすごい勢いで多様性を喪失しているのが明らかな中、ああいう「道楽」みたいな事を堂々とやってしまうのは貴重なんですよ。

3DSも、Wii Uも、すごく優秀な人たちがものすごく熱心に考えて出した回答なんだろうな、と傍から見てて思うんですが、だからこそ敗北しつつあるんだろうな、とも思います。まー、ソニーぐらい大規模な組織になると、最適化したくたってできないから、自然と分散、多様化されるんでしょうが、任天堂ぐらいの世界で数千人程度の社員数だと、最適化されてしまい得るから、経営陣が多様化を意識して、異分子を許容していかないと、環境変化に対して容易に脆弱になるんでしょうね。

任天堂が自己最適化しすぎて自滅するのは予想の範囲だったけど、ここまで時期が早まったのは、世の中の環境変化が意外と早かったからです。DS&Wiiの最盛期のポジションまで返り咲くのに、あと何年かかるのやら。いや、永久に返り咲けない、なんて事には、さすがにならないでほしいものですが……。

今のうちに多様性を担保できる組織になるかどうか。その点だけは期待したいものですが、岩田社長の政権が続く間は望み薄ですかねえ……。プログラムじゃないんだから、組織は最適化しすぎちゃいかんと思いますよ、ほんと。


う~~~~ん・・・・・・・・。

異色な内容でも人気は変わらず。「龍が如く OF THE END」で約30万人がゾンビを撃ちまくった「ゲームソフト週間販売ランキング」
先週の売上が出ましたが、いまだに3DSはPSPに負けているんですね……。スピンアウトとはいえ、『バイオハザード』を投入しても、この有り様。マーケットは完全に冷え込んでますね。

北米で3DSの月間売上が10万台を切る。海外でもPSPと争うレベルに…
恐ろしいことに北米でも低調で、40万台→19万4000台→9万7000台とすさまじい勢いで落ち込んでいます。3DSの失敗は、震災が起き、PSPが強い日本市場だけの特異な現象ではなく、本体と初期ソフトに魅力が乏しく、割高感がある、というユーザーからの冷静な評価によるものです。


う~~~~ん・・・・・・・・。
任天堂の人達には、改めて訊いてみたいものです。
本当にこれが売れると思っていたんですか、と。

「社長が訊く」などで和気あいあいと語られている内容を読むにつれて、世間と任天堂の大きなズレを感じざるを得ません。DSiやDSiLLの頃から少しずつズレていったのでしょうが、当時はまだDSの勢いが続いていましたから、それが表面化していなかっただけなのでしょう。

当たってしまうと冷静な自己評価ができなくなるのは仕方ありませんが、耳に痛いことを言ってくれる人達は周囲にいなかったのでしょうか? 内部に疑問の声はなかったのか? ヒットした後も、アップル的な新商品を出し続けられたアップルと比べると、組織文化、開発文化の醸成、そして特定のタレントに依存しすぎない客観的な組織運営という点で、大きな格差があった事が伺えます。ここまで器が違ったとは・・・・。

そもそも任天堂の言う「前評判の高さ」って、いったいどこの誰が言ったものなんでしょうか?
任天堂の出す物は次もまたきっと大きなヒットを生むに違いないと思っていた人達が、世の中の時流に乗っている風に見せかけたくて無責任に追従しただけに思えるのですが。

僕は、発売前の時点で感じた事として、疑問を抱いている業界人はハッキリと多くいたと思います。ただ、やはりDSという前例があると、自信をもってこれではいけない!と言う人はほとんどいませんでした。


そしてWii Uが悲惨なのは、3DSに対する冷静な評価が出そろった頃には、すでに計画が引き返せない所まで進んでいたことです。「3DSが不調だからこのタイミングで慌てて出した」という誤った印象を与えてしまいます。また3DSにおける失策をフィードバックして、Wii Uに活かすこともできなかった。だから連鎖的にコケてしまう。

2012年にWii Uを出す根拠って何も無いんですよね。単にWiiが落ち込んだから、ゲーム機のサイクルの中で出さざるを得ないタイミングだって事にすぎない。ゲーム機のライフサイクルが1年、2年長くなることはありますけど、基本的にはサイクルの中で物を作ること、新商品を考えることに慣れきっていて、締切が来たから仕方なく出した、以上のものがなく、魅力の無いものを作ってしまう。ある意味、とても余裕の無いことをやっている。


2011 E3 Expo アナリスト Q&A セッション 質疑応答
オンライン戦略についても具体的なことは発表できないようで、「フレキシブル」などと適当な言葉が飛び出す時点で、迷走感が窺い知れます。フレキシブル、フレキシブルねえ・・・・失笑しちゃいますね。

XBOX LIVEのように最低限遵守する項目をカッチリと多く設定し、ビジネスモデルもがっちり縛る方針か、PSNのように守らなければならない項目は少なめで、各社のビジネスモデルにあわせて調整していく方針か、という違いでしょうか。ただ、PSNがああなのは、単にXBOX LIVEを後からパクったから、後付だから、ってのも要因でしょう。その辺わかってて、この発言なんでしょうか?

技術的にいえば、ボイスチャット等の諸機能はライブラリ群とサンプルコード群でサポートし、アプリ実装者が頑張ってください、本体システムでは提供しませんという事になるんですかねえ? うわ、最悪ですね。実装力が無い後発が、後付けで機能を徐々に足していくケースでの、典型的な駄目パターン。オンラインというのはインフラに近いものですから、ゲームごとにユーザー体験が異なるというのは最悪です。

そもそもフレキシブルと言っても、ビジネスモデルはどうせガチガチなんでしょう? 無料+アイテム課金なんて、どうせなかなか許さない。それって、マイクロソフトの頑なさとSCEの後付けオンラインサービスという、2社の悪いトコ取りになりそうですよね・・・・。

実際どうなるかは知りませんが、悪い予感だけですね。
何気ない発言1つで、そこまで見透かされちゃうんですよ。

誰が作っても同じような処理、機能は、本体システム側に実装するというのが昨今のトレンドですよね。うーん、任天堂の本体システムの技術力、実装力の低さは致命的で、Wii以降のすべてのゲーム機でオンラインサービスの品質が低い、大きな要因になっています。技術屋のシステムアーキテクトを入れて、最低限の機能をきちんと快適に動かす設計をおこなわなければ、他社に追いつくなど、夢のまた夢でしょう。プロセッサだけ少々早くすればよい、というものではありません。

え、感想が厳しすぎ?
だって他の2社はとっくに実現してる事ですからね。厳しいのは当たり前でしょう。

あえて1点、評価するなら、「ソーシャルネットワークサービス上のソーシャルグラフを、ゲームプラットフォームがどのように活用するのかを考える時代」という発言でしょうか。こんなん、とっくの昔に当たり前な気もしますが、最悪、Wii Uの次の世代までは考え方が変わらない可能性もありました。2世代続けて負ける可能性は下がったかな?


そして振り出しに戻る。

任天堂株の没落が止まらない・・・とうとうDS発売前の水準まで・・・
うーん、任天堂株の下落が続いて、ついにDS発売前の水準に戻ってしまったようです。企業価値が大きく下がったというか、ただの過大評価だったことに多くの人が気づいたというか・・・・。これ、要するに任天堂がDSやWiiで拡大したマーケットを失うという予想が強まっているわけです。

3DSは失速し、DSほどの普及台数はもはや夢また夢の世界。GBAの規模に届くかどうかも微妙な気配さえ出ています。Wiiの後継機であるWii Uはゲームファンの支持を得られたとは言い難く、せっかくのE3発表も、むしろ株価を下げる最後のとどめになりました。発表されてしまえば、無限の可能性は有限に絞り込まれ、一発逆転の夢想も凋落の現実に変わります。

実際の所、任天堂もまさかWii Uが本当に強い支持を得るとは思っていないでしょう。DSやWiiほどの革新性は無く、Wiiをより完成させるといえば聞こえはいいですが、Wiiよりもわかりにくく、一式揃えるのが大変な複雑さがあります。

その自称「利点」を振り返ってみましょう。
  • 大画面とコントローラの液晶の2画面を両方見るのは厳しいでしょう。
  • 「チェイスMii」のような遊びは『パックマンVS』で提示されていますが、3DSが複数台あれば、別にそれで構わないですよね。1台だけ表示の仕方を変えればいいだけですから。
  • 家族がテレビを観ている間、コントローラの液晶画面で遊ぶなら、最初からVITAで遊んだ方が楽です。
  • テレビで観ているWebサイトを、手元のコントローラの液晶画面でズームするなら、最初からiPadでWebサイトを見た方がよほど快適です。
  • 唯一、WiiFitやWiiSportsのようなタイトルがより便利に、より楽しくなるのかもしれません。


最後の1点を除いて、Wii Uなんて構造を使うより、他の手段のほうがずっと快適に思えます。なんでこんな不便な構造を強いられるのか。それって据置ゲーム機のビジネスを捨てたくない「任天堂の都合」だけですよね?

それがあまりに見え透いちゃってるから、みんな白けちゃう。据置ゲームのビジネス規模がまだまだ大きい欧米では、「据置ゲーム機」というビジネスを維持したいという業界人が多いから、多少の支持は得られるでしょう。けれども日本のように、すでに「据置ゲーム機」のビジネスにこだわる必要が薄い地域では、違った反応になりますよね。

以前も書きましたが、任天堂は過去のビジネスモデルに固執しすぎです。その結果、新しい市場を生み出せず、携帯機と据置機の両方で大きく後退しようとしています。任天堂はゲーム機メーカーであるのかもしれませんが、据置ゲーム機メーカーでも、携帯ゲーム機メーカーでもない、と思います。そういう小さな事にアイデンティティがあるのではない。

アップルがiOS 5.0で新しい生活を提案していたのに比べて、3DSの提案、Wii Uの提案はあまりに差分が無さすぎます。テレビを付けなくても、すぐに情報が見られるサブ画面といっても、いったい何を見るんでしょうか。Wiiチャンネル? まさか! まさかサブ画面さえあれば、あのWiiチャンネルが成功していたなどと、考えているのでしょうか。

それはなかなか素敵なジョークだと思います。そもそも任天堂にはWii Uのようなゲーム機を活かすようなネットワークサービスを生み出す企画力も開発力も無いでしょう。かといってオープンプラットフォーム化する気概も無い。結局、既存の「据置ゲーム機」のビジネスをどう維持するか、以上の志がまったく見えません


今やコンシューマーゲーム業界は、スマートフォンやソーシャルゲームの台頭により、そしてパッケージゲーム市場の疲弊にともない、業界全体が最大の危機を迎えつつあります。パッケージゲームにおいて世界最強の企業である任天堂にとっては、まだその危機は遠いのかもしれませんが、多くのソフトメーカーにとってその危機は現在形であり、その現状に適応した1つの解答がVITAです。

コンシューマーゲームで培ったノウハウとマーケットを生かしながら、パッケージ、パッケージ+アイテム課金、無料+アイテム課金といったさまざまなビジネスモデルにチャレンジできる、「次」を生み出すプラットフォーム。「過去」を守ることにのみ特化した、奇妙な構造のハードとは大きく異なります。

国内のコンシューマーゲーム業界においては、次はVITAが当確です。任天堂のファーストパーティタイトルが『脳トレ』クラスのレジェンドな売上を達成してみせれば、状況は変わり得ますが、その可能性は低いでしょう。サードパーティ各社の投票はすでに終わっており、総選挙の結果は出ているのです。

ではWii Uはどうか?
Wiiは消えますが、Wii Uはわからない。しかし任天堂は恐るべき錯覚を抱いています。HD性能さえ実現すれば、ゲーマー層が任天堂ハードに戻ってくると信じているのです。素晴らしいジョーク。

「Devil's Third」クリエイター板垣伴信氏インタビュー
そういうことでは決めません。1番大事なのはお客さんです。僕のゲームは非常にバイオレントなので。Wii Uは裾野が広いかどうかです。ハードコアゲーマーもいる状況かどうかというのはマシンの性能で決まるわけではないです。メタな要因がたくさんあるんですよ。
そう、メタな要素がたくさんあります。HD性能に追いついた程度で、岩田社長が「心理的な壁」などと軽く見た壁はなかなか壊せないでしょう。そもそも論で、PS3やXbox360と似たような性能のハードを何故今さら買う必要があるのでしょうか。ブルーレイが見られず、torneのような生活を豊かにする別売ハードも無いのに。ジョークもここに極まれり。

ライトユーザーとコアゲーマーの両方を失い、任天堂ファンとファミリー層にのみ支持されるプラットフォームになる。多くの人がそういう未来を予想し、日増しに確定していくのです。

・・・・ああ、それにしたって、ここまで、ここまで、ここまで自滅してみせるとは! ちょっと信じられないよなあ、ホント。落ち込むだろうとは思ってたが、さすがにこのレベルで落ち込むとは思わなかったし、こんなに早いとも思わなかった。予想より2年以上早く、予想の倍以上の酷さで、自滅しましたね。ショックだわ~・・・・。


歴史の流れは変わらず。任天堂陣営はますます劣勢へ?

今年のE3は非常に大きな歴史的分岐点になるかもしれませんね。

まずSCEのPS VITAが大変アグレッシブな価格を設定してきたこと。3GモデルとWifiモデルの2種類を出し、Wifiモデルに至っては3DSより安い2万4980円。割高感のあった3DSに対して痛烈な一撃であり、3DSとガチンコ勝負をしていく姿勢が鮮明になりました。

PSPが売れなかった欧米においてはどうなるか不透明ですが、3DSが失速し、PSPが好調な日本においては3DSに「とどめに近い一撃」を早くも食らわせたように見えます。ハード販売が伸びず、ソフト販売も低調な状況が続いており、意気込んで参入した各社にとっては手痛い状況。その横でPSPが絶好調、そしてVITAが期待感を集めているとなれば、どう動くかは子供でもわかります。

国内のサードパーティ市場という点ではVITA優勢という結論が固まりつつあります。3DSは任天堂製のゲームを買う人達ばかりのマーケットで終わる可能性が高まっていますね。E3で出てきた発表内容を見ても、その予想をくつがえす材料は1つもありません。


では据置ゲーム機はどうか。
「Wii U」に関しては、海外では一定の再評価が見込めるでしょう。マルチプラットフォーム展開を好む海外パブリッシャーにとって、Xbox360やPS3並みの性能はありがたい話で、今後2~3年のビジネスを考える上では歓迎でしょう。Xbox360の次世代機やPS4が出てきたら、またまた性能差が開いてしまうという問題はありますが。

しかし国内ではタチの悪いジョーク以上の物ではありません。PS3を持っているユーザーがWii Uを購入する理由がまったく見えませんし、Wii所有者の何人がWii Uにつき合うかも不透明。新型コントローラも明らかに重く、あれで従来のゲームを長時間遊び続けるのはシンドイでしょう。

5年かかってPS3とXbox360の水準に追いつくという程度では、ゲーマーが購入する理由がありません。サブ画面もゲーマーにとってうれしい要素とは言い難い。E3というお祭りの中では、任天堂の作り上げたデモを見て、ちょっと期待感を高めた人もいらっしゃるかもしれませんが、一晩明けて冷静に見直してみると、あの昂奮はなんだったんだろうか、と不思議な気持ちになるのが普通でしょう。

[E3 2011]結局,あのコントローラを使ってどんな遊びができるのか。Wii Uのサンプルゲームをプレイして感じたこと
展示デモをプレイした記者の感想を読んでも、現時点ではデモレベルを越えた遊びは提示できておらず、具体的なタイトルもほとんど見えず、期待感の抱きようがありません。


そういった状況を冷静に見て、アナリスト達も任天堂を低評価し始めています。株式市場は本当に素直に反応しました。

任天堂(7974) 3DS・WiiUともに現行策ではライトユーザーの回帰が見え難い。
UBS証券は6月9日付けで、任天堂(7974)の投資判断を「Buy」→「Neutral」へと引き下げ、目標株価も31,000円→18,000円へと減額修正した。
任天堂はファン層以外のゲーマー層を逃し、カジュアルユーザーも逃す確度が上がっており、ゲームキューブに毛の生えた程度の売上でとどまる可能性さえ感じられます。少なくとも国内の業界人であれば、任天堂劣勢、あるいは任天堂敗退という言葉が浮かんだ人も少なくないでしょう。

最大の特徴であったライトユーザー市場を築けない時点で、サードパーティには魅力がありません。仮に岩田社長が言うように、コアゲーマーが「心理的要因」により任天堂ハードで遊んでいないのだとしたら、HD性能で追いついたぐらいで、PS3やXbox360を捨ててWii Uに殺到する理由は皆無です。

なんだかゲームキューブみたいですよね。「やあやあサードパーティの皆々さん、前回はROMカートリッジでちょっと厳しかったですかね? PSのように光ディスクになりましたよ。どうぞどうぞ、戻ってきてください。歓迎しますよ・・・・あれ~ぇ。おかしいな? ほとんど誰も戻ってこ・な・い・ぞ・・・・」みたいなあの当時の任天堂を思い出します。

「やあやあサードパーティの皆々さん、前回はSD性能でちょっと厳しかったですかね? はっはっは、不思議な人達がSD万歳などと言ってましたが、私達も本当はわかってたんですよ。ゲームは解像度が上がってよりリッチに、より楽しくなるのです。うちもついにPS3のようにHDになりましたよ。どうぞどうぞ、戻ってきてください。歓迎しますよ・・・・あれ~ぇ。おかしいな? ほとんど誰も戻ってこ・な・い・ぞ・・・・」

いやはや、本当にこの10年はなんだったんだろう、と思います。迷走ここに極まれり。10年越しのジョークに脱帽。

任天堂業界の衰退スピードが異常な件

いよいよE3が迫ってきましたね。

ゲームファンにとって一番気になるのはなんと言ってもNGPでしょう。ラインナップ、発売時期、本体価格など、気になる所は多いですよね。とはいえ、E3は海外のショウであり、その後も東京ゲームショウを含めてイベントが他にもあるため、どこまで全貌が公開されるかはSCEの露出戦略次第でしょう。

PSP市場の好調さと3DS市場の失速により、国内の業界においてはNGPへの期待感が一段と高まっています。NGPとスマートフォンにこそ未来がある、という感じですね。会う人、会う人、失敗例としての文脈でのみ「3DS」という言葉を口にしており、新しい企画が立ち上がると聞くのはPSP、NGP、スマートフォンばかり。

3DSはこのままだと、2008年後半以降のWiiのようになりますね。
すでに動いている案件はともかく、新規の案件は非常に立ち上がりにくく、来年はともかく、2年後の再来年のラインナップが心配になります。

Wiiの場合も、2008年後半に各社がWiiは駄目という認識を持ち始め、2010年にはソフトラインナップが一気に減りました。ユーザー目線では『428』などの新タイトルが発表され、Wiiだってゲーマー向けのソフトが出てくるんだと、一部のファンが盛り上がっていましたが、その頃業界ではすでにWiiはヤバイという認識が広がり始めていました。

夏の商戦は『時オカ』でしのぎ、年末は『マリオ』や『カート』で伸ばすとしても、それでサードパーティ市場が拡大する見込みは薄く、下手すると今年度いっぱい、「3DSは様子見」というムードが続きかねません。NGPが盛大にコケれば、そりゃ風向きも変わるかもしれませんが、そのままスマートフォンとソーシャルゲーム一色になりかねない恐れのほうが現実的です。


戦略がずっこけたことを素直に認めて、立て直しのプランをサードパーティ各社に説明し、協力を求める。そういう姿勢が必要でしょうね。

とはいえ、一方で任天堂自身のソフトが悪いという見方もありますよね。DS、Wiiの頃の任天堂は「外交」は酷かったものの、強力な自社タイトルでハードを牽引していたわけで、3DSに至ってはそれさえ無い。ビジネスモデルが優れているわけでもないくせに、貧弱な自社ラインナップを平然と並べている現状では見捨てられて当然。

そもそもサードパーティのソフトが売れないからといって、自社ラインナップを減らしますというのは傲慢な考え方ですよね。ユーザーの事を何も考えてないわけで、世の中を舐めすぎです。まあ本当に「いつでも出せるけど、出してない」のか、「開発が間に合ってない」のかは知りませんが、3DSがこうなってしまうと、疑念と冷笑だけが残りますよね。

新ハードの立ち上げで台数が少ないからリスクが大きいのはその通りでしょう。初期の小さな市場をファーストパーティが根こそぎさらっていくのも好ましくはないかもしれません。しかし本来、そういうリスクは、新しい需要をさまざまに開拓するとか、最初の1年だけロイヤリティーを軽減するとか、そういうスキームで解決するのが普通の考え方ですよ。できて5年、10年のSNS屋だって、それぐらいの知恵は回るわけで・・・・。

任天堂のプラットフォーム事業については、岩田社長以外の、まったく新しい顔が必要でしょう。「開発者」が必要なのではなく、「ビジネスマン」「スポークスマン」が求められるわけで・・・・元ドコモの夏野氏クラスとまでは言いませんが。


ネットサービスに関しても同様で、まったく駄目。
3DSのWebブラウザの仕様は石器時代レベルのシロモノで、スマートフォンがこれから普及する2011年の仕様とは到底思えません。また、うちのコメント欄でも、意見が出ていますが、ネット関連についての自慰的な「社長が訊く」は逆効果の極みでしょう。

他社のサービスを使っている人も少なくない中、他社より数年遅れて機能を実装している時点で情けないし、苦労話を語られても苦笑するほかありません。新規性あふれる、画期的なソフトを作っている人達がどうやって物作りをしているんだろう?という好奇心をうまく突いたのが「社長が訊く」だったはず。他社より劣った部分をさらけ出して、いったい何がしたいんでしょうか?

ああいう物を見て、ネットワークに強い優れたエンジニアがどう思うか。任天堂に入りたいとか、任天堂と一緒に仕事がしたいと感じるんでしょうか? 遅れているなとか、かっこ悪いなと思うだけでは? ソーシャルゲーム関連の企業が高額で人材獲得をくり広げている中、ああいった露出の仕方は哀れでさえあります。

ジョブズがiTunes Store作った人達とあんなこと話してる光景を見せますか? グーグルだって、facebookだって、Amazonだって、日本のDeNAやGREEだって、そんなどうでもいいことしないでしょ。さらっとかっこよく動けばそれで十分な物を、延々と苦労話しちゃうのはひどくカッコ悪い光景です。

というより、岩田社長は元々プログラマだったというブランディングなんですから、先端的な技術をわかりやすく語るとか、遊びへの面白い応用を示す場にのみ出てくればよく、他社よりはるかに劣った技術を語る場に出てくるべきではないでしょう。別段ネットサービスでヒットを出した経験もないんだし。

ああいう場に出てきてしゃべるたびに、「この人、実は何もわかってないんだな」感が増していきます。そういうのはね、すでにネット業界でキャラが確立しているはてなの近藤社長あたりにお願いして、かわりに訊いてもらえばいいわけですよ。

いや、まー、ハード性能の低さが原因であって、ネット関連のスタッフは決して能力不足ではない、と言いたいのかもしれません。でもあの見せ方は、「能力不足を自覚しない時代遅れの人達」という演出ですよね。本当は能力があるのだとしたら、あんな小芝居でくだらない事を言わされて、まったく可哀相な話です。ネットにはネットの見せ方があるという事を勉強したほうが良いでしょう。

それにしても、ネット系ベンチャーに夢を見せるみたいな事が本当にできてないですよね。DSバブルとWiiの序盤、新しいエコシステムを作るチャンスが少なくとも2度あったのに、どちらも見逃してしまいました。任天堂全体の収益からすればゴミみたいな金額で、お祭り感を演出することもできただろうに。


信じられるかい、これが2011年のオンラインショップなんだぜ?

ニンテンドー eショップの情報が公開されました。
うわあああああああ・・・・。
発売時点でオンラインショップが無いという時代錯誤なゲーム機でしたが、満を持して公開された内容にはまさに脱帽です。

ローンチソフトはパッケージソフトと同じく、弾不足。
タイトル不足感を演出するという方針が一貫しており、ローンチの失敗をまったく反省していないことが伺えて、もはや驚きを通り越して、何か信仰心のような物を試されているのかな、と不思議な気持ちになります。

任天堂自身の新作は無く、「3Dクラシックス」と題して『エキサイトバイク』『ゼビウス』を提供しています。オンラインはゲームボーイのバーチャルコンソールと3Dクラシックス、パッケージソフトはN64時代のソフトのリメイクと80年代ゲーム設計の『スティールダイバー』。

・・・・に、任天堂は新しいソフトを作るつもりがまったく無いんでしょうか?
ここまで懐かし系、クラシック系でラインナップを揃える戦略的意味がまったく理解できません。

他のソフトは、携帯電話レベルのアドベンチャーゲームに加えて、クラシック・オブ・クラシックのブロック崩し。ゲームのロゴは90年代後半の画像編集ソフトで制作したかのような独特のセンスに満ちあふれており、3DS向けのダウンロードソフトの水準というか敷居を思い切り引き下げています。中小企業にも優しい任天堂の思いやり施策に脱帽であり、感涙であり、徹底的にクラシック!という裏テーマでもあるんでしょうか?

オンラインショップが開放されれば、本当の姿をあらわすはず、という信仰心を粉々に打ち砕く、見事なまでに想像を絶した世界が広がっています。

大手どころか中堅ソフトメーカーに至っても、軒並みローンチをスルーしているあたり、最高です。DSiWwareやWiiWareにおいてどのようなサードパーティ施策を取ってきたか。そのツケをその偉大なる成果が存分に実っています。

わんだほー!

つか、ただのジョークだと思いたいんですが、本当に任天堂はこれで良いと思ってるんでしょうか? これなら、まだ開店しない方がマシだったのでは・・・・。本体ローンチと同じ失敗をくり返しているだけに思えるんですが、気のせいでしょうか。

2万5000円も払って最新のゲーム機を買ったと思ったら、何故かソフトがクラシックなゲームばっかりだったという・・・・。3DSというハードの未来をまざまざと印象づけてくれますね。

本気かよ?

わんだほー!


成功という毒におかされた典型的な患者ですね。

ネトゲ研究日誌:無かった事になるのか
「もはや叩くところが無くなるほど敗戦色が濃くなった3DSだが」という書き出しはなかなかショッキングで、そこまで書くか・・・・と思いますが、いろいろと評価を聞いてみると、コンシューマーゲーム関係者よりも、周辺の業界の人達のほうが冷静に見ているのか、冷淡なのか、敗北を決定的なものとして認識しているように見えますね。黒歴史になるのではという手厳しい意見さえ耳にします。

【爆死】Wii期待の新作『パンドラの塔』が2万本しか売れねええええ
『ICO』や『ワンダ』への嫉妬を厨二病的にこじらせちゃったような雰囲気のゲームが売れないのは当然でしょうし、任天堂自身も本気で売る気が無かったようなので、2万本も納得です。ゲームファンにとっては出来の善し悪し以前の問題が多すぎました。

Wiiという旧世界はさておき、『ワンピース』が発売されたにもかかわらず、それでも3DSの販売台数がPSPに負けているという事実がショックです。

3DSというハードは、任天堂の開発陣の認識の甘さを象徴しており、震災ごときというと語弊がありますが、そういった事象で売れなくなったのだとしたら、所詮そこまでのエンタメにすぎません。くだらない物を作ったという事。


最低でもGBA程度は売れるのでは、という水準では、目線が低すぎますよね。マリオ、ゼルダ、ポケモンが出れば数百万台はハードを牽引できるでしょうし、任天堂が潰れることもないでしょう。けれども圧倒的な王様の登場だったはずなのに、いつのまにか、飢え死にしなくて済みます的なチープな話になっているのが残念です。

というか実際、任天堂の開発陣は本当に3DSが売れると本気で思ってたんでしょうか? DSの成功で昂ぶっていたとはいえ、あまりに舐めすぎですよね・・・・。内蔵ソフトをすべて集めて束にしても、ピクトチャット1つに到底及ばないわけで、有象無象の一語。スマートフォン時代に突入しているにもかかわらず、本体発売時にオンラインショップが用意されてないなんて、ジョークという他ありません。

DSという大きな流れに乗っていれば、くだらない物を作っても、ある程度は売れてしまっていたわけで、それを実力と勘違いしてしまったのが痛々しい。実用系ソフトでは『脳トレ』以外は、後続タイトルはどれもくだらないわけで、新しいタイトルを出せば出しただけ、右肩下がりでしたよね。


ただ、ユーザー層拡大という美名のもとに、そういうソフトを作ることが過大に評価されてしまい、しっかりしたゲームを作る事がおろそかになってしまった。Wiiの後半以降は、任天堂はずっとそのツケを払い続けているわけです。

傍から見れば、そういう危ない状況に陥っていたにもかかわらず、3DSでゲームらしいゲームに回帰するどころか、続編とリメイク、クラシック設計のゲームを並べ立てるし、無駄に豪華メンバーで内蔵ソフトを作って、「社長が訊く」でキャッキャウフフ。誰か1人ぐらい突っ込む人がいなかったのか、不思議でなりません。疑問に思う人達がいても、成功に溺れる上層部によって封じられていたのでしょうか?

うちのブログの古参の読者ならご存知でしょうが、「発熱地帯」から「かさぶた」という名称のブログに変わる際、テーマは「濃いものをどうやって売っていくか」に移ったわけです。その表れとして、Wiiにおけるサードパーティ市場の問題点とか、カジュアルユーザーとコアゲーマーに市場が分化している事を指摘したわけです。今から4、5年前には、見えていたのですよ。

つか、熱狂的な信仰をお持ちでなければ、本来、子供でもわかる理屈です。お金を貯めたら、しっかりした物を作る事に投資する。それが当たり前の話であって、銭ゲバ野郎じゃあるまいし、カジュアルカジュアルカジュアルカジュアルカジュアル、はっはっはっは・・・・みたいな反復は、おかしくなって当然です。


3DSがどうなるかは、色々な意見があるかと思いますが、くだらない物の再生産ではなく、面白い物をしっかり作ることに投資してほしいですね。3DSそのものが沈没したって、次で浮上すればいいわけです。任天堂にはそれができるんだから。

しかしDSの『脳トレ』から数えて6年が経ち、しっかりしたゲーム作りが失われるには十分な年月が経ちました。ノウハウは一度失うと、なかなか取り返せないわけで、一過性のソフトが売れた時代の甘い記憶は振り捨てて、真面目にゲーム作りに取り組んでほしいですね。

3D立体視でサプライズ!みたいな発想では誰も幸せにならないと思うんですがね。


«  | HOME |  »

2011-06

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。