Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来春までのソフトで未来が見えるね。

なんだか、最近うちのブログがゲーム系ブログではなく、「3DS失速日記」になってきているような気がしないでもない今日この頃ですが、3DSを心の底から応援している数少ないゲームファンの1人のつもりです。

1位は「AKIBA'S TRIP」。5万8000人が秋葉原で脱衣バトルを繰り広げた「ゲームソフト週間販売ランキング」
PSPは堅調で3万台売れていますが、3DSは1万7000台と相変わらず低調で、もはや駄目の烙印を押されつつありますね。ここから挽回するのはなかなか大変そうです。

ゲーマー向けタイトルの『DOA』でさえ、2万3000本と極めて低い数字です。まあ続編が出ない間にファンもかなり離れていそうですし、『5』ではなく、シリーズの「総集編」的な位置づけですから、これでも健闘した方なのかもしれませんが・・・・。ボリュームは充分あるし、なかなか評判も良いようなので、残念ですね。


それにしても任天堂は、いったい何を考えて、ラインナップ編成をしているんでしょうか?
サードパーティにお願いするにしても、『リッジレーサー』や『DOA』など、過去のイメージがつきまとうシリーズが目立ちます。おまけにそうした過去タイトルを「社長が訊く」で小芝居してみせる。

意味がわかりませんよね。ゲームファンが好むゲームをを選別する目が無いのかな、と残念感だけが漂います。仮に『世界樹』の続編があったとして、そういう物をプッシュするのなら、まだ納得できるんですけどねえ。DSで育ったタイトルですし。単に大手優遇という事で、古いタイトルをプッシュしているとしたら、頭の中がカビてると言わざるを得ません。

任天堂自身がリリースするタイトルも、ゲーム好きを狙った物として、『パイロットウイングス リゾート』『スティールダイバー』などが初期タイトル。確かに3DSの機能のデモンストレーションという意味では「あり」なのかもしれませんが、新ハードのデモンストレーション的なソフトを好んで買うのは信者系の方達ぐらいでは?

クラシックな作りのゲームを新ハードの初期に持ってくる意図がさっぱり不明です。いや、無論、ゲームなんだから、面白ければいつ出したって構わないのかもしれませんが、新ハードの最初の1年に出るソフトって、そのハードでどんなタイトルが遊べるかを先触れする役割がありますよね。

あの『脳トレ』だって、本体発売から1年以内のソフトですよ。3DSは続編の『nintendogs+cats』に始まり、クラシックすぎる内容の『スティールダイバー』に、『パイロットウイングス リゾート』、そして夏の商戦に至っては『時のオカリナ』と『スターフォックス 64』のリメイク。

その後出てくるソフトにしても、3Dの『マリオ』や『マリオカート』のような定番中の定番。いったい何がしたいんでしょうか。新作としては『パルテナの鏡』もありますが、操作が特殊な事もあり、そこまで広い訴求力があるかどうかは疑問符がつきます。

3DSらしい機能をいかしたソフトは乏しく、本体内蔵ソフトは数こそあるものの、簡単なデモンストレーション以上の物ではありません。

ハード発売から約1年で、そのゲーム機を代表するようなソフトが1本も出なかったハードって、かなり苦戦する傾向があります。DSはハード発売から1年で、『nintendogs』『脳トレ』『マリオカート』『どうぶつの森』が発売されています。Wiiは『Wiiスポーツ』『WiiFit』。あのPSPだって、『モンハン ポータブル』が2005年12月、ハード発売から約1年で発売されています。つまり3DSがどの程度のハードで終わるかは、来春までのソフトで見えてくるという事です。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2011-05

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。