Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水準が下がったということ。

任天堂の株価が下落を続けているようです。
2万円で持ちこたえていたのが嘘のような状況ですが、DS→3DS、Wii→Wii次世代機という世代切り替えにおいて、普及台数ボリュームを大きく落としてしまうのではないか。そういう懸念が現実のものになってきました。

任天堂が年初来安値を更新、ニンテンドー3DSが焦点
直近の証券アナリストが出したレポートでは、SMBC日興証券がレーティング「2」から「1」へ格上げしている反面で、ネガティブなレーティングや目標株価の引き下げを発表している証券アナリストが多数ある。

 WiiやニンテンドーDSの需要が減少している点や、ソニーが顧客情報を延べ1億人規模で流出したことも連想的にネガティブ材料と受け止められているようだ。
まー、大変ですよね、これから。
気になるのはネットサービスの品質。3DSのアップデートも予定より遅れてしまいました。ソニーのセキュリティ問題があったので、再チェックをかけた、といった理由かもしれませんが、ネットサービスの開発力では競合他社よりかなり劣るだけに、慎重なサービスインをお願いしたいものです。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2011-05

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。