Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来春までのソフトで未来が見えるね。

なんだか、最近うちのブログがゲーム系ブログではなく、「3DS失速日記」になってきているような気がしないでもない今日この頃ですが、3DSを心の底から応援している数少ないゲームファンの1人のつもりです。

1位は「AKIBA'S TRIP」。5万8000人が秋葉原で脱衣バトルを繰り広げた「ゲームソフト週間販売ランキング」
PSPは堅調で3万台売れていますが、3DSは1万7000台と相変わらず低調で、もはや駄目の烙印を押されつつありますね。ここから挽回するのはなかなか大変そうです。

ゲーマー向けタイトルの『DOA』でさえ、2万3000本と極めて低い数字です。まあ続編が出ない間にファンもかなり離れていそうですし、『5』ではなく、シリーズの「総集編」的な位置づけですから、これでも健闘した方なのかもしれませんが・・・・。ボリュームは充分あるし、なかなか評判も良いようなので、残念ですね。


それにしても任天堂は、いったい何を考えて、ラインナップ編成をしているんでしょうか?
サードパーティにお願いするにしても、『リッジレーサー』や『DOA』など、過去のイメージがつきまとうシリーズが目立ちます。おまけにそうした過去タイトルを「社長が訊く」で小芝居してみせる。

意味がわかりませんよね。ゲームファンが好むゲームをを選別する目が無いのかな、と残念感だけが漂います。仮に『世界樹』の続編があったとして、そういう物をプッシュするのなら、まだ納得できるんですけどねえ。DSで育ったタイトルですし。単に大手優遇という事で、古いタイトルをプッシュしているとしたら、頭の中がカビてると言わざるを得ません。

任天堂自身がリリースするタイトルも、ゲーム好きを狙った物として、『パイロットウイングス リゾート』『スティールダイバー』などが初期タイトル。確かに3DSの機能のデモンストレーションという意味では「あり」なのかもしれませんが、新ハードのデモンストレーション的なソフトを好んで買うのは信者系の方達ぐらいでは?

クラシックな作りのゲームを新ハードの初期に持ってくる意図がさっぱり不明です。いや、無論、ゲームなんだから、面白ければいつ出したって構わないのかもしれませんが、新ハードの最初の1年に出るソフトって、そのハードでどんなタイトルが遊べるかを先触れする役割がありますよね。

あの『脳トレ』だって、本体発売から1年以内のソフトですよ。3DSは続編の『nintendogs+cats』に始まり、クラシックすぎる内容の『スティールダイバー』に、『パイロットウイングス リゾート』、そして夏の商戦に至っては『時のオカリナ』と『スターフォックス 64』のリメイク。

その後出てくるソフトにしても、3Dの『マリオ』や『マリオカート』のような定番中の定番。いったい何がしたいんでしょうか。新作としては『パルテナの鏡』もありますが、操作が特殊な事もあり、そこまで広い訴求力があるかどうかは疑問符がつきます。

3DSらしい機能をいかしたソフトは乏しく、本体内蔵ソフトは数こそあるものの、簡単なデモンストレーション以上の物ではありません。

ハード発売から約1年で、そのゲーム機を代表するようなソフトが1本も出なかったハードって、かなり苦戦する傾向があります。DSはハード発売から1年で、『nintendogs』『脳トレ』『マリオカート』『どうぶつの森』が発売されています。Wiiは『Wiiスポーツ』『WiiFit』。あのPSPだって、『モンハン ポータブル』が2005年12月、ハード発売から約1年で発売されています。つまり3DSがどの程度のハードで終わるかは、来春までのソフトで見えてくるという事です。


スポンサーサイト

劇的な出来事もないままに、天下が入れ替わりつつあるな。

【画像あり】超高画質になったPS3版『モンハンポータブル3rd』がメッチャすごい : はちま起稿
PSPのゲームをPS3でHDリマスター化する「PSP リマスター」が発表されました。
その第一弾はもちろん『モンスターハンター ポータブル 3rd』。

絶好調なPSPの流れを受け継いで、PS3のラインナップを強化するSCEの戦略はなかなかお見事。

家でじっくり遊ぶPS3、友達と集まって遊ぶPSP、そして据置クオリティを携帯機で実現するNGP。ゲーマーのゲーム体験を全方位でがっちり押さえたような状態です。サードパーティ市場も、特に国内においては、PSPが安定して盛り上がっており、その勢いをPS3やNGPにつなげていきたいところでしょう。


それにしても3DSというハードはいったい何だったんでしょうか? Wiiからはサードパーティのソフトが減っていき、DSも世代交代と共に衰退し、ところが肝心の3DSの市場が立ち上がりませんでした。

3DSはよくも、ここまで自滅したなあ、と呆れるばかりです。震災のせい? それならなんでPSPが売れてるんでしょうか。魅力が無いものはいずれにしても潰えます。
  • 2万5000円という高価格設定
  • 続編やシリーズ物ばかりで、出がらし感あふれる初期タイトル群
  • 頼みの綱もN64時代のリメイクソフト
  • パッと見てDSと区別のつかないデザインや名称
  • タッチ画面と3D画面が異なることでDSの直感性がスポイル

  • 負けハードと言われ続けたPSPは『モンハン ポータブル』によって徐々に勢いを取り戻し、今やサードパーティ市場はPSPを中心に回っています。3DSを真に盛り上げるにはサードパーティを含めて、3DSらしいソフトが育ってくるかどうかが極めて重要でしょうね。マリオやゼルダ、ポケモンだけでは縮んだGBA市場が限界です。


「失敗機」になりつつある3DSは再起できるのか?

3DSの失速がシャレになってない、PSPでもこうはならなかった
3DSの販売カーブの落ち込みがひどく、週販が早くも2万台割れ。
初期不良で騒動になり、DSにボロ負けした初期のPSPの普及ペースさえ下回りそうな状態です。

本体発売から12週の時点での累計実売台数では、GBAの半分以下になっており、まさに「失敗機」ゾーンに踏み込みつつあります。3DSの魅力の無さは、初期不良並み、と言っても良いのかもしれませんね。

また、サードパーティとの連携も、張り子の虎。「社長が訊く」などでいくら虚言を弄したところで、そんなもんでゲームファンが喜ぶはずもない。クリエイターが映像へのこだわりをいくら語っても、実際のゲーム画面がすべてです。

テレビCMを流しておきながら、CMでは生っぽさは伝えられないと宣伝するなど、なかなかシュールな展開。
3DS『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』TVCM 生っぽさはお伝えできません><

『ラブプラス』のデータ引き継ぎの件といい、微妙な話が多いですね。

本当にサードパーティが3DSを盛り上げようとしているのか、ただの虚言にすぎないのか、色々な見方があると思いますが、結局ゲームファンを説得するにはゲームの内容、映像がすべてです。

電車の中でもPSPの方が明らかに稼働してますし、女性ユーザーもPSPをデコって遊んでたり、あれ、みんな、DSなんて忘れちゃったのかなって。多くのユーザーにとって、「DSの後継機はPSPであり、PSPの別モデルが3DS」みたいな状況ですよね。

任天堂はDSというブランドを過信したのか、DSとほとんど変わらないデザインを採用し、入出力の面でも革新性の無いハードを作り上げてしまいました。でも、ゲームファン、そしてライトユーザーにとって、そんなの、どうでも良かったようですよ?


おっと、3DSが再起できるかどうか、でしたね。
もちろん可能は可能です。
開発リソースの浪費をやめ、3DSらしいソフトを早急に揃えられれば。
虚言は不要。
ゲームで示すのみ。


傲慢のツケというか、マーケティングしてないのか? 3DS、全世界で失速

3DSの国内での失速はすでに共通認識ですが、全世界でも立ち上げが不調なようで、震災や地域格差の問題ではなく、商品としての魅力やマーケティングが失敗していた事が確定しつつあります。

マルガの湖畔 5/16
3DSは40万台→19万台、比較対象として先月同様非ホリデー発売のPSPのロンチは62万台→35万台。推移としては妥当な所ですが、完全互換のDSが26万台である事を考えるとやはり価格がネックですね。

世界中で失速する3DS、イギリスでもPSP以下に落ち込む。
・3DSのソフト販売本数は7万本にも届かず、まさかのPSP以下
・3DSは一番売れたPilotwings Resortすらトップ50にランクイン出来ず

その要因はざっくり言って、魅力あるソフトが不足している事、そしてハードが高い事です。
価格については、事前にマーケティングしてなかったのか、と問いただしたくなるような失態です。確かにDSシリーズは新モデルを出すたびに値上げする戦略がうまくいっていましたが、客観的な数字を無視するのは愚かなことです。

北米では、DSシリーズが盛り上がるのが遅かったため、3DSも同様なのだ、という見方もあるでしょう。しかしDSの場合は、日本や欧州では比較的早期に火が付いていた事実を忘れてはいけません。だからこそ、日本や欧州での成功を北米でも伝播させる、という任天堂のユーザー層拡大戦略も説得力をもったのです。

日本でスルーされ、欧州でも微妙な状況では、DSのような売れ方をする、と言っても説得力がありませんよね。スマートフォンの普及で大人のユーザーが刈りつくされ、子供にとっては3DSが高すぎる、という見方が冷静な分析というものです。

海外向けでは『時のオカリナ』という切り札がありますが、これで持ち直さなければ、見通しは厳しい。NGP発売に叩きつけるように値下げをしないと、両ハードが揉み合う結果にもなりかねません。

ソフトについては、DSで発売されたソフトの続編や3D立体視ネタでは3D立体視では新鮮な驚きはありませんし、ゲームファン向けのコアタイトルも「PSP並み」という不当に低いイメージが定着しつつある現状では、大きく伸びないでしょう。

率直にいって「普及台数の伸び悩むWii」のようなマーケットになりかねない危険性をはらんでいます。しかし任天堂は、ゲームファンが何を望んでいるか、事前調査の1つもしなかったんでしょうか。Wiiの反省点がまったく生かせておらず、ため息が出ます。

北米ではXbox360が好調に売れており、Wiiはすでに市場を牽引するリーダーではありません。3DSも立ち上がりが鈍く、1年前の勝利宣言がむなしく響きます。
「ソニーには勝った。将来の敵はApple」と任天堂

勝ったと宣言した瞬間に転落していくのは、典型的な失敗パターンにすぎませんが、なかなかシュールな光景ですね。ゲームファン以外のユーザーに向けたゲームを作るのが悪いことではありませんが、リソースをそちらに割けば、ノウハウの継承という点ではおろそかになりますし、「ゲームファンの視点にこだわると、一般の人には遊びにくい」などという歪んだ成功体験が蔓延するリスクもあります。

立て直しには多少の時間はかかるでしょう。アップルがなぜ強いかといえば、製品ラインナップを増やしすぎない、つまりリソースを無駄遣いしすぎないからです。Wiiチャンネルとか、内蔵ソフトに過剰にリソースを配分し、「社長が訊く」で自画自賛する光景は、アップルの一貫したポリシーの美しさとは対照的な、成功という毒におかされたシュールな惨劇です。


水準が下がったということ。

任天堂の株価が下落を続けているようです。
2万円で持ちこたえていたのが嘘のような状況ですが、DS→3DS、Wii→Wii次世代機という世代切り替えにおいて、普及台数ボリュームを大きく落としてしまうのではないか。そういう懸念が現実のものになってきました。

任天堂が年初来安値を更新、ニンテンドー3DSが焦点
直近の証券アナリストが出したレポートでは、SMBC日興証券がレーティング「2」から「1」へ格上げしている反面で、ネガティブなレーティングや目標株価の引き下げを発表している証券アナリストが多数ある。

 WiiやニンテンドーDSの需要が減少している点や、ソニーが顧客情報を延べ1億人規模で流出したことも連想的にネガティブ材料と受け止められているようだ。
まー、大変ですよね、これから。
気になるのはネットサービスの品質。3DSのアップデートも予定より遅れてしまいました。ソニーのセキュリティ問題があったので、再チェックをかけた、といった理由かもしれませんが、ネットサービスの開発力では競合他社よりかなり劣るだけに、慎重なサービスインをお願いしたいものです。


そろそろ「3DS時代を宣言します」とか言い出しそうな勢いですね!

「ゲームソフト週間販売ランキング」,順調に売れ続けている「DQMJ2 プロフェッショナル」が4万3000本で今週も1位に
PSP 54,882
3DS 29,149
PS3 20,883
Wii 11,520

今週もPSPが安定して売れており、トップ20のうち7本がPSP。一方、Wiiは20位以内の5タイトル全てが任天堂ソフトで、サードパーティ市場が実質的に壊滅している事をあらためて印象づけています。

3DSは2タイトルがランクインし、なんとどちらも任天堂タイトル。早くもWii化が進んでいるような気がしますが、ただの懸念でしょうか?

うーむ。かつての「PS3時代を宣言します」並みの状況ですね。

サードパーティ市場における希望の星は・・・・まさか、まさかの『ラブプラス』でしょうかね? やー、ジョークのような世界がここにある。

新情報が出てくるようですが、グラフィックが改善されているのは良いとしても、彼女が増えるのかどうかが気がかりですね。ディープな一方、マンネリ感の出やすい日常性がゲームになっているタイトルだけに、彼女のバリエーションが増えていかないと、お客さんが徐々にシュリンクしてしまう恐れも。

3DSという荒野に咲く一輪の花、みたいな事にならないよう、大いに盛り上がれる内容になることを切に期待しています。や~、楽しみだ!

市場は敏感だねえ・・・・どういう負け方をするかが大切ですよね。

<大証>任天堂が反落 株価は下方に水準訂正、市場は「負け組リスク」意識
株価が下落基調を強めたのは4月25日に発表した2011年3月期の決算。連結純利益は前の期に比べ66%減の776億円となった。2月末に発売した携帯型ゲーム機「3DS」の販売が計画を下回ったことなどが背景にあった。任天堂は同時に据え置き型ゲーム機「Wii」の後継機を12年に発売することも発表した。コスモ証券の川崎朝映アナリストは「これまでは次世代機の投入を発表した後は業績面の期待が高まり株価が堅調に推移する場面が多かったが、今回は違う」と受け止める。

 Wiiの後継機発売を来年に控え、今期中のソフト販売が伸び悩む可能性があるという。加えて、携帯電話などによるゲーム需要が高まり、専用端末での需要が低迷する可能性も台頭。これまで市場は独自の成長期待を株高という形で「プレミアム」を付けてきた。「現在は『負け組』に転じるリスクを意識せざるを得ない。株価は1万円台後半で推移する場面が続きそうだ」(川崎氏)との指摘があった。

「負け組」というほど無様な落ち方をするかはわかりませんし、持ちこたえるような気もしますが、とはいえ「勝ち組」ではなくなる、という辺りは誰もが予想できたことで、3DS発表のあたりからうすうす感じていた人は少なくないでしょう。

勝ち続けると、それはそれで組織が腐っていきやすいんで、ここらで1回落ちておくのも悪いことじゃないでしょ。骨折しないような転び方ができればそれでいい。「俺は膝を屈しない!!!」などと変に意地張って、下手な転び方して頭打ったり、複雑骨折するほうがよほど心配。

3DSみたいなしょーもないハードを世に出してしまうあたり、意地張りすぎには見えるけど。


まー、先日の「自前主義」の話もそうだけど、こんなの、外で作れよ、というソフトが増えすぎたってのが問題。本体内蔵ソフトとかWiiチャンネルとか、あんなに内部の企画を使うほどのシロモノではない。番組表とか天気予報とかニュースリーダーとかカメラとか、そういう物に「遊び心」や「おもちゃ魂」を入れて丁寧に作るのが悪いとは言わないけど、本来なら「余技」の領域でしょう。

近年ゲームファンから好かれてない理由にしたって、遊びを作る会社なんだから、ちゃんとゲームを作れよ、という単純な話にすぎません。ゲーマー向けのタイトルも出していて、他社と組んで作るのが多いけど、結局全滅してるわけです。あの売上が何を示してるかって、任天堂ファンでさえ食いついてないという事実。で、それは、内部できちんと作った完全新作のゲームらしいゲームを遊びたい、って無言のメッセージでしょ。

それに正面から答えない限り、どうにもならんと思います。
逆に小手先の宣伝手法をいじくったって、無駄。自社の熱狂的なファンでさえ食いつかないようなゲームを、どうやって自社のファン以外のゲームファン全般に売っていくのか。「One of 品ぞろえ」にすぎないと見透かされちゃってるソフトを前面に押し立てたって、そりゃ勝てないだろう……。

アップルとの対比でいえば、差がついた要因は色々あるけれども、アップルは自社でやる事とやらない事をはっきり区別してますよね。製品ラインナップも不必要に広げないし。任天堂がこんな有り様になってしまったのは、競合他社がすごい一撃を決めたからではなくて、勝ったから手を広げて、勝ちすぎたから手を広げすぎて収拾がつかなくなった、ってだけの事でしょう。戦線を縮めるか、お金を使って増援していくか、どちらかを選べって話にすぎません。


Wiiの終焉はどうでもいいけど、根性の無い値下げはゲームファンから見透かされてるよ?

Wii値下げ公式発表、5月15日から149.99ドルに値下げ、マリオカート付き
噂されていた値下げですが、驚いたことにE3まで発表を待たず、このタイミングで発表しましたね。そこまで待てなかったという事情が透けて見えて悲しくなりますが、『マリオカート』も付いてこの値段はなかなかの戦略価格ぅぅぅぅぅ。

・・・・と言いたいところですが、色々なサイトでの反応は鈍く、「まだ高い、ドリキャス撤退価格が妥当。」という感想には思わずポンと納得してしまいました。今更じわじわ値下げされても、インパクトは薄いですものね。

これから発売されるソフトにも大きな期待はないわけで、撤退価格にするのはゲームファンの気持ちとしては当然ですね。

Wiiというハードがゲームファンからどう思われているか、任天堂の経営陣はもう少し真剣に耳を傾けた方がいいんじゃないでしょうか? まー、価格の影響が大きい海外では、短い一時しのぎにはなるのかもしれませんけどね~。


Wii後継機について、スペックを含めて色々な噂が流れていますが、真偽はさておいて、「ハードディスク非搭載」だの「ブルーレイ再生未対応」だの、発表前の段階からゲンナリするような噂が聞こえてくるのは、任天堂に対するゲームファンの期待度の現状を物語っているのかもしれませんね。

「発表時点でガッカリ」ハードにならないように期待したいものです。
いまゲーム系サイトで紹介されている「噂のスペック」だけであれば、ただのスクラップ機ですからね(苦笑


«  | HOME |  »

2011-05

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。