FC2ブログ

 

Latest Entries

広がるチャリティと人々の絆の輪。そこに無関心な企業もあるさ。

東北地方太平洋沖地震 災害に対する支援のご案内
日本国内のPS Storeでも、チャリティーアイテムの販売が公式に始まったようです。
ゲーム機のネットワークサービスの中では、最もチャリティー活動が熱心に行われているプラットフォームであり、社会に貢献しようという意欲を強く感じますね。

こういった非常時になると、さまざまな企業の本性が明らかになります。
いつも人々を笑顔にとか言ってる企業がより充実した貢献をおこなっているか、それともお金だけ出して口先っぷりを露呈しているか、そういう事も極めてよく見えてきます。

課金系サービスではポイントが余っている人もいらっしゃるわけで、例えばそうですね、あくまで一例として、任天堂プラットフォームを例に挙げるなら、既存のニンテンドーポイントプリペイドカードが3DSでは使えない、と発表されており、ユーザーの手元で余っているポイントも結構あるのではないでしょうか。

そういうポイントを寄付に回す自由度ぐらい、プラットフォームホルダーとして提供しても良いと思いますし、さほど手間がかかるわけではありません。問題はやる気ですよね。

そうそう、サードパーティ各社のチャリティー販売が色々と発表されていますが、その大半がiPhone、ソーシャルゲーム、PSPまたはPS3です。その現状が何かをあらわしているような気がしますが、たぶん気のせいでしょうね。

人々の役に立ち、絆の輪を広げ、人々を笑顔にする企業がどこか、サービスがどこか。現実が雄弁に語ってくれています。

現実は雄弁。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2011-03

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター