Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発売前からハードスペックが愚痴られるとは・・・・

スパ4小野P「クリエイターは怠慢するなかれ」
「ロンチ前から3DSの可能性について悲観的な意見を述べる数人のクリエイターがいたが、彼らは3DSのスパ4やバイオは見ていないんでしょう」

「自分が初めて3DSを見た時は、その3D映像、ハードスペックと
通信機能の拡張性に大はしゃぎした」

「特別にチューニングしたシェーダーとエフェクトで、
スト4 3Dでは携帯機として今までで最高のグラフィックを見せた」

「クリエイターは与えられた道具にめそめそ愚痴を言い怠けてる暇があるなら、良いゲームを作りはじめろ!」

クリエイターの姿勢について説いた良い話と読めなくもないのですが、発売前の時点でクリエイターの悲観的な意見やめそめそ愚痴が飛び出してくるハードというのも、なかなか・・・・。

任天堂は他社に情報を開示せず秘密主義でハードを設計して、自社のソフト部隊が作ったお手本を示すというスタンスが有名です。いわばハードメーカーに押しつけられたハード。サードパーティの現場から愚痴が出てくるのも仕方ないのかもしれませんね。

一方、NGPはその開発段階において、SCEが全国を行脚してクリエイターの意見を集めて設計したハード。ファミ通に掲載された河野氏のインタビューも興味深く、まさに”みんなのプレイステーション”という姿勢がありありと伝わってきました。これが本当の意味での「外交」というものでしょう。口先だけのいっしょにやっていく発言や、Web上の茶番劇とは異なる世界です。

それにしてもDS以降、任天堂は他社のハードより1世代低いスペック、というイメージが定着しちゃいましたね。3DSにしても、PSPよりはずっと性能が良いのに、PSPと同等扱いされてしまっていて、可哀相です。実際のスペックより低く見られちゃってるんですよね。ま、自業自得かな・・・・。

常日頃、経営陣がスペック否定主義を唱えていれば、そういう会社の製品のスペックが良いとは誰も思いません。「社長が訊く」等のインタビューでも、映像表現で売ってきたクリエイター達にSDで充分などと、虚構のセリフを言わせるあたり、HDコンプレックスが剥き出しです。

高橋氏や坂口氏がSDで充分などと言っても、何の説得力もないし、枯れてしまったような印象を与えるだけでしょ。クリエイターのブランディングという点でも完全に失敗。何も言わなきゃいいものを、わざわざHDコンプレックスを晒してみせる。そんなにネットのハイエナ達に囓られたいんでしょうかね?

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2011-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。