Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感。

海外、海外、海外。
その目標設定が間違ってるとは思わないが、このバンダイナムコのラインナップはなんなんだろうな・・・・。いや、別に失敗してるのはバンナムに限らないんだけど、「一周遅れのゲームばっかり」というのは何とかならないんでしょうか。

バーンアウトをリッジレーサーという名前でリスペクトしてどうするんでしょうか・・・・。
リッジレーサー新作『Ridge Racer Unbounded』PS3/360で登場!

今時、「重力」売りなんですか。グラビティガンは偉大な発明だというのは同意しますが、それにしたって今2011年よ?
海外病で痛い目を見たはずのバンナムが懲りずに新作を投入

過去の七英雄にも言えるし、じつは日本の大手の海外向け大作の爆死パターンにも言えるんですが、5年前の洋ゲーみたいな雰囲気が・・・・。作ってるのは日本だったり、海外だったりしますが、一口に海外と言ってもですね、というかじつは海外ディベロッパーって「あのゲームのあのフィーチャーを俺も作りたいZEEEEEE」的な情熱を持っている人達が結構いて、企画をきちんと見抜いて精査しないと、周回遅れゲームを平然と作ってたりするわけです。

あのEAが、あのUBIが、あのアクティビジョンが仕事を出してる会社なんだから、大丈夫に違いないみたいな考え方では火傷するだけです。よくわかんないから、海外大手パブリッシャーが仕事を出している安心ディベロッパーで、海外でめっちゃ売れたゲームのフィーチャーを盛り込んだ安心企画でGO!したいのはわかるんですけど、そんなもの売れるわけないでしょう。

日本で同じ事やったらどうなるか。いや、そういう商売もありだとは思いますが、ええ、ありだとは思いますけど、少額をセコセコ張っていく場合であって、そういうところに数十億円突っ込んだらいけないのは自明でしょう。


3DSのローンチの不幸と名前の不幸
リッジレーサーはハードの性能を低くプレゼンするという快挙を成し遂げたよなあ・・・・。まあ3DSがグラフィック勝負するマシンでないのは確かなんだけど、不必要に低く見せる必要性は皆無なんだよね。

あと、3DSという名前はわかりやすくてよいのだけど、じつは失敗していて、3Dが飽きられてしまった時がきても、それでも「3D」のイメージをずっと引きずらなきゃいけない。そこまでの物なのかってのが1つの不幸。

3Dが前面に立ちすぎてしまって、すれちがい通信やいつの間に通信を含めて、ソーシャルな仕組みの側が「変化球」感を拭えないまま、浸透しそう。ゲームで利用できる機能としては浸透しても、任天堂の作り出すユニークなインフラという位置づけにはなりそうに見えない。


NGPはひさしぶりに良いプレゼンだったね
結局、近年にしては珍しく、SCEが良いプレゼンをしたという事かな。意外と、というと、失礼だけど、ゲーマーの期待値と評価が意外と高い。その評価の高さは、じつは平均的な業界人の予想よりも高かった、と思います。

そのためにとりあえず何かやってるって事は言っておいたほうがいいかも感が出てきてるんだよね。実際に何か具体的な形で進行しているかどうかはさておき。

で、このNGPの評価の高さというのは、モンハンが発売したばかりで、「携帯機といえばPSP」というイメージが一時的であるにせよ強くなっている時期に、PSPユーザーが望むまっとうな改良を施した、全部入りと言っていい、王道にして直球の携帯ゲーム機だったから、に他ならない。

3D表示は王道ではなく、奇策の類であって、ゲーマーにとって必須と感じられる機能ではない。それ以外では3DSとNGPにどれほどの差があるかといえば、ほとんど無いし、性能はNGPの方が上で、3Dネットワークも利用できるのだから、魅力がわかりやすい。

PS3、Xbox360、NGPのマルチ展開が期待できる時点で、ラインナップが揃う期待感は一定の水準で担保されたし、自宅と出先で同じようにシームレスにゲームを体験できるという「夢」が実現しそうなのも良い。(冷静に考えて、その「夢」が現実になった時に幸せになれるかどうかは不明だけど)


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2011-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。