Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやって打開するのかな?

『罪と罰』→『レギンレイヴ』→『ゼノブレイド』→『ラストストーリー』と、評価はさておき、ビジネス的には連戦連敗が続いてますが、そんな状況でWii向け、3DS向けに何を出して、どう売ってくるかは興味深いですね。

今の所、3DSにはゲーマー向けの自社タイトルをほとんど発表してませんし。『時オカ』リメイク、そしてあえていえば『パルテナ』ぐらい。前者はリメイクだし、後者はコテコテのタイトルとは言い難い。

UBI以外の海外パブリッシャーが3DSに積極的ではない、という指摘を受けており、海外市場では据置型の比率が低いから仕方ない、と岩田社長が言い訳しています。
アメリカやヨーロッパのソフトメーカーさんが、なぜ日本のソフトメーカーさんのように、積極的に3DSに向かっておられないのかと。これは、これまでの歴史、すなわち日本の市場と海外の市場で据置型と携帯型の比率が全く違うためだと、私は思っています。
(略)
欧米の)ソフトの主戦場は据置型(という認識)なわけです。すると、西洋のパブリッシャーさんは、基本的に携帯型ではなく据置型に自社内の一番いい開発チームを当てることになります。

そういう状況認識なら、Wiiの現状打破が不可欠なはずですが、当然策は無いようで、ノーコメント。その一方で、SCEのNGPは据置型とのマルチ展開を印象づけ、海外パブリッシャーも『Call Of Duty』を始め、大作を投入準備しつつあります。
NGPとPS3のクロスプラットフォーム戦略は携帯型比率が低い欧米でも成功するかもしれない

3DSの国内市場では、以前よりも改善される可能性が見込まれますが、3DSの海外市場、そしてWiiのワールドワイドマーケットではゲーマーを取り込めるタイトルが必要になってきています。しかし売れないという印象を自社タイトルで覆せないため、なかなか厳しいですね・・・・。

この2年間でも、かなり市場環境が厳しくなってるのも事実で、今から企画するなら、相当な何かが必要でしょう。濃密なものをお馬鹿にやっていくチームで、突っ切って売ってもらう以外無いんでしょうが、それができるディベロッパーとパブリッシャーのタッグもなかなか無いですからねえ・・・・。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2011-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。