Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に登場した役者、NGP。SCEの戦略が明確に!ゲーマーにとっての最良携帯機という朗報

やー、NGPがついに発表。
多くのゲーマーにとって予想以上のハイエンドなスペックが明らかになり、一瞬で3DSが過去のハードになってしまったような錯覚さえおぼえますね。

「PS3並み」をアピールすべく、各社がHDゲームの内容を短期間で移植したデモを実演し、ハイエンド据置ゲーム機を持ち歩けて、しかもそれが3D回線でネットワークに繋がる、という「コアゲーマーにとっての夢のゲーム機」が具現化しようとしています。

競合する任天堂は以前にくらべてゲーマーを意識しています。カジュアルユーザーとコアゲーマーの市場が分裂してしまった事で、国内のPSP市場の台頭や、Wiiの全世界的な低迷を招いてしまったからです。3DSではサードパーティとの連携強化をうたい、ローンチでもサードパーティ製タイトルを前面に出していました。

そこでSCEのとった戦略は極めて正しいと言えるでしょう。PSPやPS3はゲーマー層からの支持を集めたハードですから、まずそこはガッチリ取ることを印象づけ、業界関係者に「安心感」を与える。

カジュアルユーザーとコアゲーマーという二兎を、1つのハードで追いかけることはせず、NGPのコンセプトはあくまでゲーム機。その一方でPSS(PlayStation Suite)をAndroid端末に展開して、スマートフォンでゲームに触れるカジュアルユーザー層にも対応していく。

全世界に草の根開発者が増えているムーブメントにも、まずはPSSで対応。
PSSのデベロッパーになっていただく方々についても、なるべく間口を広げたいと考えています。トラディショナルなゲームデベロッパーさんとの関係も大切ですが、それだけでは間口が広がりません。場合によっては「ひとりデベロッパー」の方々でも参加できるような形にしないといけない、と考えています。なにしろAndroidのマーケットで戦おうとしているわけですから、「PS3と同じような環境で作って下さい」というアプローチはないんじゃないか、と考えています。広げる方向にやっていかなくては、と思っています。
iphoneによる「ゲーム開発の民主化」は素晴らしかったものの、従来のゲーム開発者が無数の草の根開発者と競争することになり、無料VS有料、1ドルゲームVS10ドルゲームのような、既存のゲーム会社にとって好ましくない展開も発生しました。

PSSとNGPの両展開によって、従来のビジネスをある程度守りつつ、新しいビジネス領域も作り出す。既存のゲーム会社にとっては既存の市場が守られるし、新しい領域でチャレンジする場所もきちんと提供されることになる。

価格やビジネスモデルについては未発表の事項もありますが、これからE3、東京ゲームショウとイベントが続くことを考えれば、随時発表されていくのは明らかです。

PlayStation 、獅子は笑顔で目覚めた・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第10回
互いに変数が多いハードです。ですが、今後、変数が埋まっていく速度はNGPのほうが早いと予測します。
(略)
そこで河野氏はきっぱりと「今は明言できないが、ビジネスモデルを変えていく」とおっしゃっていました。任天堂、ニンテンドー3DSが曖昧なのは、この部分です。「いつの間に通信」のために、無線LANアクセスポイントを増やしたら、設置した企業や店舗はどのような利益があるのか。したがって、どのような普及の道筋があるのか。ニンテンドー3DSの肝である、通信にかかわる部分が、発売を一ヶ月まえにしてぼやけていることに、一抹の不安を覚えます。

その点、NGPは変数を定数に変えていこうとする強い意志を感じます。
任天堂に対する不安感とSCEに対する期待感があらわれた、非常に良い比較記事です。

任天堂は新しい遊びを生み出す「発明家」ですが、新しいビジネスモデルを提案することには極めて消極的で、ファミコン時代からずっと、実験的な施策はおこなっても既存のビジネスモデルに傷を付けるようなプランは頑なに、神経質に否定してきました。一方、SCEは発明家としては決して優秀ではありませんが、「ビジネスマン」としての提案力と営業力は任天堂よりもはるかに高い。そうした構図は今なお、変わっていません。

参考:「遊びの革命児」と「営業・ビジネスの革命児」

おそらく序盤において3DSは3Dを売りにして、そして「いつの間に通信」等の新しい遊びで市場をリードするでしょう。しかしそれらが新しいビジネスを生み出すことは決して無く、開発費の高騰によるジリ貧化へと緩やかに向かっていくのでしょう。何故、新しい遊びが生まれて、ビジネスが生まれないのか? それができるならDSの時にできたからです。ニンテンドーゾーン? Wiiの間? 物珍しさはあったかもしれませんね、一種のジョークとして。

逆にNGPは新しいビジネスを生み出すでしょう。2,3年はかかるかもしれませんが。SCEはかつて一度それをやってのけたし、そこに成功体験があります。「外交」によって成功した企業と「外交」努力を評価してこなかった企業の、組織文化の埋めがたい差。

かつてSCEは多くのビジネスチャンスを生み出したから、ゲーム開発者が集まって「すべてのゲームがここに集まる」を成し遂げたのです。タイトルだけを引っ張ってくる強奪外交だけで、それを成し遂げたわけではありません。任天堂の最大の勘違いはその点にあります。モンハンを奪えばPS3を潰せるという考え方では、WiiはPS3を潰しきれませんでした。しかしかつて『FF』と『ドラクエ』を奪われたから負けたというルサンチマンは癒しがたいのかもしれませんね・・・・やれやれ。

携帯ゲーム機としての商売の安定感でいえば、現時点では3DSの方に若干軍配が上がるでしょう。あくまで現時点では。しかし時と共にそれは移ろいゆくでしょう。国内でいまPSPが盛り上がっているように。ワールドワイドにおいてWiiとHDゲーム2機種のソフト売上で、HDゲームが優勢になっているように。

「前半戦の任天堂、後半戦のSCE」という構図はおそらく今回も同じでしょう。ただし今回は、5年後の両者のシェアはもっと均衡するかもしれない。何故ならそのほうが、サードパーティ各社と全世界の草の根開発者にとって好ましい未来が期待されるからです。それら潜在的な期待感が具体的な形に結実するまで、多少の時間は掛かるはずです。

3DSがその時点までにどこまで圧勝してみせるか、NGPがその時点までにどれだけ持ちこたえるか。今度もまた、時間は任天堂の敵であり、SCEの味方なのでしょう。


スポンサーサイト

勝利条件が引き上げられてる感はあるよね。大変だろうけどさ。

不安と反感の土壌の上にどんな種を蒔く気なんでしょうね?
前回のこの記事に対する反応として、twitterでこんな意見を見かけました。
3DSらしさを感じる初期タイトルが不足」ってあるけどDSだってローンチはDSらしさを感じるソフトなかったと思うんだよね。ブレイクはやっぱし脳トレやNintendogsなわけで
ふーむ、『さわるメイドインワリオ』と『バンドブラザーズ』は忘れないでほしい気もします。

それにローンチ時点で『nintendogs』は発売されてなかったけど、E3で発表済みだったわけで、そういう意味では「本命が控えている」ことがわかっていた当時のDSとは状況が完全に異なります。いま発表されているタイトルで、3DSらしさを感じるタイトルが1つでもありますか?

まさか『パルテナ』? ゲームファンが楽しめるソフト、面白いソフトなのは確かだろうけど、あれが3DSのマーケットをDS並みに引き上げる役割を果たすとは、誰も思わないでしょう。それとも『時のオカリナ』や『スターフォックス64』のリメイクに期待? まさか、まさか。


補足をすると、そもそも論でいえば、2004年末時点ではサードパーティ的にはPSPが優勢になるという予測がけっこう強かったので(だからサードパーティのローンチタイトルはPSPの方が充実していた)、DSは業界的には決して「本命」ではありませんでした。今回の3DSは最初から「本命ハード」として見られてしまう分、より厳しい目線にさらされています。

落ちぶれつつあるトップ、あるいは2位企業であれば、簡単にスルーされるような事象であっても、トップ企業の場合には「不安要因」として広がってしまうのが宿命。かつて任天堂はそれを体験しているし、数年前にSCEもそれを体験しています。

だからこそ、「DS以上の勢い」を示さなければ、「やっぱりDSほどの広がりは無いな」というもっともらしい評価が広がり、投資家と経営者は「スマフォでリスクマネージメント!」「ソーシャルゲームでリスク分散。賢いっ!」という自説を自画自賛するのですよ。


現時点で携帯ゲーム機と携帯電話ソーシャルゲームのユーザー層はそこまで被らないかもしれません。しかしスマートフォンになれば性能やインターフェイスの差は小さくなっていくし、何より携帯電話=スマフォは生活必需品として欠かせません。3DSやPSPは持ち歩かなくても、携帯は持ち歩くわけで、日欧米で不況が続き、ゲームという娯楽への出費を抑えたいマインドが強まっているうえ、人口の多い世代の年齢が40歳を超えてくれば、「しっかり遊べるゲーム=疲れるゲーム」への需要は相対的に低下する恐れもあります。

「疲れるゲーム機」だったWiiが失速してしまったのは記憶に新しいところです。据置ゲーム機が勢いを失い、携帯ゲーム機が存在感を増したように、いつも持ち歩いて手軽なゲームプラットフォームとしてスマートフォンが台頭しないと、誰が言えるでしょうか? PS2が発売され、GBAが発売された当時、「数年後には高品質なグラフィックを誇る据置ゲーム機を遊ぶ人は減って、GBAのような携帯ゲーム機が主流になる」と言ったら、鼻で笑われたでしょう。

より手軽に、よりスキマ時間に遊べる側へシフトしていくのは、すでに起きた変化であり、それが数年後に再度起きないと断言するいかなる根拠もありはしません。現状の携帯ゲーム機とスマートフォンを比較しても意味はありません。GBA時代にはPS2=据置機が強かったように、単に「まだ機が熟してない」だけかもしれないのです。

岩田社長はメディアやアナリストの唱えるスマートフォン台頭論に対して「携帯電話のiモードやiアプリが出てきた時も同じような事が言われた」と反論しています。しかしそれは単に「機が熟してない」だけかもしれません。あのくたたんだって、もしも「携帯ゲーム機がPS3を脅かす」と言われたら、「ゲームボーイやGBAを思い出せ」と傲慢に言い放ったかもしれません。そんなもの、何の反論にもなりません。


小賢しい理屈?
そうかもしれません。

しかし任天堂は3DSの初期の勢いをもって粉砕する他ありません。初撃で粉砕し、第二撃でも粉砕し、第三撃でも粉砕し、粉砕し、粉砕し、粉砕し続ける他ありません。それは、スマートフォンではなく、3DSの先に未来があると多くの人に納得させるまで続くのでしょう。

3DSの初動が成功か失敗か、現時点ではどちらでもない辺りに落ち着くのでしょう。無論、初回出荷はすべてあっという間に売り切れるでしょうが、そんなものは「当然の極み」にすぎません。「売れて当然」と思われている状況で、にもかかわらず全体としてスマートフォンの比重が増しているのが現状です。「売れて当然」を粉砕するには「売れた」「品切れ」程度では全然足りません。売れたところで成功ではなく、無論失敗でもない。そういう戦いなのです。

だからこそ「外交」が必要なのですが、それはとても難しいのでしょうね。何故なら、任天堂という企業の組織体質は「発明家」であって、「向こうから勝手に頭を下げて作らせてくださいと言ってくるような、すごい何かを生み出す」事こそが究極の命題になっているからです。ファミコンやDSは確かにそれを成し得たのです。Wiiはその域には届かなかったけれども、3DSならば届くはず・・・・なのかもしれません。


不安と反感の土壌の上にどんな種を蒔く気なんでしょうね?

セガ・コナミ・カプコン、スマートフォンやSNS向けゲームに注力。家庭用ゲームは縮小
大手各社がソーシャルゲームに開発リソースを割き始めている、という当然の話。

コンシューマーゲームは売れるタイトルと売れないタイトルの差が開き始めており、流通も体力が落ちているし、開発スタジオもこの2年でだいぶ淘汰されました。一方で1000億円規模の市場がこの1年で立ち上がったのですから、注力しないはずがない。

ソーシャルゲームでは、ゲーム大手のタイトルも徐々に存在感を増してきました。
バンダイナムコとモバゲーの共同開発『ガンダムロワイアル』は月間10億円規模の売上と噂され、コナミの『ドラゴンコレクション』も月間で数億円規模。セガも『龍が如く』を始めとしたラインナップを整えつつあり、コーエーはモバゲーの説明会で来年度10本以上出しますと力強く宣言。モバゲーとグリーの両方で儲かってますから当然の決断。

世界を目指すディー・エヌ・エーが「第3回モバゲーオープンプラットフォームForum」を開催。鈴木 裕氏と襟川陽一氏もゲスト登壇
襟川氏によると,まず2010年3月までに,8月にモバゲータウンでサービスを開始した「100万人の信長の野望」と,15日に発表された「100万人のモンスターファーム」「のぶニャがの野望」を含め,ソーシャルゲーム4~5タイトル程度を投入,続く2010年度は10タイトル以上を予定しているとのこと。
 襟川氏はモバゲータウンというプラットフォーム上で,世界に向けてソーシャルゲームを作っていきたいと述べ,社内に“グローバルソーシャルゲーム”というキーワードを掲げ,「ソーシャルゲーム開発部」「グローバルマーケティング部」といった部署を新設したことを明らかにした。


据置ゲーム機は、国内ではPS3が少しずつ勢いをつけて、Wiiは完全に失調しており、もはや任天堂の熱狂的ファンの間でさえWiiがピークアウトしたという論調が目立ってきました。Wiiは「引退機」。そしてPSPは年内まだ売れ続け、DSの世代交代で落ち込んだマーケットを一時的であっても、下支えします。

3DSは任天堂の本命ハードとして着実に普及するでしょうが、2万5000円という高価格、そして3DSらしさを感じる初期タイトルが不足しているため、DSほどの成功は望めない。少なくとも年内においては。各社はそう予想するはずで、急激にアクセルを踏むことは無いでしょう。慎重に、慎重に・・・・。ローンチタイトルの本数と内容には、各社の姿勢が色濃くあらわれています。

問題は、業界内に早速ネガティブな情報がじわじわ浸透していることでしょう。
「(任天堂は体験しなければわからないと言っていたが)体験会の人数が少なかったらしいね」とか、「目がすぐに疲れたという人がいた」とか、そういう話のほうが「体験会、大盛況だったみたいだね!」という話よりも、ひそひそと広がっているのはどうなんでしょうか?

(参考:3DS体験会の参加者は3日間で約2万6000人

体験会の参加者は確かに過去のそれと比べて少ないけれども、冷静にみれば、さほど悪い数字ではありません。しかし2万5000円の価格発表以降、業界各社は「3DSへの期待」を「3DSへの不安と任天堂への無言の反感」に反転させました。そういう土壌ではちょっとした不安がよく育つ。

無論「3DS」という大空母が大転覆することはあり得ないし、各社がブレーキを掛けるほどの状況ではありません。しかしアクセルを踏み込むタイミングがやや遅くなってしまう程度の影響は出るわけですよ。

任天堂自身にしてみれば、大した不安要因ではなくとも、各社にとっては大きな不安かもしれない。だからWiiでサードパーティ各社の腰が引けた際、すばやく察知して動くことができなかったわけです。


本来であれば、「3DSにはDS以上の勢いがある。これに乗り遅れてはいけない!」という焦りを各社に感じさせなければいけないタイミングでしょう。『ラストストーリー』の発表会のustream中継のCMは打つくせに、体験会のCMを打たなかった理由は知りませんし、意味不明の発想の真意など知りたくもありませんが、「外交」面で微妙な失敗をしつつあるなという印象。

「外交」においては、直接的なメッセージと同等に、じつは間接的なメッセージが非常に重要になってきます。最もわかりやすいのはそのプラットフォームに勢いがあると感じさせることです。次に重要なのは、金鉱があると信じさせること。そういう間接的なメッセージが生み出した「土壌」があった上で、あなたが必要です、と熱心に直接口説く。それ以外の奇手はさほど無いわけで、堅実にやっていく他ありません。

20年以上プラットフォームホルダーをやってる会社より、モバゲーやグリーあたりの若い企業のほうがよほど「その辺の機微」をわかってるというのはいかがなものか。


任天堂製のローンチタイトルが少ない理由について、開発リソースの不足なのか、いわゆる「小出し」論なのか、見解はわかれるでしょうが、熱狂的なファンの間で信仰されている「小出し」論にしても、裏を返せば、強力な牽引タイトルが小出しにされて、普及スピードが思ったほど出ないかもしれない、という各社の不安を育てるわけです。

「外交」的には完全に誤ったメッセージの出し方です。サードパーティ各社が「任天堂がタイトルを小出しにしている隙に儲けよう」と本気で考えてるなら、どうしてローンチのラインナップがあの有り様なんでしょうかね? もう1つ理由があるけれども、それは本当に任天堂ハードでは珍しい失策だけども、それも誤ったメッセージになっています。

やれやれ・・・・。
正しい「外交」メッセージをきちんと伝えなければいけない、というのがWiiの最大の教訓だと思ってましたが、任天堂にとっては異なるのかもしれませんね。DSやWiiの時とは違って、新しくこういう販売支援・開発支援を始めます、という説明をすべきだし、さらには業界、特に任天堂市場の流通をふくめた構造的な課題をこういう風に解決します、という提示が必要でしょう。

ま、期待してる会社はさほど多くない、としても。

«  | HOME |  »

2011-01

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。