Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードサイクルの長寿命化と市場の分化

奥谷海人のAccessAccepted::2010年の欧米ゲーム業界を概観する
 THQほどのメーカーになれば,Sony Computer EntertainmentやMicrosoftからある程度のレクチャーを受けていると思われることから,PlayStation 3もXbox 360も,少なくとも2013年の段階で現役のコンシューマ機として扱って良いと判断したと考えられる。
 さすがに,三部作最後の作品のプラットフォームがどうなるかは分からないが,ともあれ,2013年にはPlayStation 3が7年目,Xbox 360は8年目を迎えることになる。かつての「次世代機」は,かつてないほどの長寿ハードウェアになる可能性は高そうだ。

うちのブログで過去に何度か書いてきたように、携帯機、据置機ともに長寿命化しつつあり、ハードウェアサイクルの長期化が進んでいます。

産業としては成熟化の段階を経て、ゆるやかな衰退期に入っており、市場も分散化していく一方です。あれほどの普及台数をほこったDSでさえマーケットの統合がなしえなかった以上、この流れは不可避でしょう。

マーケットの分化が進んでいるという認識は、中小メーカーの経営者にとってすでに共通のようです。

なぜ,あえて“JRPG”にこだわるのか。29歳の新たなリーダー,イメージエポックの代表取締役・御影良衛氏に,そのビジョンを聞いた
 僕は,よくプロダクトライフサイクルの話をするのですが,成熟市場から衰退市場へと移行していく中で,ベンチャー企業が大手さんの主戦場にならない部分を取りにいくケースがあります。今のゲーム市場におけるイメージエポックとRPGは,そういう関係ですね。

門前仲町ではたらく社長のアルブロ:ゲーム業界は、KAGEROUの如く。
国内では、制作費をいかに抑えるか、日本人に対してのマーケティングをどう進めるしかありません。その結果、スペックに限界があるPSPを中心に開発を進める日本は、世界的な技術に差をつけられていく事になります。

ただ、現在は海外の1000万本を売るような会社でさえ、巨額の赤字を出してしまい、制作費とプロモーションのバランスが問われる時代なってしまいました。しかし、本来そこは日本の大手のゲームメーカー達が目指していた市場であったに違いありません。

これらの捻れを是正する事がゲーム業界の活性化に近づくはずですが、その為のハードが「3DS」なのか「PSP2」なのか「スマートフォン」なのか、それとも細分化された世界を統べるハードはなく、個々の対応をしていくだけなのか?

覇権ハードにのみソフトを供給していればよかった、わかりやすかった時代のほうが楽だったのは確かでしょう。けれども、もはや戻れないという現実から目をそらしても仕方ありません。

スマートフォンの普及が遅れていた日本においても、3キャリア全てがガラケーをスマートフォンに置き換える意志を明確にしました。SCEはどちらかといえば、スマートフォン側に近づいていくし、一方で任天堂が3DSをもってスマートフォンとガチンコ勝負するつもりないのは通信回りのスペックからも明らかで、5~6年後、さらに次世代の携帯機が出る頃には、スマートフォンが普及しきっています。ま、とはいえ、スマートフォンは参入企業が多くて競争が激しいので、単純にスマートフォン対応だけで十分、とはなりませんが。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2010-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。