Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃度の高い国内向けコンテンツを、濃度の高い日本人ユーザーに投入していく戦略

イメージエポック、ゲームパブリッシャー事業に参入
PSP「最後の約束の物語」、「ブラック★ロックシューター THE GAME」など新作を多数公開

噂通りイメージエポックがパブリッシャー事業に参入しました。
おそらく、上場をめざしていると予想されているレベルファイブ同様、同社も上場をめざしていくのでしょう。

メガヒット級のタイトルを抱えるレベルファイブと違い、イメージエポックは濃度の高い中堅RPGを多数制作してきたスタジオだけあり、戦略も大きく異なっています。発表会でSCEJの河野弘氏が登壇した事から伺えるとおり、濃度の高い国内向けコンテンツを、濃度の高い日本人ユーザーに投入していく戦略。
  • PSPで2タイトル、『最後の約束の物語』『ブラック★ロックシューター THE GAME』を発表。
  • また次世代型ブラウザゲームとして、PS3、PC、スマートフォンで『シュバリエ・サーガ・タクティクス』を発表。ネットワーク部分はイメージエポックの経験値が少ない分野ですが、なんとNHN Japanと組む戦略。
  • ニコアプリで『ぷちっと★ロックシューター』も投入。
  • 2011年以降、発表されるタイトルとして、TYPE-MOONとの完全新作、「ARK」「MARS」「REMS」の4タイトルの存在も明かされました。
全体として、PSフォーマットへの展開が目立った事と、他社と協力してオンライン分野にも乗り出しつつあることの2点が印象的です。

濃度の高いコンテンツを求めるユーザー層がPSフォーマットに集まってきている現状を正しく反映しています。またソロゲームの代表格だったJRPGも、「ソーシャル要素」やオンライン要素の導入が不可欠になりつつあるという判断も見えますね。


無論3DS向けに0本という事はさすがに考えられません(ARKあたりは怪しい)が、開発会社としてのイメージエポックは任天堂ハードでの実績が多かっただけに、意外に感じる人もいるかもしれませんね。

M☆G☆M+etc...
ちょっと意外だったのが任天堂ハードの新作が見当たらない事。
少し前のイメージエポックは任天堂ハードを中心に活動していましたからね。

何故こうなったか?
濃度の高い国内向けコンテンツを、濃度の高い日本人ユーザーに投入していくなら、PSフォーマット以外の選択肢がほとんど無い、という事です。Wiiは実質死んでいるし、次世代Wiiも不透明で、3DSはDSに似た性質のマーケットになる恐れも。

PSフォーマット以外を見渡すと、かつてのMMORPGのかわりとして、ブラウザゲームも。スマートフォンはガラケーと違い、ゲーマーからも”許されたハード”。ゲーマー系ブログでもたまにiphone等のゲームを紹介している所なども見かけますね。

国内では3DSのマーケットの「性質」が不透明な点がネック。
DSを基準に考えると、濃度の高いコンテンツは意外と苦戦する恐れもあります。開発費が高騰するだけに、慎重な判断が求められそうです。

発売されたら、結局「任天堂無双」で、DS市場のサブセットなんでしょ、というリスクは誰でも考えるでしょうからね。今の所そうならない保証は無いし、任天堂側の施策も未発表です(いっしょにスタートを切るというような抽象的で、無策でも言い逃れられるような公式発言のみ。アルケミスト社長からも突っ込まれてましたね)。

逆に、任天堂が本当にゲーマーを取り込むつもりなら、このクラスの会社が喜んでソフトを投入していく市場環境を作れなきゃ、お話にはならないんですが。ファルコムの地味な努力が結実したPSPと、大手の有名タイトルを強奪することに夢中になって新しい芽を育てられなかったWiiとの違い、というかね。ま、期待してません。某強奪タイトルを自慢げに振りかざすつもりなのは、すでに聞こえてきてますし。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2010-11

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。