FC2ブログ

 

Latest Entries

まあ口先外交はすぐバレるよね。

「任天堂のハードで売れるのは,任天堂のソフトばかり」と公認。

反省してみました。by任天堂

それでは国内の開発者からのメッセージを紹介します。by任天堂

業界の普通の感想:
(それってDSやWiiの発表会でもやってた事ではないですか?
何の改善が見られたんでしょうか??)

アルケミスト社長が任天堂の岩田社長に物申す!「流通の問題点を今一度見直すことが必要では?」
正直、任天堂は「売れないタイトルを出すお前らが悪いんじゃ~」って思っているんだろうなーって考えていました。ところが、すでにソフトメーカーが全社が抱えていた問題を解決する手段をお持ちだとは!さすがです。
そして、社長からは、「ニンテンドー3DSではスタートダッシュの段階でサードパーティと足並みを揃える必要がある」との言葉と共に,日本の開発者からのビデオメッセージを紹介してくれました。
えええぇぇぇぇ!! ちょっとちょっと違うんじゃない!?
開発者からのカッコいいコメントを聞きながら、心の花がシオシオになっていきます。

ま、もし口先だけの外交なら、すぐに馬脚を表すわけで、サードパーティ各社が任天堂の本音を見切るまでに1年も掛からないでしょうね。さすがに、さすがに、本体発売前に馬脚を現すことは無いと信じたい。

アルケミストの社長が指摘している事って、あり得ないワガママではなくて、実は他のプラットフォームでは実現できている事もあるわけです。ROMメディアの制約があるとはいえ、何らかの改善は欲しいところでしょう。


「3DS」翌日、任天堂の株価は10%下落 関連銘柄も急落
業界からの期待が低下しても、サードパーティ各社がWiiから離れていっても、「任天堂神話」を信奉していたアナリスト達もついに現実に向き合ったようで、株価もさらに下落したようですね。

業界各社からの失望が強まれば、さらに厳しい事になるかもしれません。あれだけ大勢のメディア、業界関係者が集まる場で発言したわけですから、本気で改善に取り組んでほしいものです。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2010-10

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター