Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ま、こんなもんでしょう。

今日は特に「驚くべきニュース」は無く、年末商戦はモンハン無双になることが確定しましたね。

あ、そうそう、3DSの発売日は来年の2月26日で、価格は2万5000円と発表されました。

サードパーティ各社の年内ラインナップを見れば、PSPシフトを敷いており、3DSの年内発売が無い想定でいた事がわかります。どうして株価が急落するか不思議でなりませんが、任天堂なら何とかするかも、という無垢な信仰心や期待感があったのでしょうか。

まあうちの読者にしてみれば、予想通り「ふ~ん」な発表内容だったのではないでしょうか。

『ラブプラス』の注目度が高いようですが、「+」版の売上が思ったほど伸びてない点がやはり気になりますね。女性ユーザーを取り込んで成長した『DIVA』と異なり、限界数が見えているソフトだけに、あとは濃いお客さんを維持し続けられるかどうか。

その他のタイトルを見てもリメイクと続編が中心で、3DSらしい新作ゲームが特に見当たらないのがある意味サプライズ。PS陣営のいつものラインナップを奪ってくれば、当座は何とかなる、ともし本気で考えているのだとしたら、Wiiの教訓をどう捉えたのか、疑問です。まあ発売まで時間があるので、温存している、と解釈したいところ。

なんか色々と小さな機能を詰め込んでますが、2万5000円という価格を納得させ続けられるか。最初は新しいもの好きや、いつものお客さんで売れていくでしょうが、DSのような広がり方を狙うなら、新しいキラータイトルの提案が必須。ゲーム機として逸脱した機能を詰め込むことに夢中になって失敗した「Wiiチャンネル構想」の轍を踏まず、まず第一に新しくて面白いゲーム体験を提供することに全力を尽くしてほしいですね。リメイクや続編でハードの普及台数を稼いでも、DSブレイクのような現象は望めません。


岩田社長自らが「任天堂ハードで売れるのは任天堂ソフトばかり」という認識を示したのは良い兆候です。2年は遅かったと思いますが、頑迷に認めてきませんでしたからね。今回の発表会でも、サードパーティからのWii向けの有力タイトルの発表は特に無く、サードパーティのWiiに対する本音が露骨にあらわれています。任天堂が「サードのソフトが売れないのは誤解」とか「事実無根」などといくら宣言したところで、現実は変わりません。売れないものは売れない。

現実に向き合って、一緒に盛り上げていこうとする姿勢を明らかにしたのは好印象ですね。まあ問題は、3DSで新しいソフトが出て、それが売れるかどうか。初期需要に間に合わせるためのリメイク、続編タイトルの数をそろえても、一時的な盛り上がりで終わってしまいます。PS陣営の看板タイトルを誇らしげに奪ってみせたものの、結局逃げられてしまったWiiの悲劇(喜劇)を繰り返さないよう、新しい種をまき、育てることを一緒にやっていってもらいたいですね。


3DSそのものは、スマートフォンの普及という現象に対して何らの影響を与えるものではないし、スマートフォン向けの開発が衰えることも無いでしょう。ゲーム機メーカーの新製品が「時代を変えた」時代は終わり、いまや時代を変える、生活を変える、娯楽を変えるのはアップル、Facebook、グーグルのような企業です。

携帯ゲーム機のハード価格とソフト価格(ソフト開発コスト)が上昇するのにともない、より安く、より手軽なゲーム市場が発生する可能性は高まりました。スマートフォン向けの無料や低価格のゲーム群、ソーシャルメディア上で展開されるソーシャルゲーム、・・・・。それらのゲーム群は、従来のパッケージゲームと客層が異なったり、重なったりする部分をもちながら、少しずつ成長していくのでしょう。

そういう意味では短期的な売上なんて実はどうでもよくて、1年後、2年後に携帯ゲーム機のポジションがどうなっているかという事が本当に問われるべきなんでしょうね。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2010-09

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。