Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム機メーカーのオウンゴール合戦はなかなかシュールですね。

ゲーム業界の景気が良くないねえ、という話はあちこちに出ているわけで、ソーシャルゲームを含めた周辺業界が元気な状態とも対照的。いくつか理由はあるけれども、ゲーム機メーカーとサードパーティの思惑のずれっぷりが大きいのもその1つなんでしょうね。

Wiiにおいてサードパーティソフト市場が壊滅的になってきたのは、もはや誰の目にも明らか。一方でソニーとマイクロソフトも「Move」や「Kinect」みたいな粗大ゴミに投資を続けていて、勝手に無駄金を使っている状態。


Xbox 360用「Kinect」の高価格は、Microsoftの苦渋の決断の結果
ハードで処理するかソフトで処理するか、コロコロ変わって開発者を振り回したあげく、ローンチ時点ではWiiと大差ないパーティゲーム系ばかりになってしまい、コアゲームの投入は来春以降になるから、真の評価は来春まで待ってくれ・・・・
本当に愚かという他ない。

とりあえず任天堂の「売り」を潰しておこうぜ的に、適当にアドバルーンを上げておけば十分だったはずなのに、結構な額を突っ込んでしまって、引くにひけないし、でも圧勝できるような自信も無いから、赤字垂れ流しもそんなにできないんで、心優しいユーザーの皆様にバカ高い価格設定を押しつける。
まさに醜態の一語。

ゲーム機メーカーは現行の据置ゲーム機において、それぞれ大失敗をやらかしていて、もはやどれだけ得点を取ったかではなく、どれだけ失点をしたか(しなかったか)だけで、競争が決まっています。PS3の序盤での躓き、Xbox360のレッドリング、Wiiのサード外交の致命的な失敗、SCEとMSの体感路線への無駄遣い、任天堂の的外れなネットサービス、・・・・。

ゲーム機メーカー各社は、据置ゲーム機の未来を拡大する方向に投資せず、的外れな方向に巨額の投資をおこない、勝手に転んだあげく、ソフト日照りや本体および周辺機器の価格という形でユーザーにしわ寄せしています。


ハードメーカーはお利口さんが多いので、ゲーム機のあるべき姿への遠大なビジョンだとか持っているのかもしれませんが、もうちょと現実を見たら?と思います。

しかし彼らに同情するのは、周辺機器のようなハードウェアの場合、初期の企画立案からローンチまで2年は掛かってしまうため、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる作戦はできないし、環境変化が急速な場合は、仕込みまで時間が掛かった割りに飽きられるまでの時間が短い、という事があり得ます。Wiiが飽きられるまで何年だったか考えると、3DSの3D機能も1年、2年でしょ。2年仕込んで、2年で飽きられるじゃ悲しすぎるだろ。

DS、Wii以降のライトユーザー市場を乱暴に総括してしまえば、消費者の大半がゲームソフトの内容そのものではなく、目先の新鮮さや効能、そしてコストパフォーマンスにしか興味がない。そこで面白機能で目先の物珍しさでお客を引っ張ろうというのは、エンタメ屋として間違った判断ではありません。

ただ、問題はそれさえ飽きられること。安いセンサを1個くっつけましたでは、もう通用しない。するとハードウェアの設計、開発、製造、それに合わせたソフトの開発に2年はかかる。その間に鮮度が落ちて、消費者の関心を呼ばなくなる恐れもあるし、投資回収のしきいが上がっていきます。

すぐに飽きられないようにと考えれば考えるほど、ソフト開発そのものはどうしたって時間が掛かります。しかも効果は疑問。Wiiシリーズ1つ取っても、WiiFit→WiiFit Plus、Wii Sports→Wii Sports Resortで、ボリュームが増えて、ゲームとしてももっと遊べる物にしました、というような事を主張していたけれども、いや、別に消費者はそんなこと求めてないんじゃないの?


集客、定着、投資回収の3つのフェーズの中で、集客は手頃な価格設定ができて、それなりの品質の物を莫大な宣伝費をかければ、ある程度数字は作れるでしょう。DS、Wiiはそれができたし、3DSもその点は外さないはず。問題は定着と投資回収で、任天堂は回収できても、乗った会社がどれだけできるのよ、というのが未知数ではあって、そこを説得できる材料が今度の発表会で出てくるかどうか。

まあMoveとかKinectなんて、その前段の、集客さえできそうにないわけですが(失笑

定着というのはアクティビティーと言い換えてもいいのですが、ゲーム市場を支えるコア世代の年齢が上昇して、徐々にお手軽に変えて、お手軽に遊べるゲームが増えてきたという事。遊ぶお金はあっても、遊ぶ時間が限られている人が増えてしまって、面白いかどうかではなく、時間に対するコストパフォーマンスやすきま時間にプレイできるかが重視されるようになってきました。

利用頻度を上げるためには、更新頻度とアクセスしやすさを上げる他なく、任天堂がネットサービスに目をつけたのは正しいのですが、本来土俵であるはずの「ゲーム」におけるネット機能の充実を避けて、むしろ「ゲーム以外」の機能の拡充に踏み切ったのは失敗でした。ダウンロードソフト市場を盛り上げたり、XBOX LIVEとはいかずとも、WiFiコネクションの充実に努めたり、やれる事はあったはずなのに。


ゲームに対する関心が薄い層にゲーム機に触れてもらうために、ゲーム以外のテーマを持ち出すのは悪くない戦略で、DSにおける脳トレやWiiにおけるWiiSports、WiiFitはその成功例でした。しかし集客フェーズにおける戦略をそのまま定着フェーズに適用したWiiチャンネルは明白な失敗でした。

オープンなネットを活用せずに、毎日役に立つ情報を消費者にとって便利な形で公式配信し続けるなんて、無謀なんです。情報だけなら、もっと便利な端末が普及してます。それらの端末を毎日持ち歩いて、コミュニケーションにも利用しているのですから。

しかもそこにコミュニティもある。どちらを使うかは明白でしょ。すでにgoogleからfacebookと言われてる時代です。ソーシャルメディア業界の動きのスピードにまったく追いついていません。

ゲーム機はどこまでいっても生活必需品ではない。だから実用的な機能を投入しても、一時の流行り以上のものにはなりません。それを一番わかっているはずの任天堂がこういう失敗をおかすのだから、皮肉なものです。

まあ1つだけ方法があって、アップルやFacebook程度にオープン化すること。でもゲーム機メーカーはどこもやりたがらない。クローズドなネットワークでやりたがる。もしオープンにする覚悟が無いなら、ゲーム機としてもっと深化していく他ありません。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2010-09

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。