Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんというか、その、凄すぎるのか、酷すぎるのか。

「戦国BASARA3」シリーズ最高の42万3000本を売り上げる。 戦国無双とはなんだったのか
地道に本数を伸ばしてきた『戦国BASARA』をほめるべきか、地道に本数を落としてきた『戦国無双』を嘆くべきか。ここでカプコンとコーエーという2つのソフトメーカーの姿勢の違いを論じてもいいのですが、違った角度から物事を見てみましょう。

据置ゲーム機における2010年のサードパーティ売り上げをみると、PS3が圧倒的です。
PS3/Xbox/Wiiサード売上2010(エンターブレイン)

龍4     553,651 PS3
北斗無双  546,857 PS3
BASARA3 330,044 PS3 ←
バイオ5AE  258,961 PS3
ドラクエMB  256,303 Wii
パワプロ2010 195,423 PS3
ACER    187,661 PS3
ウイイレ蒼   186,535 PS3
EOE     184,622 PS3
ロスプラ2   162,701 PS3
プロスピ2010 160,656 PS3
SO4I     152,297 PS3
バイオDC   138,610 Wii
スパ4     132,664 PS3
ニーア     127,649 PS3
MHF     111,039 Xbox
アルトネ3   108,741 PS3
GTA:EFLC 100,846 PS3
信長      97,274 PS3
トトリ       91,826 PS3
そもそも据置ゲーム機自体が退潮傾向にあり、国内だけを見れば、携帯ゲーム機のシェアこそが重要です。しかし海外市場も見据えれば、まだまだ据置機のマーケットは巨大。さらに海外では、携帯ゲーム機よりもスマートフォンの市場のほうが成長性が高いでしょうね。

それにしても、Wiiはあそこまで台数を伸ばしながら、この状況。ある意味歴史に残るプラットフォームですね。プラットフォームホルダーが畑を耕すことを忘れるとこうなってしまうという歴史の教訓。それだけマーケットの分化が進んだという事でもあります。

「デバイス・OSフリーへ」 DeNA南場社長が語るスマホ時代のゲームプラットフォーム論
そういえば、DeNAの南場社長の講演で、プラットフォームホルダーとサードパーティの方向性が一致してない事がコンシューマーゲーム業界の問題点だ、と指摘していましたね。あんたん所がそれを言うんだ、と突っ込みたくなりますが、その指摘自体には一理あります。

プラットフォームホルダーとサードパーティの関係も変化が必要になってきたんじゃないでしょうか。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

2010-09

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。