Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラットフォーム戦略の悩ましさというか面白さなのかもしれんが。

Wiiにコアゲームだしてるゲーム会社は
何故乳児に固形食を食わせるような真似を平気でするのか?
ま、あれだけCMを打った『ゼノブレイド』も『ゼノサーガ』を下回って、右肩下がりの低調な売上でしたからね。Wiiは家族と遊んだり、友達を接待するためのゲーム機という位置づけで、ほぼ定着したのでは? 一部のオールドゲーマーが余生を過ごすにはお手頃かもしれませんが。

Wiiというプラットフォームをどうしたいか、任天堂自身からのメッセージが極めて弱まっている現状で、サードパーティ各社がやる気を出すはずもないでしょう。せいぜい子供向けのソフトは手堅いと読んで、出すぐらい。『ドラクエ モンスターバトルロードビクトリー』とか『イナズマイレブン』とか。

そういえば、『テイルズオブグレイセス』の完全版がPS3に発表されましたね。まあ誰しもが予期した展開したにすぎません。思えば、PSフォーマット以外で出たテイルズはPSフォーマット版が発売される可能性が極めて高い。第1作こそスーファミ時代末期に発売されたものの、シリーズとして育ったのはPS1、PS2ですから、当然でしょう。

PSのものはPSへ、という事で、正しい所へ収まってよかったですね。ファンが最も望むプラットフォームで発売するのが誰にとっても幸せなわけで、バブリーな波に乗って、浮かれた判断をしても益はありません。

こういう記事はちょっと悪趣味だなと思わなくもないのですが、とはいえアイマス関係者で退職しているのはこの方だけではないですからね、僕の知る限りでも・・・・。

まあ別に『アイマスDS』が実質的に黒歴史化してしまったとしても、それを今更ほじくり返したいわけではなく、そもそも『アイマスDS』だけが問題なわけでもなく、単純にバンダイナムコの各所でこういった事例が見られるのでしょう。

要は、国内のコンシューマー市場はコンシューマーゲームを作っている人口や、作りたいと思っている潜在的な人口を支えることができなくなった、という事です。単にそれだけです。


任天堂路線がどうの、ソニー路線がどうの、という狭い話ではなく、それらひっくるめて救いが無いということ。アイデア重視開発というある種のファンタジーも、3DSで開発費が従来の携帯機の水準から大きく高騰することで、可愛らしいジョークにすぎなくなります。

3DSについては、解像度スペックとしてスマートフォン路線とは一線を画すことがハッキリしたわけで、それは同時に、電子書籍マーケットの争奪戦には不参加を決め込んだに等しい。今さらKindle、iPad、ガラケー電子コミック市場に割って入る余地もないでしょうけど。

ぶっちゃけ、3DSはビジネス面ではDSよりも「可能性の狭い」プラットフォームであって、ROMカートリッジの制約はありつつも、『脳トレ』『DS文学全集』などで垣間見せたような「可能性」は、ただの可能性として消えつつあります。それは結局の所、任天堂がゲームの外への欲望よりも、ゲームという内側を守り抜くことを選んだという事であって、ビジネス面ではいかにも保守的です。以前から何度か、任天堂は優れた発明家であっても、優れたビジネスマンではない、と書いてきたとおり。


しかし3DSにも良い所はあります。
ゲーム業界各社にとっては、3DSというプラットフォームは開発費がDS、PSPからさらに高騰していくというリスクをはらみつつも、勝手知ったるビジネスが展開できるという点で魅力的です。iPhoneアプリは小さな開発スタジオや個人のフットワークに追いつかず、ソーシャルゲームではむしろ大手ゲーム会社は失敗が続いています。

新しい可能性がどれほどあるにしても、勝てない戦場にばかり乗り出していては益が無い。新興マーケットでのシェアを狙いつつも、堅実にゲーム機ビジネスで収益をあげたいところでしょうね。とはいえ、EAがPlayfishを買収し、GoogleやソフトバンクがZyngaに大規模な出資をおこない、ディズニーがPlaydomに出資の噂が流れています。

日本においては一部に「一時的なバブル」という浅薄な理解がありつつも、世界的にはソーシャルは巨大なポテンシャルという理解が浸透しています。こういった部分を見ても、結局「ものさし」の小ささが露呈するのですよね。

日本国内においては、オープン化するプラットフォームが相次いでおり、モバゲーと組んだヤフーに続き、ハンゲームがついにオープン化を発表しました。プラットフォームホルダーは増え続けています。テレビCMにしても、ジャンプの裏表紙にしても、モバゲーとグリーの広告が目立っており、ソーシャルプラットフォームの勢いが感じられるようになってきました。

少なくとも海外では、スマートフォンは重要なプラットフォームとして確立しつつありますし、これから数年は複数のプラットフォームが並立していくのでしょう。どこに乗るか、悩ましい時代ではありますが、面白い時代でもありますね。


スポンサーサイト

生存してますよ。まあWiiは現世代機というより引退世代機というかね。

忙しくて、更新さぼってるうちに再開の機を逸してましたが、そろそろ・・・・。


『パワプロ』といえば、N64との相性がよく、N64版『パワプロ』は定評がありました。その蜜月時代が終わりを告げ、ゲームキューブ、Wiiと世代を経るにつれて任天堂ハードでの売上も低調になっていきました。PS3版が初週でWii版の累計を抜くという出来事は、1つの象徴かもしれませんね。

また、アーケードのカードゲームの移植である『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー』が週間売上でわずか13万6000本、『ファイアーエムブレム』に続く2位にとどまりました。カードゲームはユーザー層が限定されるとはいえ、Wiiではドラクエブランドの効果が薄い、という印象を受けます。少なくともDSとは性質が異なるマーケットなのでしょう。

E3以降、任天堂ファンの間でも、Wiiはなかば過去のゲーム機として認識されつつあり、3DSの夢をほがらかに語る光景が増えたように感じます。今年は、あたらしい客層を掘り起こすタイトルもまったく発表されていませんし(Wiiパーティは従来層を刺激する効果しかないでしょう)、サードパーティ各社の姿勢も消極的、おまけに任天堂自身が3DSの立ち上げにパワーをかけざるを得ません。

今年のWiiは期待できないというのは、ちょっとゲーム業界の動向に詳しいユーザーなら、誰でも感じ取れることです。そして「1回休み」をしてしまったハードがこれからどうなるかは、言うまでもありません。そういえば、機を見るに敏なレベルファイブは、『ニノ国』をWiiではなく、PS3で発売します。

実際、E3を振り返ってみても、PS3やXbox360が新コントローラの成否はともかく、まだまだ今年もがんばって戦います、というメッセージを強く打ち出していたのと対照的に、Wiiはそろそろ引退しますムードが濃厚だったかも?

PS3とXbox360のような現世代機とは分けて、引退世代機として捉え直した方が実態に近いのかもしれません。

«  | HOME |  »

2010-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。