FC2ブログ

 

Latest Entries

「地獄までついていくか」なのか、「NOと言うのもファンの務め」なのか。

E3の感想をまとめようかなと思いつつ、長くなりそうな感じで、書ききれてません。

そういえばE3のおかげで『ゼノブレイド』が微妙に空気化してますが、やはり初週売上が低調でした。

ゼノを冠されたタイトルは右肩下がりで推移してますね。
今回、任天堂の莫大なCM投下があっても、この始末。
1998年02月発売:PS「ゼノギアス」51.3万本
2002月02月発売:PS2「ゼノサーガ エピソード I 力への意志」30.1万本
2004 年06月発売:PS2「ゼノサーガ エピソードII 善悪の彼岸」18.4万本
2006年07月発売:PS2「ゼノサーガ エピソードIII ツァラトゥストラはかく語りき」11.9万本
2010年06月発売:Wii「ゼノブレイド」8.3 万本
ネットを見ると、これまでゼノギアスやゼノサーガを遊んでいなかったユーザーも遊んでいるご様子ですが、従来ファンはどの程度動いたんでしょうかね?

仮に本作の購入者のうち7割が従来作品を買っていた層とすると、8.3万×7割=5.81万。
この人数は『ゼノサーガ エピソードⅢ』購入者の48.8%に当たります。
かなり多めに見積もっても、こんなものかな?

『エピソードⅢ』購入者はかなりのコアファンでしょうが、それでも約半数しか動かなかった、という事は、途中で「モナド」という名称から「ゼノ」を冠する名前に変更して、従来ファンを釣る作戦は、微妙な結果かな。見抜かれていたとも言えるし、Wiiで出した事で幻滅されたとも言えます。

『レギンレイブ』と光景が似ているなと思うのは、サンドロットも固定ファンがついていて、その半分ぐらいが動いたかな?という印象だったこと。固定ファンの一部と新規層が「神ゲー」「神ゲー」連呼してたけど、固定ファンを丸ごと動かすパワーは無かった。

(僕の印象論としては、そういう認識。実際クチコミでは動かなかった。盲信者系狂信者が「神げぇぇぇぇぇぇぇぇっ!」と叫ぶ絶叫ゲームを楽しんでいらっしゃった、という状況ではないかな。楽しそうで何よりでした。)


ソフトの仕上げ方の問題かもしれないし、WiiのSDの問題かもしれないけど、固定ファンのついた会社(ブランド)やシリーズを利用するという作戦は、Wiiマーケットではそこまで強力ではない。

ま、『戦国無双3』や『テイルズ』の任天堂ハードでの苦戦を見れば、こういう結果も予想の範疇。固定ファンといえども、全員が「地獄までついていく」という考え方ではないでしょう。「NOというのもファンの務め」だと思います。

何をもって「地獄」と称するかは人によりますし、「地獄までついていく」派と「NOというのもファンの務め」派の比率も、実際にはケースバイケースでしょう。ただ、せいぜい半分ぐらいだと思っておけばいいんじゃないかな、と。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2010-06

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター