FC2ブログ

 

Latest Entries

「外交」の光った任天堂カンファレンス。そして今年のE3の真の主役は『メタルギア』?

各社のカンファレンスが終わってみると、マイクロソフトは前座、任天堂が本番、SCEは後片付けの清掃係でしたね。話題としては、3DSが完全な主役になりました。Wiiを含めて据置ゲーム機は、カンファレンスにおいては完全な脇役でした。

今回、Wiiと3DSは対照的でした。

3DSについては従来と異なり、サードパーティとの協調路線を強調しています。このブログで再三うたってきた「外交」姿勢の改善はおおいに評価したいですね。任天堂としても、ビジネスの主軸である携帯ゲーム機がWiiのようになってしまうのは、(その可能性が低かったとしても)全力で回避したかったのでしょう。

『キングダムハーツ』等はもともとDSでも発売されていましたから、冷静にタイトルラインナップを見れば、DSやWiiの頃とそこまで大差ないのですが、小島監督みずから手がける『メタルギア』のような意欲作を呼び込んだことは成果といえます。

現時点では映像デモやタイトルのみの発表がほとんどで、ローンチ時にどこまでタイトルが揃うかは未知数なものの、岩田社長みずからがサードパーティとの協調路線を打ち出したのは良いことです。無論、任天堂の「外交」姿勢が本当に変化したのか、ローンチ時のタイトルラインナップ不足のリスクを回避するための方便なのかはわかりません。

しかし暴飲暴食の王様が君臨する王国から足早に立ち去っていく人々の足を止めて、もう一度話を聞いてみようかな、と考え直させるきっかけにはなりました。そのまま、人々が本当に王国にもどって、定着していくかどうかは、今後の「外交」施策によるでしょう。


一方、貴族たちの去った王国=Wiiはさびしい限り。最大の期待作『ゼルダ』が来年発売という事もあり、今年は盛り上がりに欠けることが判明しました。

『Wii Party』等のタイトル群にしても、従来からWiiで強かったパーティゲーム機感を強めるだけで、プラットフォームとしての幅の広がりを感じられません。ハードのサイクルが収束しつつあるのを感じますね。国民機PS2には及ばず。ま、もはや据置ゲーム機が国民機を担える時代ではないのでしょう。

『ゼルダ』については、リアル路線と再び決別して、大人リンクのまま、トゥーン化されており、『トワイライトプリンセス』と『風のタクト』の中間に落ち着き所を見出したようです。Wiiでどう頑張っても、HDゲームのようなリアリティある映像は望めませんし、残虐表現が強化される傾向が顕著なリアル路線に進んでも、ゼルダらしさには貢献しないでしょうからね。

そしてプロジェクトソラの謎の新作もついに公開されました。なんと『パルテナの鏡』の新作が3DS向けに制作されていたようです。完全新作を作っていたのかと思いきや、意外というか肩透かしな発表でした。映像を見る限り、桜井作品らしい雰囲気を感じる内容で、3DSの立ち上げにも大きく貢献するかもしれませんね。


E3全体でいうと、今のところ目を引くタイトルは『MGS RISING』のみ。人体切断のアクション、残虐性ともにチャレンジング。3DSのラインナップにおいても『メタルギア』の発表がインパクトを持っていたことを考えると、今年のE3は『メタルギア』が制した、小島監督のためのE3だった、と言っても過言ではないかもしれません。そういえば、前座よりも低劣な発表だったSCEも、PSPに関して『MGS PW』に強くすがっていましたね。

SCEについては、メディアの供給やネットワーク構想を取りまとめるまでにやはり時間が掛かっているな、という印象です。東京ゲームショウに期待しましょうか。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2010-06

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター