Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バズマーケティングというか、ユーザーとの合意形成の話なのかね。

全文を表示 »
スポンサーサイト

にゃにゃにゃ、にゅーす。

ニュースをぽつぽつ拾って、更新。
全文を表示 »

流出なのか、進出なのか。縮退なのか、拡散なのか、多様化なのか。

クリップ的に。

ゲーム業界のベテランが Google初のゲーム専門職として着任
NOA、SCEA、Gamasutra編集長など、輝かしい経歴を誇るMark DeLoura氏がグーグル初のゲーム担当になったようです。この人の転職っぷりはもはや尊敬に値しますね。機を見るに敏。

アップル、元ゲームジャーナリストをApp Storeのゲーム管理責任者に採用
IGNで長い間記事を執筆していたMatt Casamassina氏がAppleに移籍するそうで、これも流れですかね。

欧米ではゲーム業界からスマートフォン界隈やソーシャルゲーム界隈への進出が続いているみたいですね。日本の場合、なんとなく「都落ち」的なイメージがつきまとうのに対して、欧米の場合、キャリア形成の1過程というか、新しい大陸への挑戦というか、地続き感があるのも特徴的。

その辺の認識の違いはこの記事でも書いたとおり。強力なゲーム機ベンダが日本に揃っていた影響も大きいんでしょう。それは業界とマーケットにとって長らくプラスではあったのだけど、市場の縮退が進んできた昨今では、硬直性という弊害になって表れているのかもしれません。

任天堂路線で国内企業が救われれば良かったのかもしれませんけど、Wiiが示したとおり、今となってはありもしなかった幻想にすぎません。

第193回 「ゲーム機」は消える? 拡散する市場
 「無料」ゲームのコマーシャルで業績を伸ばしているGREE(グリー)が、いつの間にかスクウェア・エニックス(スクエニ)を抜いていた。グリーが2622億円に対して、スクエニが2267億円なのだ。
(略)
 ちなみに他の大手ゲーム企業の時価総額は、カプコンが1200億円。バンダイナムコはグループ全体で2292億円、フィットネス事業も行うコナミが2604億円といずれもグリー以下。セガサミーが3274億円でやっと上回る。
時価総額だけで語るものではないけれども、時代の変化を示す出来事ではあるんでしょうね。


週1更新になってきたな。

めーおーせーおー。
めーおーせーおー。

魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス) 魔界探偵冥王星O―ウォーキングのW (電撃文庫)

どちらも読了。

先週末はアニメの『CLANNAD』と『After Story』を全話再視聴しておりました。
さて今週は・・・・。
全文を表示 »

よもやま。

うあー、更新してる時間が取れねー。
って感じで、さぼってたけど、週末は更新しましょうかね。

とりあえず『けいおん!』と『Angel Beats!』は継続キャッチアップしてますが、他にオススメ番組ありますかね? ま、トルネでみんなの観てる番組を観ろってか? 品薄も解消したみたいだし、そろそろ買うかな。初期型だったPS3も、新型に買い換えたい気もするし。

『けいおん!』は安定視聴。
『Angel Beats!』はあれだな、鳴り物入りって始まったら大崩れするよね、実際・・・・って程には崩れてないかな。微妙な箇所も所々ありつつも、継続視聴してます。

ゲームでも同様の機能が欲しいねえ。
任天堂機の場合、任天堂のゲームばかり並んで、オススメの意味がどんだけあるのか謎ってな事になりそうだけど、PSシリーズなら、旬のゲームが出てきそうで良いんじゃないかな。

■前作ミリオンのWii 『Red Steel 2』 米国での初月売上は約5万本
Wiiではゲーマー向けのタイトルの売上が下がっているし、それに加えて前作の出来が悪かったというダブルコンボですからなー。

つか、どうして続編を出す気になったのか、イマイチわからんね。ローンチ需要を錯覚しちゃったのかな。

■6月24日は聖なる大乱戦になりそうだぜふははははは
『トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~』、『WHITE ALBUM 綴られる冬の想い出』、『ラブプラス+』の3本が発売。移植作の『CHAOS;HEAD NOAH』PSP版も出ますね。

ホワルバの延期は自業自得だが、ほんと困るよな。
売上は ラブプラス>トトリ>ホワルバ>カオスヘッド なんでしょうね。

トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(プレミアムボックス:クリスタルペーパウェイト同梱)特典 キャラクタークリアポスター付き ホワイトアルバム -綴られる冬の思い出-(初回限定版: イラストレーションブック & オリジナルサウンドトラック同梱) 特典 スティックポスターセット付き
ラブプラス+ CHAOS;HEAD NOAH(限定版)

■しかし発売予定リストを見てると・・・・
なんか寂しくなったのは俺だけですかね?

ま、前年度は「とある大手は動いていたラインを半分止めた」みたいな話が伝わってくるほど、業界のあちこちで案件のクローズが多かったんで、今年と来年はタイトル数が寂しくなるのは仕方ないんだけど。完成しているゲームでさえ止めちゃったケースがあるらしいしね(製造費や広報考えたら、売らない方がマシって判断)。

次世代携帯ゲーム機も、あまり盛り上がっちゃおらんのよね。
次世代PSPは年内出ないんじゃねってムードが強いし、3DSは動いてる所もあるみたいだけど、意外と様子見モードというかね、この時期にしては意外な静けさ。

つか、3DSにしても、DS並みの予算で作らされる羽目になるんじゃないか、という景況感ですからな~。中小では「DS並みの予算で、Xbox360やPS3のダウンロードソフトを作ってくれ」という話が増えてるらしいけど・・・・。ダウンロードソフトに未来があるかどうかより先に、パッケージを続ける体力が無くなった会社が増えてるという・・・・。

イシイジロウ氏の移籍といい、レベルファイブはうまいよね。集めやすい時期に人を集めている。
リストラや倒産が相次ぐ中、人を積極的に採っている所もありますからね。

ゲーム機メーカーがもっとうまく振る舞えばいいんだろうけど、SCEは「俺の余裕の無さはみんな知ってるだろ?」だし、任天堂は「外は寒いんだ。ふーん」と温室モード。

せめてセカンドぐらいは救ってやれよ、と思うけどなあ・・・・。
冷淡な時は冷淡な会社だけに、シングに続く所が出ないのを祈りたい。タイトルが余ってるなら仕方ないけど、ゲームファン向けに訴求するタイトルが無くて、いまだに『レギンレイヴ』のCM打ってる状況なんだからさ。

長期的かつ冷静に事態の推移を見守っているようでいて、内向きな側(サードよりセカンド、ソフト制作会社への投資は控えめ)に偏りがちな思考なのが残念。N64以降、そういう傾向が顕著なんだよね。ゲームフリークやHAL研がどんだけ利益を生んだか、忘れちゃいかんでしょ。

そういう状況だから、ソーシャルゲームやiPhoneみたいなスマートフォンに人や会社が流れちゃってるのは確かで、そこも真っ赤な地獄ではあるけど、2年後には(ゲーム機業界とそれ以外の)勢力図が変わってそうで怖いね。
ま、不景気は革新の原動力だよね。


なんでPS2時代より酷いんだ・・・・と思ってる人もいるかもしれませんが。

Wii『ゼノブレイド』の最新PVで主人公とヒロインが初登場するも顔がブサイク過ぎると話題に
人物の造形について、PS2『ゼノサーガ』より劣化してるのはどうなんだ・・・・。
と、思わず、突っ込みたくなりますね。まあ『ゼノサーガ』が終わった後、おそらく人が抜けてたりもするんだろうし、しょうがないんだろうけどさ。

WiiはPS2よりは確実に性能が上なので、全体としてはポリゴン数もテクスチャも使えるし、全体的な品質は上がってる、と言えるでしょう。ただ、人物は酷いね。


うーん。
このタイトルに限った話ではないんだけど、この手の人物造形について、Wiiのゲームが全般的にPS2時代より酷いような感じなのは、性能の問題ではなくて、要するにこういう造形にフェティッシュな情熱を注ぐようなデザイナーがWiiの仕事をやってないからなんだろうね。

性能が上がれば上がるほど、アートのセンスや、フェティッシュな情熱が如実に発揮されるから、社内でHD機とSD機のプロジェクトがあったら、腕のいい人はHD機に回さざるを得ません。それに愛あるモデリングをする人にしたって、SD機だけしかやってない会社よりは、自分の情念を叩きつけられる職場を選ぶでしょ。

無論、社会に属して、会社から給料をもらう身分である限り、目の前に降ってきた仕事にノーと言うわけにはいかない事も多いけれども、転職の多い業界なんだから、自分の能力をより発揮しやすい職場を探し求めるのは自然な話です。おっさんになってくれば、腰の落ち着き先を探したくなるだろうけど、若い時分にはそういうモチベーション優先で職場を探す鼻っ柱の強い奴はいて当然。

ま、性能以前に、モデリングを頑張ったって、評価されるマーケットでもないからね。宗教的な熱心さでもって、グラフィック否定するような変な人達がネット上で頑張ってるコミュニティも形成されてるようですし。


«  | HOME |  »

2010-04

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。