FC2ブログ

 

Latest Entries

ま、いいんじゃないでしょうか。

突然の発表で、あちこちを賑わしているようですが、この時期に公開した理由は不可解ですね。
裸眼立体視の3D液晶の採用については、単純な高性能/高精細路線を嫌う任天堂らしい選択で、ファンの中には予想していた人もいるのでは?
うちのコメント欄でも予想していた人がいましたね。

ネットの一部では裸眼立体視でどの程度の奥行き感が得られるか、とか、すぐに見慣れてしまうのでは、という懐疑論もあるかもしれませんが、任天堂ならば・・・・という期待感があるのもまた確かでしょう。PDA等で採用されていてもエンタメに生かし切れていなかったタッチパネルを採用したDSが大ヒットゲーム機になったように、3D液晶を採用した3DSも大ヒットするのかもしれませんよ?

「バーチャルボーイ」という過去も思い出されるものの、当時に比べれば映像表現力も格段に進化していますし、当時活かせなかったネタをうまく再利用し得るでしょう。過去の教訓を活かしつつ、良いネタを練り込んで世に送り出してほしいものですね。

この新ハードをどれほど過小評価したとしても、面白いソフトの少なくとも1本や2本は任天堂から発売されると予想してもいいでしょう。

問題は、Wii市場が任天堂「唯我独尊」市場になりつつある中、3DS市場がどんな市場になっていくか。サードパーティ各社がどれほどやる気を見せて、取り組んでいくか。そういった部分に関心が集まります。

スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2010-03

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター