FC2ブログ

 

Latest Entries

「Wiiでサードパーティソフトが売れない」は真実?

「Wiiではサードパーティソフトが売れない」「サードパーティがWiiから離れている」という話が最近よく出てきます。しかしその一方で、サードパーティ市場の詳細な分析というものは、実はほとんどありません。

岩田社長はサードパーティソフトが売れないという指摘を頑なに無視して、「思い込み」と一蹴する姿勢を貫いています。任天堂ファン系のブログやサイトも、この問題は深く突っ込みたくないのか、ほとんど触れません。口にするのは任天堂の売上の素晴らしさと普及台数の多さのみ。

そんな中、うーろん亭さんが2つのエントリーで詳細にWiiマーケットを論じています。非常に説得力を感じる分析です。

興味深いのは普及台数で半分近いPS3の方がWiiよりも巨大なサードパーティ市場を築けている点でしょう。FFが発売された影響による短期的な現象という意見もあるかもしれませんが、PS3から『FF13』の売上を抜いても、Wiiより大きなマーケットなんですよね。

もはやサードパーティにとっては、PS3の方が「売れる」マーケットになってしまいました。リンク先の記事中にある「52週累計販売本数の07/12/03週と10/02/01週データ」を見ると、Wiiは2倍、PS3は4倍の拡大をしています。PS3から『FF13』、Wiiから『モンハン3』を抜いた比較をしてみても、Wiiは1.5倍、PS3は3倍の拡大という概算になり、やはりPS3のサード市場が堅調に育っていることがわかります。

ではどうしてWiiはDSのようにサードパーティ市場を築けなかったのか。色々な意見があると思いますが、1つはゲーマー向けのソフトがWiiでは売れにくく、PS3では売れるからでしょう。『罪と罰』『斬撃のレギンレイヴ』などは最強のパブリッシャーである任天堂が売っても、売れなかったわけです。

ではどうやったら、Wiiでゲーマー向けのソフトが売れるようになるのか。
かつては僕も、その辺を真面目に議論しようとしていました。Wiiでゲーマー向けのソフトが売れてほしいと真剣に願って・・・・。けれども、コメント欄を荒らす自称ゲーマーが暴れるだけで、有意義な議論はなかなか成立しませんでした。

そもそも最近は割とどうでも良くなってきました。
サードパーティ各社が見切り始めましたからね。時間切れの感がある。

あとはいかにローリスクでWiiとつき合うかという話。PS3とのマルチとか、海外のダウンロードソフトを集めて売ってみるとか・・・・。本気でWiiに取り組む姿勢は見られなくなりましたね。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2010-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター