FC2ブログ

 

Latest Entries

ま、いつもの2週で消える幻想でしたか?(苦笑

【初週売り上げ】『バイオ5AE』14万本、『ヘビーレイン』26000本、『ダンテズインフェルノ』15000本、『EAT LEAD』2500本
『バイオ』が14万本で、消化率87%。続編ではなく、追加要素版という割りに、意外と売れてるなあという印象。『ゴッドイーター』も6万8000本売れて、累計で約45万。消化率も9割を超えていて、順調に伸びてますね。

『斬撃のレギンレイヴ』は2週目で24位まで落ちて、6800本。累計2万9800本で消化率79%ですか。あれ? 品薄ダンスを踊っていた人はどこへいったんでしょうか。ネットでも評価が高いという話はどこへ?

ま、こんなもんですよね、現実は。

初週売上が出た時点で、この結末は見えていたわけですけど、何故か発売翌週だけコメント欄でがんばる人達が押し寄せるというね・・・・(苦笑
2週経つと飽きて雲散霧消するのもかわいらしい。


サードパーティの『FFCC』や任天堂の『罪と罰』の頃から動向を見てましたが、結局ゲームを本当に楽しみたいわけではなく、実際に買ってもいない層が大声をあげて喚いているだけなんでしょうね。良いゲームなんだ、HDゲームよりも素晴らしいんだと力説しても、大多数のゲーマーにはスルーされるだけ。

Wiiというプラットフォームに張り付いている「自称ゲーマー」って、HDゲームに乗り遅れた自分を認められず、ゲーム通を気取っていたいだけなのかもしれませんね。ゲーマー層にクチコミで広げるようなパワーも人数もないし、HDゲームを遊ぶのに忙しいゲーマーを振り向かせるような感想や批評が書けるわけでもない。

Wiiというプラットフォームは、カジュアルユーザーやファミリーの他に、そういった人達の「難民キャンプ」になってしまった。Wiiで発売されるゲーマー向けソフトの高評価や消化率の高さなんて、2週もすれば消えてしまうじゃないですか。時代から遅れている人達の意見は、他のゲーマー層には届かない。

なんで時代遅れのゲームに振り向く必要があるの?という認識。
いや、認識すらしない。目に入らないのでしょうね。


そもそも業界内でも、ほとんど話題にならないですよ。

 「やっぱり売れなかったね」
 「へえ・・・・」(あ、そんなのも出てましたっけね・・・・)

 「ネットの一部で評判いいみたいですよ」
 「はあ?」(Wiiのゲームが俺達に何の関係あるの?)

というのが典型的な反応です。

任天堂業界とゲーム業界に分かれてきているという分析は異論のある方もいらっしゃるでしょう。しかし少なくともWii業界はゲーム業界から分離しつつありますね。どこか遠い空へ飛び立ってしまったというか、海の彼方に漂流していってしまったような、地続き感の無さが感動的です。


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

2010-02

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター