FC2ブログ

 

Latest Entries

最近のニュースに関する雑感

『けいおん!』2期は今年4月から放送開始決定キタ━(゚∀゚)━ !!
ぶらぼおぉぉぉぉぉぉーーーーっ。
早い。
実に早い2期のスタートです。

ハルヒで引っ張りすぎた角川の失敗をくり返さず、すばやく2期を立ち上げた点は大いに評価すべきですね。おそらくゲームも仕込んでいるでしょうが、「角川の失敗」「ハルヒの失敗」から学んだ正しい選択を期待したいものです。PSPかPS3かはわかりませんが、楽しみですね。


坂口博信の新作RPG『ラストストーリー』、ゼノギアス・ゼノサーガの遺伝子を引き継ぐRPG『ゼノブレイド』がWiiで発売決定!
任天堂がゲーマー向けのラインナップを発表したようです。
といっても任天堂が出す自称ゲーマー向けのソフトはあまり上手くいってませんから、どうなることか・・・・。もう忘れてしまった人も多いかもしれませんが、DSで『ASH -ARCHAIC SEALED HEAT-』というソフトが発売されていたことを思い出してみるのも一興でしょう。


個人的に気になるのはやはり『ゼノブレイド』。
しかしこのソフト、以前は『Monado: Beginning of The World』と呼ばれていたRPGで、途中でゼノシリーズっぽいタイトルに変わったのが非常に気がかり。中身は別物なのに、ゼノシリーズっぽいタイトルをつけた方が売れるだろうという安易な判断でタイトルを変更したんじゃないかという疑いを拭いきれません。

いま公開されているゲーム画面も従来のゼノシリーズからは外れた感じですよね。せめて、もうちょっとゼノシリーズっぽい絵作りができなかったんでしょうか? リンク先の記事のコメント欄でも、同様の突っ込みが見受けられます。

やー、騙すのは構わないんだけど、せめて上手に騙してほしいんだよね。


任天堂は悪い実例がありますからorz
まったく無関係のソフトに『FF』の名前を冠した『FFCC』シリーズを生み出した元凶ですし・・・・。もしかすると、広報上あたかも「真のゼノシリーズ」であるかのように語るのかもしれませんが・・・・。

ま、あのゼノシリーズの最新作であれば、映像を追求できるHDであるのが必然の選択ですから、個人的には「汚さないでほしいな」という思いで遠くから見守りたい。『オウガバトル64』というソフトが昔ありましてね。あれも辛かったなー・・・・。

任天堂がモノリスソフトを買った時点で予期できた展開ではあったのですけど・・・・悲しいね、こういう展開って。ゲーマー釣るエサにしか思ってないみたいな出来になってるのが残念至極。愛情なさすぎだわー。


『バイオハザード』を作った天才クリエイター・三上真司の完全新作『VANQUISH』が発表!
ほー。
これは、これは、また1つ楽しみなタイトルが発表されましたね。セガ×プラチナゲームスの最後の弾になるのでしょうか。先日プラチナゲームズが海外パブリッシャーと仕事をしているという噂がネットに出てましたが、うん、ここは紛れもなく最先端に位置する開発スタジオですよね。

かつては志を持っていた人達がお金がなくなって、お金を持ってる所にすがりつき、意に沿わぬ表現力のプラットフォームでソフトを作っている光景は悲しいものです。しかし尖っている人達が尖ったハードで尖ったものを作っている姿は好ましく、美しく、素敵な光景ですね。

ま、噂に聞くプラチナゲームズの開発費は半端ないので、あれほど巨額の開発費を出したセガもすごいけど。セガから出たソフトの開発費を足したら、シェンムー級にはなるんじゃないの?


スポンサーサイト



なのはさん、大勝利!!

劇場版『魔法少女リリカルなのは』2日間の興収6129万2300円 物販売上もすごい模様
「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」
23・24日の2日間で動員3万9863人、興行収入6129万2300円

「劇場版Fate/Stay night Unlimited Blade Works」
2日間動員2万4407~興収3769万9500円。

『なのは』『Fate』共に好調なスタートを切ったようです。
単館あたりの売上が平均320万円を越えるなど、さすがの信者パワーを発揮。また「新宿ミラノ1」での初日の物販売上が1195万9025円に到達し、あのエヴァと比較しても1.6倍以上の売上。コミケの風物詩ともいわれる、なのは信者のすさまじい信者力を客観的な数字で示しました。

劇場版の主題歌を収録した、水樹奈々の最新シングル『PHANTOM MINDS』は5万枚以上販売して、オリコン週間チャートでトップに輝き、PSP『魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE』も初週売上が7万7000本。

『なのは』は長い間、高い信者パワーを維持してきた安定度の高いコンテンツ。一方、母数はやや少なめかな?と案じていましたが、こうやって数字が出てきてみると、母数も相当な数がいますね。白い魔王様の下僕の1人としてはうれしい限りです。僕もリピート鑑賞のスタンプを早く埋めて、フィルムをゲットしたいものです。

魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE BATTLE OF ACES- リリカルBOX


«  | HOME |  »

2010-01

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター