FC2ブログ

 

Latest Entries

その選択は軽くない 『シュタインズゲート』

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(通常版)
「それが運命石の扉 -シュタインズゲート- の選択だ……エル・プサイ・コングルゥ」

舞台は秋葉原。主人公の岡部倫太郎は大学生になっても厨二病から抜けられない重度の厨二病患者(邪気眼使い)で、狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真を名乗っているが、周囲からは「オカリン」の愛称で呼ばれている。
全文を表示 »
スポンサーサイト



4つの課題

新型PS3「好調を維持」 2Qは320万台
前年を上回る好調なPS3。
時間はかかっていますが、SCEのゲーム事業が着実に復調しているのを感じますね。国内では週販でPS3が値下げしたWiiを越える売上をキープしており、このままの勢いで年末へつないでいきたいところ。

鉄拳6:バンダイナムコの人気格闘ゲーム 世界で250万本出荷
『バイオハザード5』『ストリートファイター4』など、HDゲーム機向けのコアゲームは数百万本売れており、日本と違って、ワールドワイドではゲーマー市場がまだまだ堅調ですね。まあ日本においては、ソフトメーカーがタイトルを色々なハードに分散させてしまって、自らコミュニティを破壊してしまった気もしますが。

任天堂 DS新製品、Wiiは値下げ 業績回復へ年末商戦正念場
さて任天堂は上半期の業績低迷を補うべく、Wiiを値下げしたほか、DSi LLを発表しました。岩田社長の値下げ否定論のとおり、値下げしたWiiの販促効果は国内では限定的でした。海外でどのような効果をもたらしたのか、売上データが興味深いですね。


国内においては、現役ゲーマーが「据置機はPS3」という決断に達しつつあり、一方Wiiはクラシックゲーマー層を囲い込んでいます。新作ゲームをなかなか買わない性質のクラシックゲーマー層をどう刺激するか、各社も悩み所でしょう。しかし少子高齢化が進み、人口ボリュームの多いファミコン世代の年齢が上昇している日本では、重要な課題の1つでしょう。

ざっくり整理すると、大きく4つの課題があります。
  • 現役ゲーマー向けに「映像」や「オンライン」要素を重視した最先端のゲームを提供する
  • 新作ゲームよりも過去のゲームへの関心が高いクラシックゲーマー層に新作ゲームを買ってもらう方法を考える
  • 女性層をふくむカジュアルユーザーに興味を持ってもらえるゲームを作る
  • ゲーム世代ではない高齢者ユーザーにアプローチする
1番目については、カプコンやバンダイナムコなどの大手が頑張っています。今後はコミュニティが分散してしまった国内市場において、コミュニティの統合を図りつつ、ワールドワイドで売れるタイトルに力を入れていくのでしょう。

2番目については『世界樹の迷宮』など、ちょっとした成功事例が出てきていますが、まだ明確な答えはありません。個人的には買う予定ではありませんが、『光の四戦士』のアプローチも興味深い。どんなジャンルでも、ユーザー年齢が上がってくると、新作の購入意欲が落ちていきやすいため、この層へのチャレンジは重要。

とはいえ、時間が無い、(家計的に)小遣いが少ないというユーザー相手に、新作を積極的に買い続けてもらうのはどうしても難しい。ソフトメーカーの関心が海外市場に向かうのも無理はないでしょう。

3番目は『トモコレ』のヒットが希望の光。しかし全体としてはmixiアプリやGREEのソーシャルゲームに流れているように見えます。莫大な広報費を使える任天堂は例外として、ゲーム機経由のアプローチでは厳しい。

4番目については『脳トレ』バブルが収まった今、地道に遊びやすい環境を作っていくほかないでしょうね。DSi LLも、値段の高さや重さなど、課題は多いものの、高齢者ユーザー向けの施策としては評価できます。

従来のゲーム会社がチャレンジするのは非常に厳しいマーケットで、制作者のモチベーションや資産活用を考えても、無理に挑戦する必要はありません。事実、従来型のゲーム企業はこの分野から大きく撤退しています。


«  | HOME |  »

2009-11

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター